【レビュー】

NVIDIA GeForce GTX 650 Ti BOOSTの性能を確認する - GPU Boostに対応したパフォーマンスGPUの実力は?

1 GeForce GTX 660により近づいたスペック

  • <<
  • <

1/15

Radeon HD 7790のレビューが終わったのとほぼ同時のタイミングで、今度はNVIDIAの新製品が届く事になった。ということで、今度はこちらをご紹介したい。

3月26日にNVIDIAから発表されたのは、GeForce GTX 650 Ti BOOSTである。650 Ti "BOOST"とあることでも分かるとおり、基本は既存のGeForce GTX 650 Tiであるが、動作周波数の向上に加え、Boost Clockに対応したのが主な違いと言える(Photo01)。

Photo01:既存のGeForce GTX 650Tiのスペックはこちらの表を参照の事

CUDA Coreは768基のまま据え置きであるが、動作周波数は925MHzから980MHzに引き上げられたとともに、より上位のGeForce GTX 660では有効になっていたGPU Boostをサポートして最大1,033MHz(これはGTX 660と同じ)まで動作周波数をあげる事が可能だ(Photo02)。

Photo02:といっても980MHzから1,033MHzだから、向上率としては5.4%ほどでしかないが

またメモリも、GeForce GTX 650 Tiは128bit幅/5.4GHzの1GB構成であるが、GeForce GTX 650 Ti BOOSTでは192bit幅/6GHzの2GB構成となっている。ただこうなると当然ながら消費電力は増えており、TDPはGeForce GTX 650 Tiの110WからGeForce GTX 650 Ti BOOSTでは140Wとされた。140WというのはGeForce GTX 660と同じ値であり、こうなってくるとGeForce GTX 650 Tiの強化型というよりは、GeForce GTX 660の廉価版といった構成に近い。

この結果として性能はGeForce GTX 650 Tiと比較してもかなり伸びており(Photo03)、AMDのRadeon HD 7850と互角以上の性能をだす(Photo04)というのがNVIDIAの主張である。

Photo03:この性能の伸びは、要するにメモリのバス幅の改善(86.4GB/secから144.2GB/sec)が効いてくるためと思われる

Photo04:Radeon HD 7850と比較して10%前後のアドバンテージがある、としている

次のページ:製品紹介とベンチマーク環境

  • <<
  • <

1/15

インデックス

目次
(1) GeForce GTX 660により近づいたスペック
(2) 製品紹介とベンチマーク環境
(3) ベンチマーク結果「Sandra 2013 Engineer Edition」
(4) ベンチマーク結果「3DMark Vantage」
(5) ベンチマーク結果「3DMark11」
(6) ベンチマーク結果「3DMark v1.0」
(7) ベンチマーク結果「UNiGiNE Heaven Pro」「UNiGiNE Valley」
(8) ベンチマーク結果「Aliens vs Predator DirectX 11 Benchmark」
(9) ベンチマーク結果「Battlefield 3」
(10) ベンチマーク結果「F1 2012」
(11) ベンチマーク結果「FF XIV:新生エオルゼア ベンチマーク」
(12) ベンチマーク結果「Metro 2033」
(13) ベンチマーク結果「Warhammer 40000: Dawn of War II - Chaos Rising」
(14) ベンチマーク結果「消費電力測定」
(15) 考察とまとめ

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事