【レポート】

大原雄介のIntel "Reimagine the Datacenter" レポート - 14nm世代がキーとなるIntel次世代サーバ戦略

1 基調講演

  • <<
  • <

1/6

米Intelは7月22日、サンフランシスコにおいて"Reimagine the Datacenter"と題したイベントを開催、ここで同社の新しいサーバ戦略や、新しい22nm世代製品や次に登場予定の14nm世代製品に関する話なども紹介された。部分的には既に報じた通りであるが、もう少し全体を通してレポートしたいと思う。

セッションそのものはまず午前中が主要なテーマについての総まとめ、午後がBreakout Sessionとして特定のテーマについてもう少し掘り下げるという形になっている。というわけで午前中はDiane Bryant(Photo01)氏の基調講演から始まった。

Photo01: Vice President兼DCSG(Datacenter and Connected Systems Group)のGeneral ManagerであるDiane Bryant氏。

基調講演

氏はまずIT業界がまた変革の時期に来ている(Photo02)が、まだそれは緒に付いたばかりであるとする(Photo03)。具体的に言えば、現状のITインフラはこんな感じだとする(Photo04)。

Photo02: Computer-CentricからNetwork-Centricを経て、現在はHuman-Centricになるというのだが、むしろService-Centricだと個人的には思う。

Photo03: 最近何かと話題になっているCloudやBig Dataであるが、全体の比率から言うとまだ少ないとする。

Photo04: ネットワークの構成変更には2週間かかり、ストレージのデータの9割は構造化されておらず、そして仮想化の利用率は50%未満と説明される。ただ意外に仮想化の率は高い気もするが。

こうした現状に対してIntel(Photo05)が提唱するのが、SDI(Software Defined Infrastructure)である(Photo06)。SDIには幾つかの要素があり、まずNetwork(Photo07~08)に関しては、それほど目新しくないというか、現在業界でまさしく取り組まれている方法である。次がStorageで、アクセス頻度や容量にあわせてデータの持ち方を変えるという仕組みである(Photo09,10)。3つ目がRack Levelの話で、Rack単位でのリソース分配をより効率的にしよう(Photo11)という話であった。

Photo05: 「Intelの強み」は周知の事実であるが、問題はこれをこれからどう生かすかであるとする。

Photo06: SDN(Software Defined Network)はOpenFlowといった形で既に多くのベンダーが参加しつつあるが(逆に撤退したベンダーとかもあったりするが、これを説明し始めると長くなるので割愛)、この発想をインフラに持ち込んだものとなる。

Photo07: これはSDNの基本的なアイディア。もっともこれを維持するのも大変なのであるが。

Photo08: これはコンテンツをデータセンターだけにおくのではなく、各基地局にもXeonベースのコンテンツサーバを置くことで、基地局/センター間のトラフィック減少や端末のレスポンス改善に役立つという実装だが、果たしてこれを「明日の基地局の姿」と言いきってしまってよいものかどうか。既に中国ではPrime Contentsを基地局に置くと戸で、Transfer Timeを50%短縮したとする。

Photo09: 言いたいことはまぁ判る。

Photo10: このあたりについてはBreakout sessionでもう少し細かい話が出てくる。

Photo11: これも詳細は後述。

ここからやっと、いつものIntelの話に移り、既にある様々なWorkload(Photo12)に対して、Intelは本格的にAtomベースの製品を投入し始める(Photo13)事を明らかにした。またPhoto13では茶色い領域があるが、ここにも新製品を投入する。具体的なロードマップはこちら(Photo14)であるが、

  • 2013年:Xeon向けにHaswell(最低13Wから)と、AtomベースのAvoton/Rangeleyを投入する
  • 2014年:Xeon向けにもBroadwellを投入すると共に、Intelとしては初めてSoCベースのBroadwellも、既存のXeonのやや下のポジションに投入する。また、AtomベースのDenvertonも投入する

事が明らかにされた。先のPhoto13に出てきた茶色の領域は、Broadwell-SoCが担うものと考えればよい。

Photo12: 縦軸がCPU/Memory利用率、横軸がI/O利用率となる。実は案外に、CPU/Memoryの負荷はたいしたことはないが、I/Oは結構ある、というニーズがある。

Photo13: このI/O IntensiveなマーケットをAtomで完全にカバーする、というのがIntelの基本戦略。

Photo14: 今回初めて明らかにされたのは、Broadwell SoCをXeonとして投入するという事で、他は既に発表済である。

次ページ詳細説明その1 - I/O Intensiveな用途向けにIntel C2000ファミリーを投入

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) 基調講演
(2) 詳細説明その1 - I/O Intensiveな用途向けにIntel C2000ファミリーを投入
(3) 詳細説明その2 - ビッグデータ活用の普及阻害要因を解決するソリューション
(4) 詳細説明その3 - 10年でHPCの主要な座に着いたIntel、この先の展開は?
(5) Breakout session
(6) まとめて解説など

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事