【レポート】

鈴木このみ、4年連続出場のアニサマでさらに成長した姿を披露 - 「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」

鈴木このみ

2015年8月28日~30日の3日間、さいたまスーパーアリーナでは、アニソンの祭典として大きな注目を集めている「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」が開催され、初日となる28日のステージに、鈴木このみが出演した。

2012年の初出場以来、4年連続でのステージとなる鈴木このみ。今回はまず、春奈るなとのコラボでClarisの「コネクト」を披露。自らのラッキーカラーだという真っ赤な衣装で登場した鈴木は、満面の笑顔を浮かべながら、春奈とのコラボを楽しむ。

そして、一人になったステージ。サイリウムで真っ赤に染め上がった客席に向かって歌う曲は、TVアニメ『魔弾の王と戦姫』のオープニングテーマ「銀閃の風」を、ピアノ伴奏で独唱。壮大な曲を堂々と歌い上げる18歳の鈴木に観客も息を呑んで聴きいった。

2012年のアニサマでは高校一年生だった鈴木も、今や大学一年生。その成長を見せ付けるかのように、初出場時にも歌ったデビュー曲「CHOIR JAIL」をメドレーで改めて熱唱し、オーイシマサヨシとTom-H@ckのギターをバックに従えて「Absolute Soul」へ。その類まれな歌唱力で27,000人の観客を魅了し、ステージをあとにした。

ここでは、ステージ終了後に鈴木が語ったメッセージを紹介しよう。

鈴木このみが語る「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」

――まずはステージお疲れ様でした

鈴木このみ「今は本当にホッとしているのですが、ステージに出る前はすごく緊張していました」

――今年で4回目となりますが、やはりまだ緊張しますか?

鈴木「すごく緊張しますし、年を追うごとにそれがさらに強くなっている感じです。最初の頃は勢いだけで乗り切っていたんですけど、年々、アニサマに出させていただけることのすごさがわかってきて……。やはり毎年この舞台には立ちたいんですよ。でも、そう思えば思うほど、今年のステージが来年に繋がるんだという気持ちが強くなり、緊張がひどくなってきて(笑)。今年のパフォーマンスが悪ければ来年はない。そんな覚悟でステージには上がっています」

――今年もすばらしいパフォーマンスだったと思います

鈴木「正直なところ、毎年歌っていて体力が尽きる瞬間があるんですよ、曲中に(笑)。緊張してハイになっているからだと思うんですけど、ワンマンライブだと20曲前後で使う体力を2~3曲ですべて使っちゃう感じですね。今回も一瞬、体力の限界が訪れたんですけど、パッと目を上げると、27,000人のサイリウムが見えて……。ステージに出るたび、会場の皆さんからは本当にすごいパワーをいつももらっています。無事にステージを終えられたのも、すべてそのおかげと言っても過言じゃないと思っています」

――今回のステージは、春奈るなさんとのコラボでスタートしました

鈴木「春奈さんとのコラボで『コネクト』を歌わせていただいたのですが、ほかのアーティストさんの曲なので、さらにドキドキしました。歌詞を間違えたらどうしようかとかすごく考えちゃうんですけど、今回一番大事にしようと思ったのは、自分らしく歌うということでした。自分と春奈さんが歌う意味って、たぶんそこにあるのだと思いますし、この2人でないと届けられない歌声じゃなければ、アニサマのステージでコラボする意味がないじゃないですか。なので、そこに気をつけながらのステージだったのですが、結局歌い始めたら楽しみしかなかったです(笑)」

――コラボに続く鈴木さんのステージでは、一曲目に「銀閃の風」を歌いました

鈴木「ここはちょっとメリハリをつけようと思って『銀閃の風』を選びました。『銀閃の風』は自分の曲の中でもすごく難しい曲なんですけど、一番歌を聴かせられる曲だと思っています。ステージから炎が出るのを知ったのは、昨日のリハーサルのときだったんですけど、歌っていたら急に炎がゴーっと出てきてビックリしました。でも、そのおかげでテンションもさらに高くなり、炎の中で歌うのってすごく気持ちがいいなって思いました(笑)」

――炎の中で歌うのは気持ちいいのですか?

鈴木「めっちゃ気持ちよかったです(笑)。私、ラッキーカラーが赤なので、炎はちょうど合っているんですよ」

――メドレーでの2曲目は、デビュー曲でもある「CHOIR JAIL」でした

鈴木「普段歌っているとき、イヤモニ越しに皆さんの歓声が聞こえるんですよ。それがすごく自分のパワーになったりするのですが、『CHOIR JAIL』のアカペラのときは、皆さんが静かに聴いてくださっていたのか、まったく歓声が聞こえてこず、それにウルっときちゃいました。『CHOIR JAIL』は、初めてアニサマに出たときにも歌わせていただいたのですが、そのときのこともちょっと思い出して、また3年ぶりに同じステージで同じ歌を歌えていることに感動しました。当時は高校一年生だった私が、大学一年生になり、デビュー4年目を迎えて、またこうして27,000人の皆さんの前で歌わせていただける。これって本当にすごいことですよね」

――自分の成長を感じるところもありましたか?

鈴木「1年目の『CHOIR JAIL』と今年の『CHOIR JAIL』は全然違っていると思います。最近、特に『CHOIR JAIL』を歌うと、歌わせていただけていることに、すごく幸せを感じるんですよ。歌は、歌っている自分だけではなく、聴いてくれる人が必要だし、周りのスタッフさんがいないとこんなステージで歌うことさえできない。本当にたくさんの人に支えられて、自分は歌っているんだということを、デビューしてから3年半ですごく実感しています。そんな感謝の気持ちを、歌を通して皆さんにお届けするのが今日のテーマだったので、それがいいカタチで歌にも出たのではないかと思っています」

――今回のステージに自分なりの点数をつけると?

鈴木「98点くらいにしておきます。ここで100点をつけると終わってしまうので、2点ぐらいは削っておきましょう(笑)」

――最後にファンの方へのメッセージをお願いします

鈴木「毎年緊張しつつも、アニサマはすごく楽しみにしているイベントです。この夏のお祭りを楽しむことを目標に一年間頑張ってきて、そしてその頑張りによって成長した姿を27,000人のお客さんにお見せできて、本当にうれしかったです。今年は自分にとってライブの年で、9月からは初めての東名阪ツアーも始まります。このアニサマのステージを経て、また一回り大きく成長した鈴木このみをこれからも見守ってください。よろしくお願います」

――ありがとうございました

鈴木このみ1stLiveToue ~Nice to Me CHU!!!~ -開催概要-

■大阪公演
【日程】9月23日 (水・祝) 17時開場 17時30分開演
【会場】大阪 梅田CLUB QUATTRO (オールスタンディング)
■名古屋公演
【日程】10月4日 (日) 17時開場 17時30分開演
【会場】名古屋 名古屋RADHALL(オールスタンディング)
■東京公演
【日程】10月12日 (月・祝) 16時開場 17時開演
【会場】東京Zepp Tokyo (1Fスタンディング 2F指定席)
※全会場・女性優先エリアあり

チケットは、5,400円(税込、別途ドリンク代)で、現在各プレイガイドで閃光受付中。一般発売は9月5日(土)の10時よりスタート。そのほか詳細は、鈴木このみオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

さらに、鈴木このみminiアルバム(タイトル未定)が2015年10月16日(金)に発売予定。ニンテンドー3DSゲーム『STELLA GLOW』主題歌「真聖輝のメタモルフォシス」や、ツアータイトル曲「Nice to Me CHU!!!」の新曲、インスト含む全10曲が収録される。特典DVDには今年5月に開催された2ndワンマンライブの映像を大ボリュームで収録。価格は3,600円(税別)。

また現在、TVアニメ『FAIRY TAIL』OPテーマ「NEVER-END TALE」(歌 / 小林竜之、鈴木このみ)も発売中となっているので、あわせてチェックしておきたい。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事