【レポート】

JAL、5年目でついに"真打"登場!「AIR モスバーガー」のここがJALスペシャル

 

年配の人から子供まで幅広い層に愛される機内食を「新しい驚き・楽しさ」で提供したいと、JALがモスバーガーを展開するモスフードサービスとタッグを組んで誕生した「AIR MOS シリーズ」。2011年の初登場から5年目になる今年3月、モスバーガーの人気No.1バーガー「モスバーガー」がついに機内食「AIR モスバーガー★JAL スペシャル」として登場する。どこがJALスペシャルなのか、実際に食べながら検証してみた。

5年目にしてやっとモスバーガー不動の1位「モスバーガー」が機内食に登場!

過去最大となる40万食を提供

これまで展開されてきた「AIR MOS シリーズ」は、「テリヤキバーガー」にはじまり、「ライスバーガー」「テリヤキたまごバーガー」「モス野菜バーガー」である。だが、両社がコラボレーションするにあたり、最初にイメージされたのがモスバーガーの看板メニュー「モスバーガー」だったという。

モスバーガーと言えば、完熟トマトにシャキシャキのみじん切りオニオン、ジューシーなパティ、そして、鍋に入れて直火でコトコト煮込んで作るミートソースがポイントのハンバーガー。それを機内食にするにあたり、一番大きな壁になったのがこのミートソースだったそう。こくとまろやかさを出すために、数百回にもおよぶ試作の末に完成したミートソースは、独特のスパイス感に重点を置き、豚骨をベースに、鶏ガラ、トマト、赤ワインなどを使用して作ったという。

提供開始前に実施されたプレス発表会には、モスバーガーのマスコットキャラクター「モッさん」も駆けつけた

「うちのミートソースは基本的に工場で作るのが難しいものなのですが、工場で作る段階で店舗で提供する味に近い状態になるように工夫しました」と、モスフードサービス 新規事業開発グループリーダーの森本淳俊氏は言う。この開発なしには機内食版モスバーガーはできなかったため、「『AIR MOS シリーズ』が始まって5年目にして、やっと"真打"が登場するという感じでしょうか」とJAL 開発部 客室開発グループ長の田中誠二氏も語っている。

今回の「AIR モスバーガー★JAL スペシャル」は3月1日~8月31日の半年間、プレミアムエコノミー/エコノミークラスにて到着前の食事(2食目)で提供する。対象は同シリーズでは最大となる成田・羽田・関西発の13路線・14便(※)で、提供数は40万食を想定。過去4回の同シリーズ累計でも50万食なので、今回どれだけ力を入れているのかがその数からも分かるだろう。

モスフードサービス 新規事業開発グループリーダーの森本敦俊氏

JAL 開発部 客室開発グループ長の田中誠二氏

パティもトマトも機内食規格

では、そのモスバーガーはどのような味なのか。そもそもモスフードサービスでは全国約3,000軒の契約農家から野菜を仕入れており、それぞれの野菜に独自の出荷基準を設けているという。今回の「AIR モスバーガー★JAL スペシャル」も契約農家から野菜を仕入れているが、工場調理の行程を挟む機内食用に出荷基準を調整しているという。

特別に見直されたのはミートソースだけではなく、実はトマトやパティも店舗で提供しているものとはちょっと違うそうだ。モスフードサービスでは通常、「L玉」と命名された大玉のトマトを使用しているが、機内食として提供できるサイズを考え、より小さい「S玉」を用いている。そのため、店舗よりもトマトは小ぶりで厚めにスライスされている。そしてパティは機内で温めることを考え、よりジューシーさを追求するために量を増やしているという。

トマトはやや小ぶりの「S玉」だが、その分厚みがある。そしてパティーはちょっとボリュームを足している

モスフードサービスの森本氏は、「もちろん、店舗で提供するようなできたての状態が一番おいしいと思います。ですが、独自の製法で作ったミートソースといい、味わいは店舗のものとそん色ないように思います。店舗を100点としたなら、85点の完成度ではないでしょうか。その一方で、パティのボリュームをアップした分、『機内食の方が好き』という人もいるのではと思っています」と言う。そのような言葉に対しJALの田中氏は、「残りの15%は客室乗務員の笑顔で」と、店舗での味に引けをとらないサービスを公言した。

厚みのバーガーからあふれ出るミートソース

「AIR MOS シリーズ」の面白いところは、自分で調理できるところ。新鮮さもあってか、特に年配の人に好評だという。「AIR モスバーガー★JAL スペシャル」には「空の上のモスバーガーへ ようこそ。」とともに作り方が記されたカードが添えられており、説明は絵付きで日本語のほか英語でも書かれている。スペースの限られた機内ではやや調理がしにくいかもしれないが、手作りできる楽しさもあるのがいい。

作り方が記されたカードも添えて提供される

袋詰めされたバンズの封を開けると、中からはシートで仕切られたパティが登場。シートを取り除いてバンズにパティをのせ、その上からマヨネーズ、みじん切りのオニオン、ミートソースをのせる。それぞれはボリューム満点で、盛っている端からこぼれてしまう。さらに厚切りのトマトとバンズをそっとのせれば完成だ。

ふっくらしたバンズの中には具がぎっしりで、その端からミートソースがゆっくりとあふれ出ていく。口の周りが汚れてしまうことは、この際、目をつぶっていただきたい。ジューシーなパティとミートソースの濃厚な甘さ、それにシャキシャキのオニオンの爽やかさと完熟トマトのみずみずしさがベストマッチし、あっという間に完食してしまった。

カードを開いて作り方をチェック

袋の中にはバンズとパティ

パティの上にマヨネーズをたらり

みじん切りオニオンを添えて

温かいミートソースをかけて

トマトをゆっくりのせて

バンズを被せれば完成!

杏仁豆腐とマンゴーのデザートも付いてくる

地上と比べて上空では気圧の関係で味を感じにくくなるが、特に味わいは地上と変えていないという。そこには、今回提供されるのが2食目ということで、「さっぱりと食べたいというニーズにも応えられるのでは」という考えもあるそうだ。コラボ5年目にしてやっと登場した"真打"のモスバーガー。JALとモスフードサービスが研究に研究を重ねて誕生したその味をぜひ上空で味わっていただければと思う。

※提供する13路線・14便は、成田発シカゴ/ボストン/ニューヨーク/ロサンゼルス/サンディエゴ/フランクフルト/パリ/ヘルシンキ/シドニー/バンクーバー(6月1日~)、羽田発ロンドン/パリ、関西発ロサンゼルス(3月20日~)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

イオンモバイル、ZTE製SIMフリースマホ「BLADE E01」8月発売 - 17,800円
[15:24 7/25] スマホとデジタル家電
【先週の注目ニュース】「MADOSMA」第2世代、28日発売(7月18日~7月24日)
[15:21 7/25] パソコン
KickassTorrents、別ドメインで復活か - 続く追跡劇
[15:18 7/25] 企業IT
2015年の国内VM/クラウドシステムソフトウェア市場は初の1桁成長
[15:12 7/25] 企業IT
マウス、クリエイター向けPC「DAIV」を撮影機材の老舗店「銀一」で販売
[15:12 7/25] パソコン