近年、急激な需要の高まりを見せているWebセミナーやWeb会議ですが、これから積極的に取り入れていこうとしている企業や個人も多いのではないでしょうか。この記事では、Webセミナーのメリットやコツについてご紹介していくので、ぜひ読んでみてください。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

Web会議システムを用いたWebセミナー(ウェビナー)とは?

現在、ZoomなどWEB会議システムを用いたWEBセミナーを取り入れる企業が増加傾向にありますが、なぜ多くの企業でWEBセミナーが取り入れられたのでしょうか。

その理由は、物理的に直接会うことが困難な状況であっても、WEB会議システムによるWEBセミナーを取り入れることによって、全国各地から誰でも参加することが可能なためです。

それでは、具体的なWEBセミナーの配信方法についてご紹介していきます。

配信方法の種類

WEB会議システムを用いたWEBセミナーは、リアルタイム配信と録画配信の2種類の配信方法で行うことができます。

リアルタイム配信は、緊急性の高い情報共有だったり、リアルセミナーのような臨場感を演出したい場合に効果的です。

その一方、録画配信は、学習すべき内容をパワーポイントなどを用いた資料を使い解説することで、反復学習もできるため、学習コンテンツを作る際に最適です。

従来の会場開催型セミナーとWebセミナーの違い4つ

従来の会場に足を運んで参加するセミナーに対して、Webセミナーの需要が高まっていますが、従来のセミナーとWebセミナーには、どのような違いがあるのでしょうか。

それぞれのセミナーの特徴を照らし合わせてみると、場所を選ばなくていいことに加え、大きく4つの違いがあるので、どんな違いがあるのか順番にご紹介していきます。

会場開催型セミナーとWebセミナーの違い1:コスト

会場開催型セミナーとWebセミナーの違いの1つ目は、会場準備費用などのコスト面が大きく違うことです。

会場開催型セミナーの場合、参加者に対して収容人数を考慮した会場、参加者に配る資料を準備する必要があります。

Webセミナーの場合、動画配信であるため場所を選ぶこともなく、資料も事前にダウンロードしてもらったり、当日に画面共有することが解決できるため、大幅なコストカットが実現できます。

会場開催型セミナーとWebセミナーの違い2:開催の形態

会場開催型セミナーとWebセミナーの違いの2つ目は、セミナー開催の形態が大きく違うことです。

会場開催型セミナーの場合、運営者が用意したセミナー会場に足を運んで参加する必要があることに対して、Webセミナーの場合、オンライン上で完結できます。運営者や参加者に、身体的な負担を軽減できるのもWebセミナーの魅力です。

会場開催型セミナーとWebセミナーの違い3:開催までの準備

会場開催型セミナーとWebセミナーの違いの3つ目は、セミナー開催に向けて準備しなければいけないことの違いです。

会場開催型セミナーの場合、事前に会場を手配しなければいけないことに加えて、資料も人数分印刷する必要があります。

Webセミナーの場合、パソコンやスマホ、タブレットがあれば参加することができ、資料も事前にダウンロードしてもらうことで解決できます。

会場開催型セミナーとWebセミナーの違い4:集客

会場開催型セミナーとWebセミナーの違いの4つ目は、参加者を集客するための方法や参加にかかるコストの違いです。

会場開催型セミナーの場合、実際に会場に足を運ぶ必要があるため、遠方に住んでいる人が参加するためにかかるコストが大きくなります。

Webセミナーの場合、パソコンをはじめ、スマホやタブレットなどの各端末から参加できるため、参加費用以外にコストがかかりません。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

Web会議システムを用いてセミナーを開催するメリット3つ

Web会議システムを用いてセミナーを開催する場合、会場開催型セミナーに対してどういったメリットがあるのでしょうか。

会場開催型セミナーとWebセミナーの特徴を照らし合わせてみると、Webセミナーを開催するメリットは大きく3つあるので、以下で順番に解説していきます。

Webセミナーをするメリット1:スマートフォンや端末で参加可能

Web会議を開催するメリットの1つ目は、スマートフォンやタブレットといった各端末から参加することが可能であることです。

Web会議をZoomを利用して開催するとした場合、セミナー運営者から送られてきたZoom視聴用のURLから、電波状況が良いところであれば、場所を選ぶことなく参加できます。

セミナー中は、講義を聴きながらチャットで質問送信をできるのも魅力の1つです。

Webセミナーをするメリット2:情報が大きくても効率的に伝えられる

Web会議を開催するメリットの2つ目は、シェアしたい情報が大きくても効率的に伝えることが可能なことです。

Web会議では、運営者側のパソコン画面を共有して見せることもできるため、事前にパワーポイントのスライドなどで丁寧なコンテンツを作っておけば、難しいテーマの話であったとしてもスムーズにセミナーを進めていくことができます。

Webセミナーをするメリット3:質疑応答の場が設けられる

Web会議を開催するメリットの3つ目は、チャット機能などを利用した質疑応答の場を設けられることです。

会場開催型セミナーの場合、質疑応答の時間を設けても、挙手制が必須でマイクを届ける手間や時間がかかってしまいます。

Web会議の場合、チャットに質問を書き込んでもらえば、そこから類似した質問などをまとめて回答できるので、スムーズに質疑応答を進めることができます。

Web会議システムを用いてセミナーを開催するための準備

Web会議システムを用いてセミナーを開催するためには、どういった準備をする必要があるのか気になっている方も多いことでしょう。

基本的に、Web会議を開催するためのシステムのダウンロードと資料の準備をしておけば、問題なくWeb会議を実施できます。

その中でもセミナー進行をスムーズに進めるために、わかりやすく丁寧にまとめた資料作りは徹底しておくべきだと言えます。

Webセミナーを行う際のコツ

WebセミナーやWeb会議を取り入れる企業も増えていることで、Web会議を効率的に行う際のコツが気になってる方も多いことでしょう。

WebセミナーやWeb会議をよりよいものにするためには、画面越しでも参加者に満足してもらうための話し方やカメラに映る様子に気を配ることが最大のコツになります。

それでは、Webセミナーを成功させるための話し方やカメラへの映り方について確認しておきましょう。

Webセミナーを行う際のコツ1:話し方

WEBセミナーやWeb会議を行う際のコツの1つ目は、自身の出す世界観に参加者を引き付けるための話し方です。

WebセミナーやWeb会議で意識しないといけないのは、ただ資料を淡々と読んでいるだけの配信になってしまわないようにすることです。

淡々と資料を読み上げているだけでは、参加者も退屈してしまいますし、以後、リピートしてくれなくなるので、自身のエピソードを交えるなど抑揚をつけて話すことがポイントです。

Webセミナーを行う際のコツ2:カメラに映る様子

WebセミナーやWeb会議を行う際のコツの2つ目は、自身がカメラに映る様子に気を配ることです。

Webセミナーの場合、リアルに参加者の顔色をうかがうことができないため、事前に清潔感のある装いや髪型など、カメラに映る自身の様子をチェックしておいた方が、参加者に与える印象も良くなるので、必ず事前に確認しておきましょう。

Web会議システムを用いたセミナーを企画してみよう

Web会議システムを用いたWebセミナーと会場開催型セミナーの違い、Webセミナーのメリットやコツについてご紹介しました。

Webセミナーは、運営者や参加者に対し、色々な面での負担を軽減できるメリットがあるため、今後も需要は高まっていくでしょう。ぜひ積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

[PR]提供:マイナビニュース