【インタビュー】

TVアニメ『とある科学の超電磁砲』、2009年10月スタート - メインキャスト陣が語る作品の魅力

TVアニメも話題となった『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品で、3巻までリリースされているコミックスも累計で100万部を突破するなど、高い人気を誇る『とある科学の超電磁砲(レールガン)』が2009年10月よりTVアニメとなって登場する。そこで今回は、本作のメインキャスト陣が語った作品の魅力を紹介しよう。

TVアニメ『とある科学の超電磁砲』は2009年10月スタート

メインキャスト陣が語る『とある魔術の超電磁砲』

今回の取材は第2話のアフレコ終了後に行われたもので、主人公・御坂美琴(みさか・みこと)役の佐藤利奈をはじめ、白井黒子(しらい・くろこ)役の新井里美、初春飾利(ういはる・かざり)役の豊崎愛生、佐天涙子(さてん・るいこ)役の伊藤かな恵といったメインキャスト陣4人が参加。自分が演じるキャラクターを中心に、作品の見どころなどを語ってくれた。


――ご自分が演じるキャラクターの魅力を教えてください

佐藤利奈「御坂美琴は『レベル5』の超能力者で、かなり強い能力を持っているのですが、それに驕ることなどなく、誰にでも明るく接することができるのが、この子の素直で良いところだと私は思います。感情表現がとても豊かなところも、演じていて楽しい点です」

御坂美琴

新井里美「黒子さんは"風紀委員(ジャッジメント)"という、学園都市を守る活動をしています。レベルも『4』でなかなか高く、ジャッジメントとしても有能ですが、……"変態"です(笑)。お姉さま(御坂美琴)のことをとても愛していて、ありとあらゆる手段を使ってお姉さまをどうにかしようと思っています」

白井黒子

豊崎愛生「初春飾利という名前のとおり、頭をお花で飾っている女の子で、いつでも季節は春のような(笑)外見の女の子です。黒子さんと同じジャッジメントで、レベル自体は高くないのですが、パソコンなどの電子機器が得意で、外で能力を使って戦うというよりは、内部からオペレーターとして支えることで、ジャッジメントの一員として街を守っています。いつも佐天涙子ちゃんにスカートをめくられている日常です(笑)。原作に"甘ったるい声"という記述があるので、それを私の声で再現できればいいなと思って頑張っています」

初春飾利

伊藤かな恵「私は初春のスカートをめくっている役です(笑)。レベルは『0』で能力はないのですが、そういうところをまったく気にしない、気持ちいいぐらいに元気でサバサバした性格の女の子です。初春といつも一緒にいて、初春のお姉ちゃんみたいな感じです」

佐天涙子

――第2話まで演じてみた感想を教えてください

佐藤「美琴は叫んだり、怒ったり、戦ったりするシーンが多くて、体力をものすごく削っているなあと思います。でも楽しく心地よい疲労感ですね」

新井「信じられないような音が出ます(笑)。お姉さまにボコボコにやられたりど、つねられたときに出る変な音やお汁粉をすする音など、『私、こんな音が出るんだ』っていうような、聞いたこともないような音が毎回出てきます」

豊崎「毎回佐天ちゃんにスカートをめくられて必死です。必死で恥ずかしがっている初春ちゃんがすごくカワイイです!」

伊藤「アフレコの雰囲気は毎回和やかで、とても楽しいです。私はファンの皆さまのために初春のスカートめくりをとにかく頑張ろうって思っています(笑)」

――このことなら私にお任せ! というような皆さんの「レベル5」の能力を教えてください

佐藤「読書が好きなので、本だったら何時間でも、延々と読み続けることができるんじゃないかなと思います。2時間あれば余裕で1冊読めてしまうぐらい読むのも速いですし、たぶん寝ないで3日くらいは読めるんじゃないかなって思います。でも、やったことはないです(笑)」

新井「トイレ掃除です(一同より おお~! と感嘆の声)。とにかくキレイにするのが好きで、部屋もよく掃除をしています。不器用な私ですので、こうしてこの場でご報告できるのはこの掃除くらいです(笑)」

豊崎「温かい飲み物が好きなので、温かい飲み物を淹れるスキルは高いと思います。コーヒーも家で豆を挽いて淹れたり、紅茶もティーパックではなく、ちゃんとお茶っ葉から淹れたりします。最近では日本茶をうまく淹れるスキルが徐々に上がっている気がします」

伊藤「考えたんですけど思いつかないです……。『レベル2』ぐらいなら、お散歩がすごく好きなので一人でずっと歩き回っていられます」

――最後に作品を楽しみにしているファンの方へのメッセージをお願いします

伊藤「個性豊かな女の子たちがたくさん出てきて、とても賑やかで楽しい作品になっています。ぜひ観てください。よろしくお願いします」

豊崎「学園都市を舞台に個性豊かな人たちがたくさん登場して繰り広げられるバトルや人間模様など、『とある科学の超電磁砲』はとても賑やかで楽しい作品です。女子中学生たちが、みんなでわいわい騒いでいる様子は元気を与えてくれると思います。そんな人間味のあるキャラクターたちの魅力を存分に楽しんでいただけると嬉しいです」

新井「『とある魔術の禁書目録』を観ていらした方がこの作品を観たら、『全然ちがうじゃないか』って思うぐらいにギャグ的要素が強くて、アドリブなどもとても面白いです。今の私のツボです。もちろん『とある魔術の禁書目録』を観ていなかった方も楽しめると思いますので、どうぞご覧ください。このスタジオの雰囲気が作品をご覧いただく皆さんの元にも届くことを願っています」

佐藤「とても人気があるコミックスの、期待されてのアニメ化ですから、やはりプレッシャーも感じます。でも、それも楽しみながら毎週のアフレコに臨むつもりです。綺麗な絵柄と細部にまで渡る描写……。かなりクオリティの高い作品になる予感満載なので、きっと多くの方に楽しんでもらえるはずです。スタジオでは皆で笑いをこらえながら、汗もかいて、そしてシーンひとつひとつにディスカッションを重ねながらガチで(笑)作っていますから! ぜひオンエアをご期待ください」

――ありがとうございました



TVアニメ『とある科学の超電磁砲』は2009年10月より放送開始。現在公式サイトではプロモーション映像が公開されているので、そちらもチェックしてみてほしい。

TVアニメ『とある科学の超電磁砲』放送スケジュール (予定)

放送局 放送開始日・時間
TOKYO MX 10月2日 (金) 26時30分~ (初回のみ1時間遅れ、翌週より25時30分~)
テレ玉 10月3日 (土) 25時30分~
チバテレビ 10月3日 (土) 25時35分~
MBS 10月3日 (土) 26時28分~ (初回のみ30分遅れ、翌週より25時58分~)
tvk 10月3日 (土) 26時30分~
CBC 10月7日 (水) 25時29分~
AT-X 10月5日 (月) 23時00分~ ほか
※以上すべて予定。都合により予告なく変更となる場合がある。
■TVアニメ『とある科学の超電磁砲』おもなスタッフ
原作 / 鎌池和馬+冬川基◆キャラクターデザイン / 灰村キヨタカ◆監督 / 長井龍雪◆アニメーションキャラクターデザイン / 田中雄一◆シリーズ構成 / 水上清資◆プロップデザイン / 阿部望◆美術監督 / 黒田友範◆色彩設計 / 安藤智美◆撮影監督 / 福世晋吾◆編集 / 西山茂 (REAL-T)◆音響監督 / 明田川仁◆音響製作 / マジックカプセル◆音楽 / I've Sound、井内舞子◆OPテーマ / fripSide「only my railgun」◆EDテーマ / ELISA「Dear My Friend-まだ見ぬ未来へ-」◆アニメーション制作 / J.C.STAFF◆製作 / PROJECT-RAILGUN

■TVアニメ『とある科学の超電磁砲』おもなキャスト
御坂美琴 / 佐藤利奈◆白井黒子 / 新井里美◆初春飾利 / 豊崎愛生◆佐天涙子 / 伊藤かな恵◆上条当麻 / 阿部敦
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事