【レビュー】

東京都・池袋などで人気の「駄菓子バー」! バーなのにつまみが駄菓子!!

Ayumi  [2014/10/21]

気負わずに通えるバーがあれば……。そんな願いを叶えてくれるのが、東京都内で展開されている「駄菓子バー」だ。現在は、恵比寿・池袋・人形町・水天宮の全4店舗で展開中。楽しいメニューをズラリと揃えて出迎えてくれる。

駄菓子バーは、駄菓子が食べ放題のバーのことだ。テーブルチャージとして支払った500円で、駄菓子を好きなだけ食べることができるという(※1ドリンクの注文は必須。飲み物代と料理代は別途)。

わいわい飲むのが好きだったという創業メンバーが、「客が気を使わない気さくな店をやろう」と始めた同バー。「『駄菓子をあれもこれも買って食べたい』と考えていた子どもの頃の夢も実現できれば……」との思いも込められている。

こだわりは「昭和レトロな店内と、100種以上の駄菓子です」と駄菓子バーのスタッフ。「言わずと知れた駄菓子の王様『うまい棒』など、昔ながらの駄菓子から新商品までいろいろと楽しめますよ!」と胸を張る。

また、居酒屋メニューが充実しているのも自慢のひとつ。「薄いハムにサクッとした衣をつけた『ハムカツ』(1枚200円)や『給食のあげぱん』(きなこ味250円)、『お弁当の赤ウィンナー』(400円)、目玉焼き付きの『なつかしナポリタン』(800円)はおすすめのメニューです」とスタッフ。

駄菓子で作った様々なメニューも用意しているそうで、「『じゃがりこポテサラ』(450円)や『じゃがりこポテサラピザ』(680円)なども食べてみてください」とアピールする(※メニュー・価格は店舗によって異なる)。

あげぱんなども人気だ

ちなみに同バーの利用者は「圧倒的に20代くらいの若い女性客が多いですね」とスタッフ。誕生日・記念日コースとして提供する、手作りした「お菓子のお家」のサプライズプレゼントは女性客に大人気なのだとか。

昭和へタイムスリップできる駄菓子バー。大人の秘密基地でほろ酔い気分を楽しんでみてはいかがだろうか。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

映画「ヒメアノ~ル」濱田岳が自身の濡れ場に「誰が得するんだ」と自虐
[18:44 5/28] ホビー
[柿原徹也]ガルマ役への反響大きく「身が引き締まる」
[18:36 5/28] ホビー
[タブー・タトゥー]キービジュアル公開 メインキャラが集結
[18:31 5/28] ホビー
映画「オオカミ少女と黒王子」公開!ドS王子やチャラ王子は「面倒くさい」?
[18:21 5/28] ホビー
サイコム、秋葉ラジ館でゲームイベント - プロチームDeToNatorと対戦など
[18:13 5/28] パソコン

特別企画 PR