【レポート】

広島県の「尾道ラーメン」と「尾道の中華そば」は違うラーメンなのか?

広島県尾道市。大林宣彦監督の「尾道三部作」ファンにとっては思い入れのあるこの地域の名物は、その名も「尾道ラーメン」という。ラーメンのスープは、「瀬戸内海の小魚でダシをとっている醤油味で、豚の背脂が浮いている」というのが通説だったのだが、実際尾道に行ってみるとどうやら少し違うらしい……。

尾道のラーメンにまつわる謎がある!?(写真は「東珍康」)

浮かび上がってきたもっとも大きな議題は、「尾道の中華そば」と「尾道のラーメン」が違うか否かということ。はてさて、それはどういったことなのか。事情が分からないのでまずは現地で取材を進めた。

鶏ガラや豚骨、魚介類などダシもそれぞれ

尾道に入って数軒の有名店に足を運んでみたところ、見事に行列ができているではないか。長い長い長蛇の列。そこで諦めて時間をずらし、ようやく昔ながらの店とおぼしき一軒に入ることができた。それが「麺処 みやち」だ。

「うちはもう創業68年になるよ」。さり気なく教えてくれたのは2代目店主の加藤滋さん。実はラーメン専門店というわけではなく、店の看板には「中華そば」に加え「天ぷらうどん」とも大きく書かれている。

早速、「中華そば」(500円)を食べてみる。うん。どこまでもオーソドックスな中華そばだ。具材はメンマとチャーシューそしてネギのみ。しかし、尾道のラーメンならではの豚の背脂は? しっかり見ても、あれれ?? 浮いてないぞ! もしかしてこれは尾道ラーメンではないの??

「麺処 みやち」の「中華そば」は500円

と言っても、まずはスープをひとすすり。あっさりしていてとてもまろやか。醤油のキツさがない優しいスープだ。加藤さんによれば、「鶏ガラ中心にトンコツ、いりこだし、カツオだしも使っているよ」とのことだ。おなかも満足したことだし本題に切り込もう。「あのぉ、ここのお店って尾道ラーメンじゃないんですか?」と加藤さんに単刀直入に聞いてみた。「違うよ。うちは中華そば。尾道ラーメンとは違うよ」と率直なお答え。

もう少し詳しく取材をしよう。加藤さんによると、そもそも尾道の中華そばや尾道ラーメンには明確な定義がないそうで、「戦後いろんな店で中華そばを出していたんだよ。鶏ガラや豚骨、魚介類などダシの取り方も店それぞれだった」という。

数ある店の中には豚の背油が浮いている店もあり、「それがラーメンブームの中で一人歩きしていつの間にか尾道ラーメンの特徴はそこと言われるようになった」とのこと。つまり、歴史の古い店ほどラーメンではなく、「中華そば」とメニューに記す傾向にあるのだという。

ちなみに、「瀬戸内海の小魚のダシ」ってのは1990年ごろにある通販メニューから出てきたものだそうで、本来の尾道中華そばとの関連性はこちらもないというから面白い。

この「みやち」の人気「天ぷら中華そば」は630円だ

ちなみに「みやち」の人気メニューはなんと「天ぷら中華そば」(630円)。「天ぷらうどんの余った天ぷらを中華そばに入れたらおいしかったんだよね。アハハ」。そう言われたからには食べねばなるまいというわけで、こちらも実食してみた。

確かに、天ぷらの油がコクをスープに加えて風味が増す印象だ。単に天ぷらを載せただけではない。考えてみたら同じアブラという意味では背脂も同じ。自由な発想の一件目取材で、型にはまらないこの地域のラーメンの魅力を強く感じた。

●information
麺処 みやち
広島県尾道市土堂1-6-22

背脂もしっかりな「昔ながらのラーメン」

次いではラーメン側の庶民的な店に行ってみよう。足を運んだのは「フレンド」。店の前には「宇宙一おいしいラーメン」と大書してある。取りあえずラーメンをオーダー。1杯400円という価格にびっくり。すごい安さだ!

「フレンド」の「ラーメン」は驚きの安さ。400円

麺はやや平口の細麺。そしてスープにはついに発見! 背脂がしっかり入っている。これぞ尾道ラーメン。「うちは中華そばじゃなくてラーメンだからね」と明言するのは、おかみさんの砂田克子さん。開店30年で「子どもから大人まで誰でも食べられる味だよ」というだけあり、クセのない優しい風味だ。

ダシはトンコツや鶏ガラだそうで魚介系は使っていない。前述の「みやち」が「昔ながらの中華そば」なら、ここ「フレンド」は「昔ながらのラーメン」ということなのか。

●information
フレンド
広島県尾道市尾崎本町12-10

びっくりサイズの背脂がコクを増す

では、最後は思いっきり尾道ラーメンにシフトした店を紹介しよう。それが「東珍康」。真っ赤な下地に白抜きの「尾道ラーメン」の大看板の中へいざ突入! 「うちのこだわりはとにかく水、水なんだよ」。そう連呼するのは、店主の砂村望さん。

「大山の湧き水と同じ成分といわれる尾道の湧き水を使っているから、味が全然違うよ」。メニューは豊富だけれども今回は迷わず「尾道ラーメン(並)」(520円)をオーダーした。

スープはトンコツ・鶏ガラ・野菜・だし昆布だそうで、複雑な味わいだがすっと喉をうるおす感じがいい。ビックリするのは豚の背脂。肉の切れ端かと思うほどデカイのだ。この背脂が味のコクだしをする役割ということは言うまでもない。

「東珍康」の「尾道ラーメン」は520円

●information
東珍康
広島県尾道市栗原町6023-5

かように新旧織り交ぜて百花繚乱状態の尾道のラーメン事情。「尾道ラーメン」というジャンルくくりがバカバカしくなるほど奥が深い。ぜひ、現地で味わってほしい。

※記事中の情報・価格は2014年3月取材時のもの

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事