即日退職した人は本当にいるの?体験談はある?人事のプロが徹底解説

退職代行

二度と出社をしたくない方や会社に限界だという方は、即日退職したいですよね。

退職には通常2週間以上かかりますが、上司の顔を見るだけで病気になるというほど追い詰められている方がいることも事実です。

ここでは即日退職は可能なのか、本当に即日退職した人はいるのか、体験談を見てみましょう。

即日退職と間違えられるバックレ行為は絶対にやってはいけないことですので、モラルではなく損害賠償請求されるリスクもありますし、合わせて説明します。

ぜひ参考にしてみてください。

☆即日退職できるおすすめ退職代行☆

「辞めるんです」⇨即日退職+手厚くサポートして欲しい人におすすめ

  • 即日退職可&退職率100%、27,000円(税込)と相場より安い。
  • LINEで気軽に依頼ができる上に、対応が基本1分以内で返ってくる点も高評価。
  • 後払いもOKで全額返金保証付き、24時間365日対応。
  • 専門スタッフに無制限で相談できるサポート体制抜群の退職代行。

即日退職した人はいる?バックレとは全く異なる

今すぐにでも退職したい人にとって、即日退職した人が実際にいるのかは気になりますよね。

即日退職という言葉だけでは今すぐ辞めるにはどうすればよいかわからない点もあると思います。

ここでは即日退職に関する注意点をお伝えします。

  • 即日退職は会社の合意や有給休暇の取得が必要
  • バックレは損害賠償になるリスクがある

最重要とも言える点は、バックレ行為は退職ですらなく、無断欠勤で損害賠償請求されるリスクすらあることは必ず理解してください。

即日退職は会社の合意や有給休暇の取得が必要

即日退職とは言っても、今すぐ会社に行かなければ自動で即日退職になるわけでは決してありません。

正式な退職を実質即日行うことを即日退職と呼んでいるわけですので、即日退職は会社の合意や有給休暇の取得が必要となります。

退職には2週間前の申し出が必要ですので、通常では即日での退職は難しいと言えます。

それでも会社と合意することや、2週間以上の有給が余っている場合は有給を使うことで、実質的に即日退職となると捉えてください。

会社はいつでも辞められるということでは全くありません。

バックレは損害賠償になるリスクがある

即日退職と勘違いされることにバックレ行為があります。

会社に連絡もせずそのまま会社を辞めようとする行為ですよね。

このバックレ行為は大変危険です。

退職の意志も示さず音信不通になるわけですが、あなたが無断欠勤している間に会社に損害が発生する可能性もあるからです。

人が足りない、情報が伝わっていない、引継ぎができないなど、残された人には迷惑以上に実害が発生してしまいます。

また会社側がバックレ行為とすぐ気づかない場合も多く、事件や事故に巻き込まれたのではないか、病気で動けないのではなどと心配し、コストや工数をかけてあなたを捜索するケースもあります。

このように会社に負担をかけた上で、実はバックレ行為だと分かった場合、発生した損害を請求される可能性もゼロではありません。

入社の際にあなたの住所や個人情報は伝えるわけですから、電話に出なければ全て解決するなど決してないわけです。

バックレ行為は正式な退職ですらないため、絶対におすすめできません。

実際に即日退職した人の体験談

即日退職とバックレは全く違う話はお伝えしました。

それでは実際に、バックレではなく即日退職をした人はいるのでしょうか。

ツイッターで体験談を見てみましょう。

実際に即日退職した人の体験談1

実際に即日退職した人の体験談2

 

実際に即日退職した人の体験談3

このように即日退職した人の体験談は無数に見つかります。

ただしバックレ行為と混同していると思われる体験談は非難されている点もありますので、あくまで即日退職をきちんとした人の体験談だけ参考にすべきですよね。

即日退職した人の特徴2選

即日退職について、実際に行った人の特徴をまとめてみます。

  1. バックレではなく会社と合意している
  2. 会社が拒む場合は退職代行サービスを使っている

どんな方法でも許されるわけでは決してなく、この2点が重要だということがわかります。

それぞれ説明します。

即日退職した人の特徴1.バックレではなく会社と合意している

バックレではなく会社と合意することは最重要です。

即日退職したいことを正式に伝えて、有給休暇が残っているのならば消費し、もし無くてもどうしても辞めたい場合は欠勤という形にできないかなど相談をします。

間違っても無断欠勤や、バックレ行為で逃げるようなことはやめましょう。

逃げられたと思ったら後日損害賠償請求が届くリスクすらあります。

会社と合意している点は共通して必須となります。

即日退職した人の特徴2.会社が拒む場合は退職代行サービスを使っている

会社が拒む場合は退職代行サービスを使っていることも特徴的です。

退職代行サービスを使って辞めた人の体験談も無数に存在しています。

退職代行サービスは今では一般的となりましたし、もちろん違法ではなく、成功率100%で実績が1万人を超えるサービスもありますよね。

退職代行サービスを使うこと自体を心配することや、非難することは間違っていると言えるでしょう。

即日退職したい人におすすめの退職代行サービス

ここまで見てきた通り、退職代行というプロを挟むことで即日退職できる可能性は高まります。

即日退職したい人におすすめの退職代行サービスを紹介します。

即日退職したい人におすすめの退職代行サービス1.EXIT

相談可否 可能
料金 20,000円(税込)※正社員、契約社員、パート・アルバイト共通
オプション ・2回目の利用は、10,000円の割引が適用。
・転職サポートを併用すれば実質0円。
退職までの日数 最短即日
実績 年間10,000人以上
退職率 記載なし
EXITは、退職代行の先駆け的存在として多くのTVやWebメディアから取材を受けているサービスです。
 
代表の新野俊幸氏が「テラスハウス」に出演していたこともあり、サービス名を聞いたことがある人も多いでしょう。
 
年間10,000人以上の退職サポート実績は業界でもトップクラスで、しかも業界最安値クラスの20,000円(税込)で利用できる点も大きな魅力です。
 
もちろん即日での退職も可能で、「転職サポート」を併用することで、実質無料で退職代行を利用することもできます。
 
一度EXITを利用して退職した人は、次回1万円オフでサービスを利用できる点も嬉しいですね。
 
とにかく早く、すぐにでも辞めたい人におすすめしたい退職代行です。

EXITの運営会社概要

会社名 EXIT株式会社
創業 2018年
代表取締役 岡崎雄一郎
新野俊幸

即日退職したい人におすすめの退職代行サービス2.辞めるんです

相談可否 可能(無制限)
料金 27,000円(税込)
オプション 後払いOK、返金保証つき、有休サポート付き
顧問弁護士 あり

辞めるんですは、後発ながら7,000件の退職代行実績がある人気のサービスです。

27,000円(税込)と相場より安いにも関わらず、

  • 24時間365日対応
  • 最短即日退職可
  • 退職率100%
  • 後払いOK
  • 全額返金保証付き
  • 有休サポート付き
  • 無制限で相談可能

と、退職代行を検討している人が不安になるであろう要素がほとんど解消されるほどの充実したサービス内容になっています。

顧問弁護士から業務指導も受けているため、デメリット・欠点といえる箇所が見当たらないほどです。

相場より安い金額で、早く、確実に辞めたい人におすすめしたい退職代行です。

辞めるんですの運営会社概要

会社名 LENIS Entertainment株式会社
電話番号 03-6279-3967
本社住所 〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4-18-152中村ビル

まとめ

即日退職を実際にしている人はたくさん見つかりました。

しかしどなたも会社と合意していますし、できない場合は退職代行サービスを使っています。

会社と合意もせずに逃げることは退職ですらなく、バックレ行為ですので絶対にやめましょう。

トラブルにならないよう、ぜひ参考にしてみてください。

☆即日退職できるおすすめ退職代行☆

「辞めるんです」⇨即日退職+手厚くサポートして欲しい人におすすめ

  • 即日退職可&退職率100%、27,000円(税込)と相場より安い。
  • LINEで気軽に依頼ができる上に、対応が基本1分以内で返ってくる点も高評価。
  • 後払いもOKで全額返金保証付き、24時間365日対応。
  • 専門スタッフに無制限で相談できるサポート体制抜群の退職代行。

 

タイトルとURLをコピーしました