【レポート】

BASELWORLD 2016 - カシオ、特別仕様モデルとプレミアムモデルの専用展示ブースを出展

 

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2016」。カシオは例年通りのブースに加え、今年はもうひとつのブースを出展。来場者誰もが入場できるオープンスペースとし、「MR-G」の発売20周年記念モデル「MRG-G1000HT」、ケースにエージング加工を施した「MTG-G1000AR」、OCEANUSの特別仕様「OCW-G1100S」の3機種を展示した。なお、記事中の写真はクリックで拡大、価格はすべて予価、税抜き価格となる。

カシオもうひとつのブースは、来場者誰もが入場できるオープンスペース

「MR-G」の発売20周年記念特別仕様モデル「MRG-G1000HT」

MRG-G1000HT」は、究極のタフネスと高級感ある美しさを追求する「MR-G」のコンセプトをより具現化するべく、日本の伝統技術でもある「鎚起(ついき)」による造形を採用。文字通り、金属をハンマーで叩き打ち出す加工技法だ。ベゼルやバンドには、独特の光沢をもつ銀灰色の朧銀(おぼろぎん)色を採用。ビスやボタンには、日本の伝統的な甲冑、および伝統工芸品に使われる銅(あかがね)色をあしらった。世界限定300個で、日本では6月の発売予定、価格は70万円。

日本の伝統技術「鎚起(ついき)」による造形を採用した「MRG-G1000HT」

海底に眠る宝物をイメージした「MT-G」、「MTG-G1000AR」

MT-Gの特別仕様モデル「MTG-G1000AR」は、GPSと標準電波によるハイブリッド時刻取得システムとTRIPLE G RESISTを搭載した「MTG-G1000D」がベース。海底に眠る宝物をイメージし、ローズゴールドIP処理を施した上にブラックIP処理を重ね、そのブラックIP処理の一部をあえて剥がすことで、長く使い込まれた風合いを表現している。日本では7月の発売予定で、価格は21万5,000円。

エージング加工されたベゼルが目を引く「MTG-G1000AR」

地球と宇宙の間に広がる外気圏をイメージしたOCEANUS「OCW-G1100S」

OCW-G1100S」のベースモデルはGPSハイブリッド電波ソーラーを搭載した「OCW-G1100」。地球と宇宙の間に広がる外気圏の神秘的な美しさをテーマに、深みのあるブルーからブラックへと変化する、神秘的な美しさを表現した。

ベゼルはブルーとブラックの2色成形セラミックベゼルを採用。文字板にかかったグラデーションで地球から外気圏までの色の変化を表現し、2時側のインジケーターは、外気圏に浮かぶ星をイメージした再結晶ブルーサファイアと天然ダイヤモンドを配置。12時のインデックスも再結晶ブルーサファイア、秒針の針軸にも天然ダイヤモンドをあしらっている。ケースとバンドはDLC処理されたチタン製。世界限定200個で、日本では6月の発売予定、価格は42万円。

地球と宇宙の間に広がる外気圏をイメージした「OCW-G1100S」

また、ブース内にはカシオメタルウオッチの世界観を象徴するインスタレーションを設置。光と動きで時間の流れを表し、カシオのデジタルテクノロジーが融合することで新時代の時計を創出するさまを表現していた。

「MASTER OF G」を代表する3モデルも展示

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン