【レビュー】

東京都・池袋などで人気の「駄菓子バー」! バーなのにつまみが駄菓子!!

 

気負わずに通えるバーがあれば……。そんな願いを叶えてくれるのが、東京都内で展開されている「駄菓子バー」だ。現在は、恵比寿・池袋・人形町・水天宮の全4店舗で展開中。楽しいメニューをズラリと揃えて出迎えてくれる。

駄菓子バーは、駄菓子が食べ放題のバーのことだ。テーブルチャージとして支払った500円で、駄菓子を好きなだけ食べることができるという(※1ドリンクの注文は必須。飲み物代と料理代は別途)。

わいわい飲むのが好きだったという創業メンバーが、「客が気を使わない気さくな店をやろう」と始めた同バー。「『駄菓子をあれもこれも買って食べたい』と考えていた子どもの頃の夢も実現できれば……」との思いも込められている。

こだわりは「昭和レトロな店内と、100種以上の駄菓子です」と駄菓子バーのスタッフ。「言わずと知れた駄菓子の王様『うまい棒』など、昔ながらの駄菓子から新商品までいろいろと楽しめますよ!」と胸を張る。

また、居酒屋メニューが充実しているのも自慢のひとつ。「薄いハムにサクッとした衣をつけた『ハムカツ』(1枚200円)や『給食のあげぱん』(きなこ味250円)、『お弁当の赤ウィンナー』(400円)、目玉焼き付きの『なつかしナポリタン』(800円)はおすすめのメニューです」とスタッフ。

駄菓子で作った様々なメニューも用意しているそうで、「『じゃがりこポテサラ』(450円)や『じゃがりこポテサラピザ』(680円)なども食べてみてください」とアピールする(※メニュー・価格は店舗によって異なる)。

あげぱんなども人気だ

ちなみに同バーの利用者は「圧倒的に20代くらいの若い女性客が多いですね」とスタッフ。誕生日・記念日コースとして提供する、手作りした「お菓子のお家」のサプライズプレゼントは女性客に大人気なのだとか。

昭和へタイムスリップできる駄菓子バー。大人の秘密基地でほろ酔い気分を楽しんでみてはいかがだろうか。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

立ち食いそば散歩 第24回 "1日1麺"はここで! 「信越そば」の豊富なトッピングから好みの3品を
[17:00 7/25] 趣味
カネボウ化粧品、頭皮にアプローチする成分配合の薬用育毛美容液を発売
[17:00 7/25] ヘルスケア
『ワンピース』や『ガンダム サンダーボルト』の「一番くじ」が登場 -「ワンダーフェスティバル2016 夏」バンプレストブース
[17:00 7/25] ホビー
『ツキウタ。』、こけし型ラバストとOUTDOOR PRODUCTSとのコラボグッズ登場
[17:00 7/25] ホビー
英Sophos、最新のファイル暗号化ソリューション「SafeGuard Encryption 8」
[16:59 7/25] 企業IT