【レポート】

緑川光の歌声にファンの歓声が響く - TVアニメ『伯爵と妖精』EDテーマ「my fairy」発売記念イベントでPS2版の主題歌も担当することを発表!

糸井一臣  [2008/12/28]

TVアニメ『伯爵と妖精』でエドガー役を演じる緑川光

12月6日、東京・虎ノ門にて、TVアニメ『伯爵と妖精』のエンディングテーマ「my fairy」の発売記念イベントが開催された。イベントには、TVアニメ『伯爵と妖精』でエドガー役を演じ、そして「my fairy」を歌う緑川光が登場。今回はそのイベントの模様をお伝えしよう。

イベントは13時30分からの開演だったが、朝早くから多数のファンが集まり、会場内はまさにすしづめ状態。およそ200人近くのファンの熱い視線を集めながらステージに登場した緑川光。その第一声「ようこそ、my fairy」に、観客からは黄色い歓声と盛大な拍手が巻き起こる。緑川は「こんなにたくさんの妖精がいたら怖いですね」と笑顔を浮かべた。 まずは、現在放送中のTVアニメ『伯爵と妖精』について。すでにアフレコ自体は終了しているとのことだったが、収録当時は「どうしてもセリフ量が多いので、あまりおちゃらけているヒマはありませんでした」と語る緑川。「(共演している)杉田君たちと話をしたりもしますが、よりよい芝居をするために頑張らなきゃということをどうしても考えますよね」と、真剣にエドガー役に打ち込んだ様子を伺わせた。


今回のイベントは、緑川が歌うエンディングテーマ「my fairy」の発売記念イベント。ソロでエンディングテーマを担当するのは初めての緑川だが、そのあたりはファンにとっては当たり前ということで、「エンディングを歌わせたら緑川というくらい、これまでからすごくエンディングを歌ってます(笑)」という緑川の発言に大きな歓声が上がる。エンディングテーマを歌うとなると事前にいろいろと話があると思っていたところ、いきなりほかの資料と一緒にあっさり渡されたと、エンディングテーマを担当することになった経緯を話し、「僕的には歌が大好きってほどじゃないんですけど、名誉なことじゃないですか、歌わせてもらえるっていうのは。やはりそういうこともしてみたいなって思っていたころもあるので、もうちょっと華々しくその瞬間を迎えたかったんですけど、すっごくさりげなく終わりました……」と残念そう面持ち。「『あの、こういうのが入ってたんですけど、これもやるんですか?』『あ、はい』みたいな感じでした(笑)」。経緯は少々微妙だったものの、エンディングテーマを任されたことについては「とてもうれしいことにはちがいありません」と笑顔を見せた。

レコーディング時のエピソードについては、「スタジオが矢沢永吉さんのスタジオだったのでびっくりしました。それもあって、頑張らなきゃなって気合が入りました。高いんだろうなって思いながら(笑)」。「とにかく、ディレクターさんの指示にこたえたいなって思ってました」とのことだが、どんな指示があったのかについては、「恥ずかしくてこんなところではいえません」と苦笑いを浮かべる。レコーディングが終了し、スタジオではじめて曲を聴く際は、自分が帰ってからにしてほしいと思ったが、実際に聴いてみて「思ったよりよかった」ので少し安心したそうだ。

「my fairy」の歌詞の中でお気に入りのフレーズは? との質問に、「2番の『君がいないとすねちゃうんだからね』。あ、こんなのはなかったですね(笑)」(緑川)


続いては、事前に観客から集められた質問に答えるコーナー。その中のいくつかのやりとりを紹介しよう。

――ある朝、目覚めて、エドガーになっていたらどうしますか?
「とりあえず起きて、『my fairy』を歌います。そして、ところかまわず口説く。もう何でもかんでも、犬でもなんでも。『今日のご機嫌は?』」って(笑)」。

――最近はまっている可愛いものは何ですか?
可愛いもの好きで有名な緑川にふさわしい(?)質問。「可愛いものが大好きなんです、おっさんなんだけど(笑)。定番といえば定番なんですけ"カピバラさん"とか"リラックマ"とか……、San-X系とかに弱いですね」。部屋には可愛い系のグッズがいっぱいあるとのことで、「何でも可愛いもの見ると欲しくなるんですよ。でも、こだわりがあるので、好きなキャラクターならすべてOKというわけじゃないです」。ファンの方、プレゼント選びは慎重に。

――『伯爵と妖精』のキャラで友達になりたいのが誰ですか?
「友だち……」と少し悩む緑川だが、司会者の「一緒にゲームをしたい人は?」という一言に、「じゃあケルピー」と、同じくゲーム好きの子安武人が演じるキャラクターを即答。「レイヴン(cv. 杉田智和)も、ポール(cv. 神谷浩史)も……」とゲームが好きな声優を基準に答え出す緑川だったが、キャラクターとしては「ケルピーが面白そうですよね。子安さん自身のキャラと相まって、いい意味で変……」。

質問コーナーに続いては、歌のコーナー。「歌ってもいいですけど、1コーラスですよ」「歌ってもいいですけど、半音くらい低いですよ」と最初は渋々といった面持ちだったが、ファンの前で「my fairy」を熱唱。「でもレアですよね半音低いのって(笑)」。そしてビッグニュースということで、『伯爵と妖精』がゲーム化され、緑川がオープニングテーマを歌うということが発表された。レコーディングはすでに終わっているとのことで、曲のタイトルは「kiss for you」。残念ながら緑川の生歌ではなかったが、ラフミックスの状態のものが会場で初披露され、一緒に聴いていた緑川は「何か舞踏会みたいな感じですね。でも上手く歌えていてよかった」と安堵の笑みを浮かべた。なお、『伯爵と妖精』のゲームは、プレイステーション 2向けに開発されており、2009年発売予定とのこと。緑川の歌ともども楽しみに待ちたい。

「歌詞も見ちゃいますよ」といってメガネをかける緑川。本気モードです

緑川の歌を堪能したところで、ステージでのイベントは終了。最後に緑川から贈られたファンへのメッセージを紹介しておこう。

ステージイベントのあとはサイン&握手会が行われ、ファンひとりひとりとの会話を楽しんでいた

「『伯爵と妖精』のアニメはもう収録が終わりましたが、DVD特典のCDドラマや歌、そしてゲームなどで、まだしばらくはエドガーと付き合えそうです。こういったキャラクターは演じがいがありますし、好きなタイプのキャラクターなので、とてもやりがいを感じております。ぜひ皆さんも、もうしばらくの間、『伯爵と妖精』に付き合っていただけるとうれしいなと思います。若さはなくなっていってますが、テクニックは上がっていると思います(笑)。なので、これからも応援してください。どうも今日はありがとうございました」


TVアニメ『伯爵と妖精』のエンディングテーマ「my fairy」は現在好評発売中。また、12月17日には、レイヴン(cv. 杉田智和)、ケルピー(cv. 子安武人)、ポール(cv. 神谷浩史)のキャラクターアリア集もリリースされているので、こちらもチェックしておきたい。

「my fairy」のジャケットイメージ

収録内容 01. my fairy
02. エドガー愛のポエム「親愛なる君へ」
03. キャストメッセージ
04. my fairy (Off Vocal)
エドガー (cv. 緑川光)
発売日 2008年11月28日 (発売中)
価格 1,260円
発売元 5pb. 販売元 ポニーキャニオン
(C) 谷 瑞恵/集英社・アシェンバート伯爵家

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ミス・モノクローム、真夏の店頭抽選会ツアーの開催決定! 旧譜フェアも開催
[22:30 6/26] ホビー
【レポート】マリオと共にソニック25周年を祝う -「ソニック25周年 アニバーサリーパーティー」
[22:29 6/26] ホビー
MF文庫J、6月新刊は8タイトル! 『ハイスクール・フリート』公式スピンオフ
[22:20 6/26] ホビー
[橋本愛]熊本の復興支援に「お手伝いできた」 「うつくしいひと」チャリティー上映で
[21:35 6/26] エンタメ
夏乃あゆみ新作は、祇園祭が題材の和風バディもの「祇園祭に降る黒い花」1巻
[21:19 6/26] ホビー

本音ランキング