【レビュー】

「iPad」がやってきた(4) - ”日本語”電子書籍も快適な「iBooks」

1 自作の日本語電子書籍をiTunes経由でiBooksに

Yoichi Yamashita  [2010/04/08]
  • <<
  • <

1/3

iPadレビューシリーズとなる
「iPad」がやってきた(1) - セットアップでいきなりトラブル「充電されない!」
「iPad」がやってきた(2) - 日本語タイピング編「離して打つiPhone、触れて打つiPad」
「iPad」がやってきた(3) - 標準"iPad"アプリ、後戻りできなくなる利用体験!
「iPad」がやってきた(5) - Apple渾身のオフィスアプリ決定版「iWork」
も合わせてお楽しみください。

「iBooks」はAppleが提供するiPad用の電子書籍リーダーであり、Appleのオンラインブックストア「iBookstore」への入り口になる。同ストアで購入した電子書籍は自動的にiBooksにダウンロードされ、すぐに読めるようになる。

電子書籍はiPadでAppleが開拓する新分野になるが、現時点でiBooks/iBookstoreの提供が決まっているのは米国のみである。同国ではAmazon.comがKindleで電子書籍市場を開拓し、出版業界の電子書籍への移行が進んでいる。だが、世界的には電子書籍配信が既存の書籍市場に与える影響を懸念する国・地域が多い。日本もその1つであり、7日時点でアップルのiPadページにはiBooksに関する説明が記載されていない。iBookstoreがオープンしない国・地域では、iBooksも提供されない可能性がある。

しかしiPadを買えるのにiBooksを入手できないiPadユーザーが出てくるとしたら、それは残念なことである。iBookstoreと連係しなくても、iBooksは電子書籍リーダーとして自然かつ快適な読書体験を提供する優れたiPadアプリなのだ。電子書籍形式としてEPUBをサポートしており、同形式のDRMフリーの電子書籍ファイルをiTunesに取り込んでiPadと同期すればiBooksで読めるようになる。以下は、このiPad速攻レビュー第2回をEPUB形式でまとめたファイルをiBooksで開いた動画だ。

動画 - 「iBooks」
日本語EPUBファイルをiBooksで読む

筆者が作成したEPUBファイルはテキストを流して画像を配置しただけで、ほとんどレイアウトしていない。作成時間は1分程度。だが、そんなEPUBファイルでもiBooksで開くと非常に美しく表示され、快適に読める。ポッドキャストのようにiTunes経由でiBooksにDRMフリーのEPUB電子書籍を配信すれば、魅力的な情報提供手段になるように思う。

iBooksで表示したEPUB形式の自作日本語電子書籍

横向きにすると見開き表示に

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 自作の日本語電子書籍をiTunes経由でiBooksに
(2) シンプルで快適な操作性、iPadを"本"に変えるiBooks
(3) 最新ベストセラーをすばやく入手できるiBookstore
関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

林家たい平、24時間マラソンランナーに! 闘病中の師匠・こん平にパワーを
[23:27 5/29] エンタメ
Gカップ染谷有香、初体験の氷プレイに「恥ずかしさよりも凍えそうで…」
[23:00 5/29] エンタメ
Gカップ森咲智美、OS☆U卒業後の初DVDで「横乳がはみ出してしまって」
[23:00 5/29] エンタメ
[林家たい平]人生最高体重でひざに不安も 「24時間」マラソン「何とか完走を」
[22:26 5/29] エンタメ
林家三平『笑点』新メンバーに抜てき! 初座布団に大喜び「やったー!」
[22:21 5/29] エンタメ

特別企画 PR