歴代のF1カーが勢ぞろい - F1の舞台裏に迫る「F1 疾走するデザイン」展開催

ニュース
トップ

【レポート】

歴代のF1カーが勢ぞろい - F1の舞台裏に迫る「F1 疾走するデザイン」展開催

新井早苗  [2008/04/24]

世界を熱狂させるモータースポーツの最高峰・フォーミュラ・ワン(F1)。その歴代のF1カーに出会える展覧会「F1 疾走するデザイン」が東京オペラシティアートギャラリーにて開催されている。期間は6月29日まで。

ロンドンでの展示風景 ※禁無断転載

展覧会「F1 疾走するデザイン」は、2006年にロンドンのデザイン・ミュージアムにより企画されたF1におけるデザインをテーマとした国際巡回展の日本展。最先端のテクノロジーばかりが注目されがちなF1カーにおいてデザインが果たしてきた役割を、F1グランプリが初めて開催された1950年から現在までの各時代を代表するF1カーによって検証する。また、4つのセクションから構成される同展では、映像資料やパーツごとに分解されたマシンの展示などによって、普段見ることのできないF1の舞台裏にも迫るという。

1967年 モナコGP マシン:ブラバムBT20レプコ、BRM P61、ドライバー:デニー・ハルム、ジャッキー・スチュワート ※禁無断転載

ここでは、同展の展示内容をセクションごとに抜粋してご紹介したい。本来、「DESIGN(デザイン)」という言葉は、中世ラテン語の"下地を描く"から派生した"設計"という意味をもつという。"技術"と"デザイン"とが強固に結びつき、勝利を勝ち取るために生み出されたF1カーの世界を存分に味わっていただきたい(※なお、「セクション3:映像で見るF1の歴史と舞台裏」は映像展示のため省略)。

セクション1:グランプリレース100年史

セクション1は「グランプリレース100年史」として各年代におけるF1カーが展示される。F1黎明期の名車「クーパーT51」をはじめとして、60、70年代を代表する「ブラバム」、「ロータス」のほか、アイルトン・セナに初のタイトルをもたらした「マクラーレン・ホンダMP4/4」などF1界の歴史に残るマシンを鑑賞することができる。

CooperT51(1959年)

Lotus77(1976年)

McLaren Honda MP4/4(1988年)

セクション2:勝利のためのデザイン

安全性とスピードの均衡を保とうとする国際自動車連盟(以下、FIA)のマシン開発における厳しい制限の下、いかに速いクルマがつくれるのか。そのハードルの高さが技術者たちを刺激してきた。現在、F1カーは急速に発達するコンピュータ技術とともに更なる進歩を遂げている。セクション2では、2005年のチャンピオンカーである「ルノーR25」を解体して展示することで「チャンピオンマシンの最強仕様」を分析してみせる。

Renault R25(R27 Colouring)の分解展示

セクション4:ホンダ・エンジン&ブリヂストン・タイヤ

本田技研工業の創業者である本田宗一郎氏は、レーシングカーを"走る実験室"と呼んだという。事実、"ホンダイズム"を継承するF1カーでの多くの技術開発が、市販車に応用されることで自動車は進化を続けている。セクション4では、数々の熱戦に貢献してきた「ホンダ・エンジン」と、FIAから認可を受けた世界で唯一のF1公式タイヤサプライヤー・ブリヂストンのタイヤが展示される。

HONDA ENGINE RA109E。搭載車はMcLaren Honda MP4/5

「ブリヂストン・タイヤ」の展示

イベントの詳細は東京オペラシティアートギャラリー公式サイトにて。

関連したタグ

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    2014年10月23日の運勢

    イチオシ記事

    新着記事

    JR東日本、中央線武蔵境~東小金井間の高架下空間「ののみち」は11/1開業!
    [20:01 10/23] 旅行
    映画『NARUTO THE MOVIE』主題歌はスキマスイッチ「心にしみたってばよ!」
    [20:00 10/23] ホビー
    『アラビアのロレンス』、"何度でも見たくなる"コロンビア映画のNo.1に!
    [20:00 10/23] エンタメ
    【レポート】iPhone 6/6 Plus発売1カ月、ソフトバンクがシェアトップ争いトップとなった理由について考える
    [19:59 10/23] 携帯
    【レポート】東京都秋葉原で発見! 目の前を電車が通るエキサイティングなカフェバー
    [19:56 10/23] ライフ

    特別企画

    一覧