【インタビュー】

市原隼人&三代目JSB山下健二郎、男らしくてピュアなコンビが繰り広げるそれぞれの恋模様とは?

1 女性とのキスシーンは初めての経験

  • <<
  • <

1/2

京都の老舗和菓子屋を舞台に、美人三姉妹の恋を描いていく人気コミック『福家堂本舗』がAmazon プライム・ビデオのオリジナルドラマ『福家堂本舗 -KYOTO LOVE STORY-』として実写化された。次女・福吉あられ(早見あかり)&和菓子職人・宮迫健司(市原隼人)、長女・雛(佐々木希)&老舗百貨店の御曹司・桧山薫(三代目 J Soul Brothers 山下健二郎)、三女・ハナ(宮野陽名)&同級生の庵智(前田旺志郎)、3組のラブストーリーが繰り広げられる。ドラマ撮影の裏側に密着した『メイキング オブ 福家堂本舗 前編』も9日より配信開始。

今回は、役名が"健司"の市原、本名が"健二郎"の山下という"W健ちゃんコンビ"が登場。視聴者人気の高いこの2人に、撮影の裏側やタイプの女性など、いろいろと話を伺った。

■左:市原隼人
1987年2月6日生まれ、神奈川県出身。99年より芸能活動を開始し、2001年に映画『リリイ・シュシュのすべて』で初主演を務める。その後、ドラマ『WATER BOYS2』(04)『ROOKIES』(08)など次々と話題作に出演。また『偶然にも最悪の少年』(03)『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』(08)など様々な映画出演で高い評価を受ける。12月3日に映画『RANMARU 神の舌を持つ男』が公開、2017年1月よりNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』に出演予定。

■右:山下健二郎
1985年5月24日生まれ、京都府出身。2010年9月より三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして、また俳優としても活躍中。2015年より冠ラジオ番組『山下健二郎のオールナイトニッポン』パーソナリティを務める。ドラマ出演は『ろくでなしBLUES』(11)『極悪がんぼ』(14)『ナポレオンの村』(15)『HiGH&LOW』シリーズ(16)など多数。舞台経験も豊富で、2016年は映画『HiGH&LOW THE MOVIE』『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開された。 撮影:西田航(WATAROCK)

互いに、一緒に食事に行きたいと思っていた

――おふたりはあまり作中では絡んでいないのかな? という印象でしたが、"W健ちゃん"として人気がありますよね。

山下:実は撮影で絡んだのは、3回くらいなんですよね。

市原:でも本当に、一緒に食事に行きたいと思っていました。

山下:ね!(笑) ずっと食事に行きたかったけど、なかなかスケジュールが合わないんですよ。

市原:作品の中でも会うシーンがほとんどなかったので、行きたいですね。京都では一緒にナビ番組の撮影をしました。山下さんが京都出身なので、「京都の良いところを教えてください」と言って。

山下:そうそう。本当はもっと、現場も一緒で絡めればよかったんですけど、これからもっと仲良くなれると思います。

互いに良かったと思ったシーン

――あまり撮影は被らなかったというおふたりですが、ドラマを見てお互いのシーンでここが良かった、キュンとしたというシーンを教えてください。

山下:恋愛シーンはもちろんですけど、職人として、手際よく和菓子を作ってるシーンが印象的でした。木の型にピンク色の粉を入れて、パンってひっくり返す手際の良さがかっこ良かったんですよね。ふだん見ることのできない一面を見れたというか。和菓子作ってるところ、なかなか見ないじゃないですか。似合ってたしかっこ良かったです。

――市原さんはいかがでしょうか?

市原:え~と……。

山下:ないっしょ。

市原:いやいやそんなことない!(笑) 山下さんは初対面の方にも研究心を持って、周りにアンテナを張って気遣いできる優しい方で、それが芝居にも出てたように感じました。一つ一つが丁寧なお芝居で。

山下:ここ、太字でお願いします!(笑)

市原:あとはやっぱりキスシーンですね!

山下:そうですよね。

市原:そういう役って今までありますか? 色恋とか。

山下:女性とのキスシーンは、初めてです。舞台で、男とのキスは何回もあるんですけど(笑)。リーダーの(小林)直己さんと、稽古を含めて200回以上しまして、もう最後の方は慣れてましたね。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 女性とのキスシーンは初めての経験
(2) 山下公認!? 市原隼人が"五代目"就任

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事