【インタビュー】

『NEWS23』新キャスター星浩氏、先輩・筑紫哲也の切り開いた道への挑戦「政治記者経験を生かして説得力のある議論を」

1 大先輩・筑紫哲也の切り開いた道への挑戦

酒井青子  [2016/03/25]
  • <<
  • <

1/3

TBSの報道番組『NEWS23』(毎週月~木曜23:00~、金曜23:30~)が3月28日から、新たなメンバーで再始動する。岸井成格氏(71)の後任として、元朝日新聞社・特別編集委員の星浩氏(60)が新たにキャスターに就任。膳場貴子キャスターも同番組を卒業し、駒田健吾(41)、皆川玲奈(24)両アナウンサーが加わる。

リニューアルにより、ストレートニュースを数多くラインアップするスタイルから卒業。その日起きたニュースを厳選してより深く、解説パートに力を入れる。この変革において白羽の矢が立ったのが、政治記者としての豊富な経験を持ち、易しい言葉でニュースを伝える語り口に定評のある星氏。このたび、自身の経験をどのように生かし、どのような番組を目指していくのか、本人に話を聞いた。

――はじめに、『NEW23』のキャスターを打診された時の心境を教えてください。

『NEWS23』新キャスターの星浩氏

37年間、朝日新聞で記者として原稿を書くのが仕事だったので、テレビも時々は出てはいましたが、どうしようかと思いました。朝日新聞は60歳が定年で、私は昨年7月に60歳を迎えましたが定年が延期になっていて、ちょうど定年の問題と自分の第二の人生を考えていたところでした。そして、まだ体力もあるので、新しい分野にチャレンジしてみようということで決断しました。

また、この番組の原点であり、朝日新聞の政治部の大先輩でもある筑紫哲也さんのことが最初に頭に浮かびました。年で言うと20歳先輩になりますが、筑紫さんも朝日新聞の政治部で長く取材をされ、ワシントンの特派員を経験したというのも共通点で、重なるところが多くあるんです。いろんなところで一緒になりましたし、お酒も飲んだりしましたし、その筑紫さんが切り開いた道を担当できるのもいいなと思いました。

そして、世の中が難しい時代になっていて、安全保障の法律ができたり、アベノミクスで景気は一時的には良くなったように見えるけど格差が広がっていたり、保育園の待機児童の問題、社会保障の問題、若い世代の将来不安の問題など、さまざまな問題があります。そういった難しいテーマを、政治記者の経験を生かして解説し伝えることができたら、ジャーナリストとしてやりがいがあると思い決めました。

――筑紫さんと同じ道ということですが、『筑紫哲也 NEWS23』時代の筑紫さんを見て、ここは学ぶべきとだと思うところはありますか?

筑紫さんのテレビはもちろん見ていましたし、見ていただけでなく何回か出演させてもらったこともあるんです。筑紫さんの司会で政局の対談などがあり、筑紫さんに言われて『NEWS23』で政治の話をしました。筑紫さんは洒脱な人で、趣味の幅も広く、番組の進め方もセンスが良く、まねできるかというと簡単ではないと思います。筑紫さんはいい意味で自由人。権力に対して厳しいことを言う時はビシッと言うけど、賛成も反対もいろんな議論を紹介して、多くの事を争う論という"多事争論"とよく言っていましたが、そのようにいろんな議論を柔軟に紹介するというのは非常に学ぶべきところだと思っています。

――星さんというと、テレビ朝日の『報道ステーション』に出演されていたイメージが強いです。あの経験がとても生かされるのかなと思いますが、いかがでしょうか。

テレビ出演というところでいうと、13、4年前に田原総一朗さんの質問に答えるというところからスタートしました。田原さんは突然いろんなことを質問するんです。そして、『報道ステーション』に私が出ていた時は、政治がものすごく激動する時で、自民党で小泉政権が出てきて終わって、そこから自民党の総理大臣が短期間で変わったり、民主党に政権交代したり。突然夜になって呼び出されてスタジオに入り、ほとんど台本もないまま古館さんの質問に答えるということがしょっちゅうあったので、鍛えられたかなと思います。

新聞記者の後輩によく言う好きな言葉があるんです。それは「Are you ready?」の"ready"の名詞形"readiness(レディネス)"。これは「準備できている」という意味で、ジャーナリストはいつも"readiness"がないとダメなんだと。何かあった時にすぐ自分の意見を言えるようにしていないといけない。その心がけが必要だと思っています。

――記者時代からずっと大切にされてきたのですか?

そうですね。私の大先輩に言われた言葉なんです。政治記者をやるからには、自分の政局観…明日、来週、来月、来年、10年後、世の中がどうなっていくのか自分なりに頭で考えて毎日更新していくのが僕たちの仕事であり、いつ何を聞かれてもしっかり意見を言えるように"readiness"を持つことが大事なんだと。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 大先輩・筑紫哲也の切り開いた道への挑戦
(2) 政治権力に対するメディアの役割
(3) 番組で追っかけていきたい関心のあるニュース

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

MRJの5月進捗 - 2号機が約130分間の初飛行、G7で地上オペレーション披露
[16:32 5/31] 趣味
KDDI、新サービス「au STAR」発表 - 長期契約者にはWALLET ポイント付与
[16:01 5/31] 携帯
ダイエットのきっかけになった言葉は? ‐ 女性3位はブタなど"動物例え系"
[16:00 5/31] ヘルスケア
ASUS、「ZenFone 3シリーズ」3製品を発表--フルメタルボディのモデルも登場
[15:47 5/31] 携帯
オリックス・レンテック、金属3Dプリンタの導入支援サービスを開始
[15:43 5/31] テクノロジー

本音ランキング