【レビュー】

ここが変わった! 「EOS M3」と「EOS M2」実機比較 - チルト液晶&EVF対応で撮影自由度が大きくアップ

1 キヤノン「EOS M3」ファーストインプレッション

 
  • <<
  • <

1/3

キヤノン「EOS M3」は、APS-Cサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラだ。2012年の「EOS M」、2013年の「EOS M2」に続くEOS Mシリーズの第三弾であり、新型センサーの搭載やチルト可動式モニターの採用などさまざまな進化を遂げている。本記事ではEOS M2との違いを確認しながら、EOS M3のファーストインプレッションをお伝えする。

キヤノン「EOS M3」。オプションのEVFを装着した状態

本記事で使用した「EOS M3」は開発中の試作機であり、製品版とは異なる場合があります。
EOS M3の発売は3月下旬。キヤノンオンラインショップにおける価格は、ボディ単体が56,800円、18-55レンズキットが71,800円、ダブルレンズキットが85,800円、ダブルズームキットが96,800円(すべて税別)。

自分撮りもできる180度チルト可動モニターを搭載

まずは外観から見てみよう。ボディは一新され、グリップ部が少し突き出た長方形デザインを採用している。EOS M2と比べた場合、幅と高さ、奥行きはそれぞれ数mmアップし、重量は約92g増えている。ミラーレスカメラとして標準的なサイズ感といっていい。

新型のグリップは曲線的な形状で、手にしっくりとフィットする。特に望遠ズームなど大きなレンズを装着した際の安定感が高まった。マウントアダプターを装着し、EFレンズやEF-Sレンズを使用するユーザーにとってはありがたいポイントだろう。

外観上のもうひとつの大きな改良は、これまでは固定式だった液晶モニターがチルト可動式になったこと。可動角度は上に最大180度、下に最大45度。ローポジションやハイポジションでの撮影に役立つほか、自分撮りが気軽に楽しめる。液晶のサイズとドット数はEOS M2から継承され、3型/104万ドット。屋外でも十分な見やすさを確保している。

さらに、ボディ天面のアクセサリーシューに、EVF(電子ビューファインダー)を装着可能になったことも見逃せない。オプションの「EVF-DC1」は、同社の高級コンパクトカメラ「PowerShot G1 X Mark II」と共通のもの。上方向のチルト可動や、液晶モニターとの自動切り替えに対応する。こちらも視認性は良好。よりしっかりとカメラをホールドして撮影したいときや、強い逆光などで液晶モニターが見えにくいシーンで重宝する。

左がEOS M2で、右がEOS M3。グリップの厚みが増し、それに伴ってシャッターボタンの位置が移動している

ボディ天面には撮影モードダイヤルや露出補正ダイヤルを新設。ホットシューの奥にはEVF接続用の端子が追加されている

およそ一回り大きくなったボディ。ストラップの装着部は、一般的な形状のものに変更されている

液晶のチルト機構は、いったん引き出してから上下に可動するタイプ。特にマクロ撮影などで重宝する

液晶面をレンズ側に向けることで、自分撮りや自分を含めた集合写真撮影が楽しめる。タッチシャッターも利用可能だ

チルト可動に対応したオプションのEVF。自動切り替え用のアイセンサーや視度調整ダイヤルを装備する

ストロボは、従来は外付けのみだったが、EOS M3ではポップアップ式を内蔵する

電源には新型のリチウムイオン充電池「LP-E17」を採用する

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) キヤノン「EOS M3」ファーストインプレッション
(2) アクセス性能の向上とAFのスピードアップ
(3) クリエイティブアシストモードを新搭載
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[AAA宇野実彩子]最新写真集のお気に入りは「裸オーバーオール」 “ナンパ”も明かし「うれしい」
[14:21 7/31] エンタメ
[KARAヨンジ]現在は1人で活動 KARAへの思い、今後、そしてプライベートまで語る
[14:00 7/31] エンタメ
『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督、すでに続編に意欲
[14:00 7/31] エンタメ
マット・デイモン、1年間の俳優活動休止へ
[13:36 7/31] エンタメ
ウーマン・村本、ポケGO否定派叩く風潮「気持ち悪い」 - 炎上やく氏は"侮蔑"
[13:31 7/31] エンタメ