【インタビュー】

松山ケンイチ、時代劇第2弾『ふたがしら2』は「エロと血がいい感じ」

松山ケンイチと早乙女太一共演による盗賊エンターテインメント時代劇第2弾『ふたがしら2』(9月17日スタート 毎週土曜 22:00~ 全5話・1話のみ無料放送)が、WOWOWプライムで放映される。明るく豪快な盗賊の弁蔵役を続投した松山ケンイチにインタビューした。

松山ケンイチ

原作はオノ・ナツメの人気コミックで、弁蔵が相棒の宗次(早乙女太一)と共に、自分たちがかしらを務める盗賊一味「壱師」を始めたところからスタートする。弁蔵と宗次に恨みをもつ甚三郎役の成宮寛貴や、彼と深い仲にあるおこん役の菜々緒も続投。さらにスタッフもパート1に続いて劇団☆新感線の中島かずきが脚本を手がけ、『太陽』や『ジョーカー・ゲーム』、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠が監督した。

――パート2が決定された時のご感想から聞かせてください。

うれしかったですね。今回は「壱師」を築いてからの話がようやくスタートするので。そこが一番やりたかったからありがたかったです。前回は築くまでで終わっちゃったから、やりきれたという感じがしています(笑)。

――パート2ならではの見どころはどんなところですか?

やっぱり裏稼業の話なので、その厳しさや、血が出るところを絶対にやりたいと思いました。台本を読んだらまさにそこがちゃんと織り込まれていて、エンターテインメントのなかにもシリアスな感じがあり、すごいなと思いました。みんなが前作を踏まえ、今度はこうしようああしようと、モチベーションを高くもって臨めたんじゃないかなと。

今回はエロと血もパワーアップしていて、けっこういい感じなんじゃないですか。映画でもできないし、普通の民放のドラマでもできなさそうだし。そういうものを存分にやっている感じで楽しかったです。

――弁蔵と宗次の名コンビは、続編でどう変化しますか?

明るく豪快な弁蔵と頭脳明晰でクールな宗次とありますが、2ではまた違う側面を出せたかなと。前作のイメージを壊すというか、そうじゃない部分を見せたいねと、太一くんと話していたので、それはできたんじゃないかなと思います。2回目だからというのもあるけど、僕は2の方がいいと思います。

――実際の松山さんは、弁蔵と宗次のどちらのキャラクターに近いですか?

まあ、僕自身は頭脳明晰でクールな自分でいたいと思うし、いるつもりなんですが、そうじゃないですもんね(笑)。太一くんもクールでカッコいい感じで立っているんですが、頭の中には「腹減った」とか、そういうことしか考えていなかったりするし(笑)。太一くんは、そういう面白い人です。

――成宮寛貴さんや菜々緒さんも続投されました。

続編だから、太一くんはもちろん、成宮くんや菜々緒さんに会えるのもすごく楽しみにしていました。2回目なのでみんなが安心してやっていて、良い空気の中でできたかなと。やっぱり続編は入りが楽ですね。前作は準備運動みたいな感じで今回が本番なので、とにかく力を爆発させてやればいいんだと思いました。

また、菜々緒さんや芦名星さんの忍装束もエロいです。太一くんも菜々緒ちゃんの忍装束を見て「こんなおこん、見たことない」とびっくりしていましたし。あわよくばアドリブで触れないかなと思ったりして(笑)。

――今回、窃盗団としてのアクションも前回に比べて増えているそうですね。

前作の窃盗団はそこまで細かく仕事の描写をしていなかったのですが、今回はすごく細かくやっています。ほぼスタントなしで、僕たちじゃなくてもいいんじゃないかと思える影までやりました(笑)。まあ、独特の走り方がありますからね。どういう入り方をするにしろ、結果的にはみんなで面白いことをしている感じでした。

――時代劇ならではの面白さはどんなところでしょうか?

現代劇ですごくカッコいい台詞を言うとクサかったりしますが、時代劇ではそうならないのがすごく不思議ですね。この作品にもそういう魅力が存分にあるし、当時の生き方も考慮した上で、台詞をどう言おうかと考えます。そうなってくるともう美意識の問題なんですよ。男も女も含めてカッコいいとはどういうことなのかと考える。僕はそこが楽しかったし、こういう人たちみたいに生きたいなと自分も影響されたりします。それが時代劇を見てもやっても楽しいところです。そういうものが視聴者の方に届くといいなと思います。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事