BASELWORLD 2016 - カシオ、最高峰のG-SHOCK「MR-G」20周年記念モデル

 

スイスのバーゼルで開幕したウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2016」にて、カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の最上位シリーズである「MR-G」の発売20周年を記念した特別仕様モデル「MRG-G1000HT」を発表した。世界限定300個で、日本では6月の発売予定、税別価格は700,000円。

MRG-G1000HT

MRG-G1000HTは、究極のタフネスと高級感ある美しさを追求する「MR-G」のコンセプトを具現化するべく、日本の伝統技術でもある「鎚起(ついき)」を用いた。

英語では「Hammer Tone」と表現される鎚起は、金属板を鎚(つい、ハンマー)で立体的に打ち延ばす金工技法だ。MRG-G1000HTは、鎚起師 三代目・浅野美芳氏の協力により、1本1本に手作業で鎚目仕上げを施している。

ベゼルやバンドには、独特の光沢をもつ銀灰色の朧銀(おぼろぎん)色を採用。これは、刀装具や装身具に用いられるものだ。ビスやボタンには、日本の伝統的な甲冑、および伝統工芸品に使われる銅(あかがね)色をあしらった。10時位置のメタルプレートには「20TH LIMITED」、裏ぶたにはシリアルナンバーを刻印するなど、20周年記念モデルに相応しい仕上げとした。

ベースモデルはMRG-G1000で、GPSと標準電波の受信によるハイブリッド時刻取得システムを備える。ケースとバンドの素材はチタンだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー
【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第58回) - 7回のビルドアップを行った2016年6月最後のビルド14379
[16:46 7/1] パソコン
上海問屋、知育ロボット「mBot」組み立てキット - スマホでも操作可能
[16:45 7/1] パソコン