【レポート】

Snow Leopardを快適にする - どれがいい? 自分にベストなMacのテキストエディタ(4)

1 縦書き編集や脚注表示に対応、日本語環境ならではの機能を誇る「iText Express」

 
  • <<
  • <

1/2

Mac OS Xユーザにとってベストなテキストエディタを探すレポート集
初心者も扱いやすい、CUIベースの軽量テキストエディタ「GNU nano」
機能充実、旧Mac OS時代から多くのユーザに支持されている「mi」
Snow Leopardを快適にする - どれがいい? 自分にベストなMacのテキストエディタ
もあわせてお楽しみください。

Mac OS Xユーザ向けテキストエディタレポートの第4回は、「iText Express」をお届けする。NSTextViewを利用した"Mac OS Xらしい"機能の一方で、縦書き編集や脚注表示などの独自機能も用意されるなど、魅力あるテキストエディタだ。

「iText Express」の特徴

iText Expressは、山下道明氏が開発した、Mac OS X 10.3/Panther以降に対応するフリーなテキストエディタ。縦書き表示など日本語環境ならではの使い方に対応しているうえ、バージョンアップの頻度が高い一方で旧Mac OS対応を継続するなど手厚いサポートがあり、多くのユーザから支持されている。

同じ作者により開発されたテキストエディタ「iText」は、Mac版とWindows版の2種が用意され、ほぼ同等の機能を実現している。こちらのMac版は旧Mac OS(漢字Talk 7.1~Mac OS 9.2.2)もサポート、Carbon APIを使用するなどiText Expressとは基本設計の部分で差異がある。

ヒラギノの20,000字超という字数をサポートする

iText Expressの特徴は、Cocoaを採用したがゆえの基本機能の充実にある。文字コードはUnicodeに対応、20,000字を超えるOpenTypeヒラギノ書体を扱えるうえ、リッチテキスト(RTF/RTFD)やMicrosoft Wordのファイル形式をサポートしている。スピーチシンセサイザと英文のスペルチェックにも対応。Cocoa(のうちのAppKit)が提供するテキストエンジン「NSTextView」を使用していることから、機能的には「テキストエディット(TextEdit.app)+α」と考えて差し支えない。もちろん、"Emacsライクなキーバインド"(【コラム】OS X ハッキング! 第103回「Cocoaアプリのキーバインドにこだわる(1)」)も利用できる。

ポイントはこの「+α」の部分で、大きく2つに分類できる。1つは、同じ作者が開発したLightway Text/iText譲りの機能。青空文庫のビューアとして利用できることや、縦書き表示/編集、脚注/文末注の設定は、その筆頭格だろう。

そしてもう1つは、Cocoaならではの拡張が可能なこと。正規表現ライブラリ「Oniguruma」をMac OS Xで使いやすいようフレームワーク化した「OgreKit」(ほぼ(修正)BSDライセンス)の機能が、iText Expressネイティブの検索機能として利用できるのだ。

青空文庫ビューアとしても利用できる。ルビの表示をサポートしているところがポイント

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 縦書き編集や脚注表示に対応、日本語環境ならではの機能を誇る「iText Express」
(2) 「iText Express」の独自機能を活用する

人気記事

一覧

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電