【レポート】

ノルウェーグルメといえば!? 魚介からチョコレートまで現地グルメを紹介

1 サーモン以外にも魚介がたくさん!

  • <<
  • <

1/2

ノルウェーの魅力を紹介するレポートも第3弾。今回は現地のグルメについて取り上げたい。フィヨルドに囲まれ、海が豊富なノルウェーは、有名なサーモンをはじめ、魚介類に恵まれている。他にも美食が盛りだくさんだ。

ノルウェー滞在中のメニューにも、サーモン料理がたびたび登場した

サーモンだけでなく白身魚の料理も美味!

ノルウェーの食材で"名物"といえば、大半の人がサーモンを思い浮かべるのでは?

筆者も現地滞在中、「サーモンを食べなかった日はない!」と断言できるくらい、どこでも食べられる食材だった。ノルウェーサーモンは脂がのっていて非常に美味。現地の人たちは日本人と同じように、サーモンを生で食べることもあるという。今回は試すことはなかったが、魚が新鮮なノルウェーでは、寿司もかなりイケるらしい。

現地での筆者の食事。メインディッシュはもちろんサーモン料理

ノルウェーが海に囲まれているのは以前にも紹介した通り。ゆえに現地では肉料理よりも魚料理を食すことが非常に多く、逆に肉料理が少し恋しくなるほど。現地滞在中に食べた魚料理で、とくに印象に残っているのが、ベルゲンのフロイエン山の頂上にある歴史あるレストラン「フロイエン・フォルケレストラン」だ。

フロイエン山に建つ「フロイエン・フォルケレストラン」。ベルゲンの絶景も眺められる

ここではサーモン料理ではなく、白身魚の料理がメインで出された。添えてあるバターソースが絶品で、やわらかく調理された淡白な白身魚にぴったり。正直、ここまでサーモン続きでいい加減飽きていたので(苦笑)、この料理には本当に感動させられた。デザートに出てきたベリーとクリームのケーキも、甘すぎないくらいのちょうどいい味。ここでのメニューはすべて味も申し分なく、見た目もきれいで素敵な食事だった。

白身魚のメイン料理は記憶に残るほどの美味だった。デザートも絶品!

ベルゲンの魚市場は魚介の宝庫

このレストランがあるベルゲンは、ノルウェーでも屈指の港町。魚市場も毎日開かれているという。筆者が訪れた日はあいにくの雨で、市場もやや寂しげだったが、晴れの日はかなりのにぎわいなのだそうだ。

ベルゲンの魚市場。晴れの日はさらに店が出ているそう

市場にはさまざまな魚介類が置かれてあり、試食もできる。実際に食べてみたが、どれも新鮮でおいしい! 日本ではなかなか食べられないザリガニもあったし、エビも種類豊富だ。なんとアンコウまで置かれてあった。

魚市場にはキャビアも多かったが、ここでいう「キャビア」は、我々が思い浮かべるような高級食材とは異なる。ノルウェーでは、魚の卵はすべて「キャビア」なのだ。これもひとつひとつ試食できるので、好みのものを見つけてみるといいかもしれない。

日本であまり見られない魚介類も豊富にそろう

ノルウェーの「キャビア」

アンコウの口を開けて見せる魚市場のお兄さん

新鮮な魚介類で作ったサンドイッチ。写真で見てもおいしそう

ベルゲンの名物と言えば、干し鱈(たら)。ハンザ商人がベルゲンでブリッゲンを栄えさせていた頃から、鱈の保存方法としてこの干し鱈は作られてきたという。干し鱈は水で時間をかけて戻し、それを調理する。戻るとやわらかくなるが、深い味わいのある食材で、ノルウェーではわりとポピュラーなものだ。

干し鱈は市場のあちこちで見ることができる

ベルゲンにはかわいらしいカフェも

フロイエン山の入口にある小さなカフェ「Det Lille Kaffekompaniet」は、ベルゲンで非常においしいコーヒーが飲めると人気だ。このカフェは1999年と2002年の2度にわたり、SCAE(Specialty Coffee Association of Europe。ヨーロッパ・スペシャルティコーヒー協会)による「ノルウェーの今年のカフェ&バー」に選出されたという本格派。「ベルゲン最高のカフェ」とも言われているという。

白い外観とかわいらしい看板が目印

小ぢんまりとしながらもリラックスできる雰囲気

ラテ・マキアート。濃厚な味だった

ラテ・マキアートをおすすめしたバリスタさん

コーヒーの種類も豊富で迷うほど。バリスタにおすすめを教えてもらい、筆者はラテ・マキアートにした。スパイスの入ったコーヒーをチョイスした人もいて、味見させてもらったところ、エスニックで不思議な味のするコーヒーだった。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) サーモン以外にも魚介がたくさん!
(2) フィヨルドを眺めながら食べるスイーツはぜいたくな味

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事