【レポート】

シンガポールチキンライスの「威南記」が日本初上陸! 現地で人気の味を実食

チキンスープで炊いたご飯と蒸したチキンを特製ソースで食べる「シンガポールチキンライス」。同メニューの専門店である「威南記海南鶏飯(ウィーナムキーハイナンチキンライス)」の日本第1号店が、7月28日に東京都・田町にオープンした。

シンガポール人が選ぶNo.1ローカルフードブランドに選出された実績をもつ同店に、開店に先がけて行ってきた。

ランチメニューの「チキンライス(スチーム/香り米、スープ付き)」(税込1,100円)

シンガポールチキンライスってなんだ?

もともとは、中国南方の海南州からの移民によって、東南アジアに伝えられたと言われているチキンライス。タイの「カオマンガイ」や、マレーシアの「ナシアヤム」は、各国で独自に進化を遂げたもので、シンガポールチキンライスの兄弟にあたる。

シンガポールチキンライスの大きな特徴は、「チリソース」「ジンジャーソース」「ダークソイソース」の3種類のソースで食べる点だ。同店で特におすすめなのが、かば焼きのたれのような甘めの味付けで、チキンと相性抜群なオリジナルダークソイソース。シェフが長年の経験と勘に任せて創作したソースで、詳しいレシピは非公開とのこと。

スチームチキン

ローストチキン

左から「ダークソイソース」「ジンジャーソース」「チリソース」

ライスには、パラパラとしたタイ米が使用されている。チキンスープで炊いた「香り米」は下味がしっかり付いているので、そのままソースをかけて食べるのもおすすめだそうだ。

タイ米をチキンスープで炊いたライス

まずは、チキンから一口。スチームチキン(蒸したチキン)は驚くほど軟らかく、ホロホロと崩れてしまう。皮にいたっては、口に入れるとすぐにとろけてしまった。チリソースで味にピリッとした刺激をつけるのがおすすめ。

ローストチキンは、スチームチキンとは対照的に、弾力のある食感になっている。ローストされた皮によって肉汁が閉じ込められており、ジューシーな味わいに。

ランチメニューの「チキンライス(ロースト/香り米、スープ付き)」(税込1,100円)

ランチ(11時~14時30分ラストオーダー)は、メインの「チキンライス(香り米、スープ付き)」(税込1,100円)、香辛料が効いた東南アジア独特の麺料理「ラクサ麺セット(ライス付)」(税込950円)、「本日のカリー(ライス、スープ付き)」(税込1,000円)の3種類が用意されている。

ディナー(17時~22時ラストオーダー)では、シンガポール料理を30種類以上ラインナップ。丸鶏の4分の1を盛り合わせた「チキン(スチームorロースト/スープ付き)」(税別2,100円)、「フィッシュヘッドカリー」(税別2,800円)など複数人でつまむことができるメニューや、「サンバル・カンコン~空芯菜のサンバルソース炒め」(税別1,100円)、「野菜スープ」(税別400円、大/税別1,050円)といった野菜をふんだんに使ったものがある。

「チキン(スチーム、スープ付き)」(税別2,100円)

座席数は102席(店内64席、テラス38席)。店内は、明るさを重視しており、どの席からも外が見えるようになっているとのこと。さらに、隣接する屋外エリアを「Cafe By The Garden」と名づけ、シンガポールのリゾート感を意識したデザインにした。Cafe By The Gardenでは、シンガポール料理の軽食をキッチンカーで販売することも予定している。

屋外エリア「Cafe By The Garden」

キッチンカー

人気記事

一覧

2017年6月28日の運勢

イチオシ記事

新着記事