【インタビュー】

「ザクとは違うのだよ」「やらせはせん!!」 - メガハウスのExcellent Model Seriesの生みの親、金子浩樹氏

1 Excellent Model Seriesを立ち上げました

  • <<
  • <

1/5

メガハウスは、Excellent Model Series初となるファースト・ガンダム商品、1/8スケール「ランバ・ラル」と「ドズル・ザビ」を8月下旬に発売すると発表した。今回は、このシリーズの生みの親・育ての親であるメガハウスの金子浩樹氏に、去る7月11日に東京卸商センターで開催されたメガハウスの単独商談会「メガホビEXPO2008」の会場にてお話を聞いた。

「メガホビEXPO2008」が開催された東京都台東区にある東京卸商センター

会場風景。各展示は、それぞれの商品担当者がディスプレイしたとのこと

メガハウスの金子浩樹氏

――Excellent Model Seriesの特長をうかがえますか?

「当社はバンダイグループの一員なものですから、バンダイさんのキャラクターコンテンツを一部お借りしつつ、いわゆるキャラクター全般のフィギュアを2003年から、ずっと1/8スケールの統一されたサイズでやってきております」

――1/8スケールといえば、例えば、身長160cmのキャラクターを立体化すると、台座の部分を除くフィギュアの高さが20cmになる計算ですね。こちらの材質は何でしょう?

「当初はソフビとPVCとプラの複合ということでパーツごとに分けていたんですが、その後はすべてPVCとプラに統一しています」

――それはどのような理由によるものですか?

「PVCに比べると、ソフビのほうが成型で抜いたときに軟らかくて伸びる分、原型からのブレが大きいんです。PVCで作ることで精度も高まりましたし、今回のランバ・ラルとドズル・ザビもPVCの重量感が出せたと思います」

Excellent Model Series初のファースト・ガンダム商品、ランバ・ラル(写真左)とドズル・ザビ(右)。精密かつ1/8スケールの迫力で戦場の男たちが蘇る彩色済み完成品フィギュア。2008年8月下旬発売予定。各6,090円
(C)創通・サンライズ

――2つとも拝見した感じは、あまりアニメっぽくなくて、ちょっと劇画調な印象がありますけれども、あくまでアニメ版の立体化なんですね。

「当時のものそのままの立体化じゃなくて、当時アニメを観ていて思い描いたイメージってあるじゃないですか。"その当時のものをそのまま立体化しました"っていうと、"まあ、そうなんだけどさ"っていう話になっちゃうので(笑)」

――アニメの絵そのままじゃなくて、"弊社で補完しておきました"と。

「でも、それを売りにしちゃうとカッコ悪いんですね。そういうのって、やって当然だと思いますから」

――これらの商品のラインナップは、どのようにしてお決めになるんでしょう?

「2003年に、このシリーズの企画を立てて、フィギュアを始めようと言って以来、全商品を私が自分で企画して、現在に至っております」

――新しい商品シリーズを立ち上げるには、社内で稟議を通さなくてはなりませんよね。どのようにして説得なさいましたか?

「『セーラームーン』をシリーズ第1弾にもってきたのは、そのための説明がしやすかったからですね。そこから『ガンダム』『ワンピース』『プリキュア』……と、だんだんと実績を積み重ねていき、徐々にコミック原作に手を広げるなど、自分のやりたいことの要素を強くしていきました」

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Excellent Model Seriesを立ち上げました
(2) キャラクターが好き
(3) お客さまに笑いを届けたい
(4) 憧れの方々との仕事
(5) 受け継がれていくもの

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事