【レポート】

東京都・新宿に世界一の職人によるパエリア専門店が初上陸! 本場の味を実食

 

ワールドリカーインポーターズは11月19日、「MIGUEL y JUANI(ミゲルフアニ)」を「新宿タカシマヤタイムズスクエア」(東京都・新宿)にオープンした。同店で提供するのは、「パエリア」をはじめとした本場のスペイン・バレンシア料理。同日行われたオープニングセレモニーでパエリアを味わってきた。

世界が認める「パエリア」を味わえる

国際パエリアコンテスト1位の職人がプロデュース

パコ・ロドリゲス氏

同店は、世界一のパエリアを決める国際大会「2014年スエカパエリアコンテスト」で1位に輝いた、パコ・ロドリゲス氏がプロデュースするパエリア専門店。同店のパエリアは、具材のうまみが凝縮されたスープで、スペイン産の米をアルデンテに炊き上げるのが特徴だという。

ロドリゲス氏は、セレモニーにて「当レストランのオープンで、私のパエリアを日本の皆さんが食べられることをうれしく思っています。バレンシアの伝統文化を心ゆくまで楽しんでください」と笑顔で話していた。

アルデンテの米に、具材のうまみが染み込んでいた!

提供するパエリアは、「バレンシア風パエリア」(1人前/税別1,780円)、「魚介のパエリア」(1人前/税別1,680円)、「イベリコ豚のパエリア」(1人前/税別1,680円)、「野菜のパエリア」(1人前/税別1,580円)、「イカ墨のパエリア」(1人前/税別1,780円)の5種類。

バレンシア風パエリアは、ソテーした鶏肉とうさぎの肉を使用した看板メニューだ。インゲンマメやエスカルゴも入っており、それらのエキスが米によく染み込んでいる。固めに炊かれた米は、一粒ひとつぶに存在感がある。見た目にもこだわっており、パプリカパウダーなどを使って鮮やかな色に仕上げたとのこと。

鶏肉がごろごろ入っている(写真は3~4人分)

パスタ版パエリアの「フェデウア」も提供

また、米の代わりに1.5cmほどのパスタを使用した「フィデウア」も、「魚介のフィデウア」(1人前/税別1,580円)、「野菜のフィデウア」(1人前/税別1,480円)、「イカ墨のフィデウア」(1人前/税別1,580円)の3種類が用意されている。

「魚介のフィデウア」(1人前/税別1,580円、写真は3~4人分)

大ぶりなエビがのった魚介のフィデウアは、イカやホタテのうまみがパスタに染み込んだ一品。パスタもアルデンテに炊かれているので、しっかりとした歯ごたえがある。

さらに、ワインに合わせたタパスも多数用意。「スペイン産生ハム ハモン・イベリコ」(税別1,480円)は、ひづめのついた大きなもも肉が切り立てで提供される。口に入れると塩気を含んだ肉の風味が広がり、脂の濃厚な甘みがにじみ出てくる。

「スペイン産生ハム ハモン・イベリコ」(税別1,480円)

迫力のあるもも肉をカットしている

そのほかに、ピリ辛に味つけられた「野菜と唐辛子のピクルス」(税別580円)や、爽やかな酸味が味わえる「ムルシア風マリネ」(税別580円)、トリュフを削ってぜいたくに仕上げた「フライドポテト 半熟卵とトリュフ」(税別1,280円)など、パエリアと一緒に楽しみたいメニューが取りそろえられている。

「野菜と唐辛子のピクルス」(税別580円)

「ムルシア風マリネ」(税別580円)

セレモニーに招かれた、スペイン大使館行使参事官のカルロス・マルドナード氏は、「シェフのパコ・ロドリゲス氏の料理は、経験と伝統に基づいて地道に培った、芸術の域に達した料理です。スペインには、"disfrutar(ディスフルタール)"という言葉があります。これは、何かから最大限に享受するというニュアンスの言葉です。このdisfrutarの精神をもって営業するこの店で、地理的に離れた日本とスペインがお互いに、文化や親愛を享受しあえたらいいですね」と祝辞を述べた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味
[最上もが]まるでヌード! レスリー・キー撮影でアート写真集 大胆ビジュアル解禁
[21:30 10/1] エンタメ
哀川翔、本業はもはやカブトムシ飼育!?「来年は大きさでギネスを狙います」
[21:30 10/1] エンタメ
[三吉彩花]初の写真集でロングヘアを40センチばっさり セクシービキニも披露
[21:00 10/1] エンタメ
川島海荷、『ZIP!』新MC就任で滑舌強化トレーニング「結構、激しかった!」
[21:00 10/1] エンタメ