【レポート】

「ジャングルの中でラピュタを見たんだ」天空の城はスリランカにもあった!

 

「父さんは竜の巣の中でラピュタを見たんだ」。スタジオジブリのファンならずとも、このセリフにワクワクさせられることだろう。実際、世界には「天空の城ラピュタ」のモデルになったと噂されている場所は意外にたくさんある。それらは公式なものではなく、訪れた人たちやその地域の人たちがジブリの世界をイメージしたものでしかない。それでも実物を目にしたならばあえてこう言いたい、「ジャングルの中でラピュタを見たんだ」と。

ジャングルの中でひときわ目立つ存在、それが「天空の城ラピュタ」のモデルとも称される「シーギリヤ・ロック」だ

岩山の王は11年で夢破れる

そのジャングルは、インド洋に浮かぶスリランカの中央に位置するシーギリヤに広がっている。スリランカには鉄道やバスもあるが、シーギリヤに行くならツーリストカー(タクシー)がベスト。国内最大都市であるコロンボからクルマで約5時間半、キャンディからは約2時間半の道のりとなる。鳥のほか猿や象なども生息するジャングルの中に、突如として姿を現す赤褐色の巨大な岩山が「シーギリヤ・ロック」である。

シーギリヤ・ロックの高さは約200m。周囲の緑とは一線を画す巨大な岩山は、どこからどう見ても見失うことのない存在感を放っている。古都・シーギリヤは1982年に世界遺産に登録されており、シーギリヤ・ロックも世界遺産なのだが、神秘なる魅力はその岩山が歩んできた物語にも関係している。

日の出直後のシーギリヤ・ロック。早朝にも関わらず、ジャングルの鳥たちは元気にさえずる

シーギリヤは5世紀後半、王都として存在していたが、その期間は11年間のみ。広くスリランカの人々に言い伝えられている話では、タミル人からシンハラ人に王権を取り戻したダートゥセーナ王の長男・カーシャパが、王族の血筋である腹違いの弟・モッガラーナとの王位継承権をめぐって抗争となり、カーシャパは部下に実の父であるダートゥセーナ王を殺させ、王位に就いた。

カーシャパはモッガラーナの復讐を恐れたためか、それとも父を殺してしまった苦しみのためか、シーギリヤの岩山に宮殿を建て、自分の王座を頂に構えた。それが現在のシーギリヤ・ロックである。その後、インドから攻めてきたモッガラーナに敗れ、カーシャパはシーギリヤ・ロックで自ら命を絶ったという。モッガラーナはシーギリヤの宮殿を仏教僧に寄進し、首都を父が統治したアヌラーダプラに戻したとされている。こうした話を知った上で改めてシーギリヤ・ロックを見てみると、また別の感慨深さを感じるだろう。

シーギリヤ・ロックの城壁手前の道。猿があっちにもこっちにも

岩壁の美女はミステリーゆえに一層美しく

シーギリヤ・ロックは現在、一般に公開されており、入場料は4,200ルピー(約3,440円)となっている。頂までは歩いて約40分。道は整備されているものの、急な階段や岩場を進むことになるので、履き慣れた靴を用意しておこう。

シーギリヤ・ロックのチケット。右に描かれているのが道中に待ち構えている「シーギリヤレディ」だ

シーギリヤ・ロックの麓には庭園が広がっており、岩山に向けて真っすぐに道が続いている。庭園内の水の広場には王の沐浴場や噴水の役目を担ったドライシーズンパレスの濠(ごう)、また、石窟寺院やその昔に仏教僧が説教をするのに使用したという岩場等もあり、見どころも多い。何より、天に向かってそびえ立つ岩山はどこから見ても絵になり、一歩また一歩と近づく度に圧倒される。

シーギリヤ・ロックの麓に広がる庭園には、現在も水がサラサラと流れている

岩と岩とでできたアーチを越え、草の風合いも味のある階段を越えていく。頂へ続く岩山の中腹には、ミステリーに包まれた美女のフレスコ画が待ち構えている。「シーギリヤレディ」と称される彼女たちは、15世紀以上前に描かれたにも関わらず、現在もなお妖艶さを漂わせながら美しい姿をとどめている。現在残されているのは18体程度だが、当時は500人もの女性たちが描かれていたそうだ。

庭園側には石窟寺院もある

岩と岩が扉代わり

道中にはこんな大きな岩がゴロゴロ

階段が整備されているので比較的歩きやすい

犬が立っている側は歩行不可

その迫力とともに道はまだ長いことを知る

シーギリヤレディの正体はいまだ謎に包まれている。「彼女たちに会うために岩山に登る価値がある」とは地元の人の声(写真提供: 世界遺産アカデミー)

シーギリヤレディに会えたら一度、らせん階段を下りる。降りた先に広がっているのが高さ約3mの漆喰(しっくい)の壁「ミラー・ウォール」だ。その昔、反対側の岩壁にも美女のフレスコ画が描かれていたようで、ミラー・ウォールにその姿が映されるようになっていたとのこと。また、ミラー・ウォールにはシンハラ文字で書かれた詩が彫られているので、よく目を凝らしながら歩いてみるといいだろう。

「ミラー・ウォール」はチケットチェックのポイント

ミラー・ウォールをよく見てみると詩が書かれているのだがなかなか分かりにくい

ライオンを登った先の天上世界

ミラー・ウォールの階段を上ると視界の空けた空間がある。そしてふと横を見ればライオンの大きな爪が。現在は2本の前足の一部しか残されていないが、当時はそこに足や顔があり、岩場にライオンが座っている形になっていたという。その爪と爪の間に頂に続く階段が設けられている。

巨大なライオンが王宮に誘う

ライオンの先に続く階段は狭いため、特に気をつけて登ろう

ふと横を見ると一面ジャングル

この階段を登りきれば王宮跡だ

傾斜のある階段を登りきると頂、つまり王宮跡となる。この王宮跡からの風景がラピュタに似ているということで、"ジブリの聖地"として知られるようになったようだ。天空の城、樹木や岩と岩の間から茂る草、そして、カーシャパ王とラピュタ王。2つを結びつける素材は十分である。

ラピュタのいろいろなシーンを想像しながら王宮跡を歩く

ただ、ラピュタにはロボット兵がいるが、シーギリヤ・ロックにはなんと犬がいる。犬と猿は道中、幾度となく目にするがまさか頂にまでいるとは思っていなかったので、「どうやってあの急な階段を上ってきたの? 」と質問したくなった。王宮跡は鳥がさえずる眼下の世界と打って変わり、風が通る音以外は静寂そのもの。カーシャパ王の孤独を思うとしんみりしてくる。

360度の大パノラマ

史跡もしっかり残っている

王のために作られたプール

ここが王宮の頂点

王座には座るべからず

どうやってここまで来たの?

帰路はライオンの爪の広場まで同じ道を行き、入口とはまた別の駐車場がある出口へと続く。シーギリヤ・ロックの城壁前には、フレスコ画のレプリカや出土品などを展示したシーギリヤ博物館がある。こちらは駐車場がある出口よりも入口側に設けられているのだが、時間が許せば登頂後に一度、立ち寄ってみるといいだろう。

※記事中の情報は2016年1月取材時のもの。1ルピー=0.82円で計上

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「高い」と思うコンサートのチケット代は?
[07:30 9/27] マネー
赤ちゃんへのB型肝炎ワクチンは必要? 接種が公費になる今、知っておきたい事
[07:00 9/27] ライフスタイル
ピース又吉、次回作は「今、書き始めてます」リリーとの文壇トークで明かす
[07:00 9/27] エンタメ
GEと東電、火力発電向けIoTソリューションの共同開発で合意
[07:00 9/27] テクノロジー
低糖質メニューも! 管理栄養士監修の5テーマから選べる週替わり定食が登場
[07:00 9/27] ヘルスケア