土地活用のアイデア14選!広い土地向け・狭い土地向け別に紹介

ホテル・民泊・シェアハウス経営

土地は所有しているだけでは税金や維持費などの出費のタネでしかありません。せっかくならば土地活用をして土地から収益を得られるようにしたいものです。しかし「土地を活用しよう!」と思いついたとしても、土地活用には様々な方法とそれぞれに注意点がありますので、ひとまず足を止めてアイデアを練る時間が必要です。

本記事では、さまざまな土地活用のアイデアを広い土地向け・狭い土地向けに分けて紹介し、土地活用を始める際の注意点も解説します。土地活用の方法はそれぞれの土地が持つ特徴などによって異なります。自分の土地がどのような方法に向いているのか、本記事で紹介するアイデアと照らし合わせながら検討してみてください。

おすすめの土地活用方法をランキング形式で紹介したこちらの記事も合わせてご覧ください。

2023年最新【土地活用おすすめランキングTOP9】診断チャートで迷わず選ぼう!
「相続した手付かずの土地を何とかしたい」「田舎の土地のよい活用方法がわからない」とお悩みではありませんか? 土地を活用する方法は多岐に渡り、土地の状態や自己資金などの条件によっておすすめの活用方法は異なります。 ...

■土地の活用方法に迷っているなら『イエウール土地活用』に相談するのがおすすめ!
  • 悪徳業者を排除して優良企業のみを厳選して掲載!
  • 運営元が上場企業(株式会社Speee)のため、安心!
  • 複数企業からのしつこい営業の心配なし!

\年間10万人が利用するサービスで無料診断/
イエウールでプランを見る

土地活用方法の選び方

どのような事業でも始める時に把握するべきことは概ね共通しています。目的、ニーズ、ルールの3つです。この章ではこれら3つのポイントについて以下の順に紹介していきます。

  • 目的を明確にしてから活用方法を考えよう
  • 土地周辺のニーズに合わせた活用方法を
  • 法規制について確認しよう

これらのポイントは、土地活用を行っていく上で中核となるものです。計画的に手堅く、最適な形で活用するためにも、しっかりと把握しておくようにしましょう。

目的を明確にしてから活用方法を考えよう

まずは土地活用の目的を明確にし、それに合った活用方法を選ぶことが重要です。目的の定まらないままでは迷走したり、後悔することになりかねません。計画段階から将来を見据えて活用方法を考えておくのがおすすめです。

初期投資ひとつとっても、収益は小さくなってもいいから初期投資を抑えたいのか、それとも初期投資がかかってもいいから大きな収益を得たいのか、どちらを選択するかで方向性が大きく変わってきます。また、将来的には土地に自宅を建てたい、あるいは別の活用方法で運用したいと考えている場合には、転用が容易な活用方法を選ぶと良いでしょう。そうでないと大規模な構造物を建設したせいで解体費用がかさみ、転用ができなくなってしまったと後悔することになりかねません。

土地周辺のニーズに合わせた活用方法を

事業は顧客がいてはじめて成立しますが、土地活用も同じです。自分が所有している土地の周囲にはどのようなニーズがあるのかをしっかりと調査しましょう。

例えば、仮に交通量の少ない場所にコインパーキングを設置しても利用を見込むことができません。コインパーキングは交通量の多いエリアで高い収益を得られるため、駅に近い土地に向いている土地活用の方法と言えます。アパート経営に向いた立地か、駐車場を作って需要は見込めるかなど、土地周辺のニーズに合った活用方法を検討しましょう。

法規制について確認しよう

自分が所有している土地に建物は建てられるかどうかなど、事前の慎重な調査が大切です。土地に関する法律や条例を調べるとさまざまな規制があることがわかります。

例えば、所有している土地の地目が「農地」だった場合は、農業以外に使用することは極めて難しいのが現状です。都市計画などの規制により、その土地の活用方法が限られることは少なくありません。

土地利用の規制については、次の記事もご覧ください。

市街化調整区域の土地は売れない?理由と売却のポイントを解説!
「相続した土地が、市街化調整区域のためなかなか買い手が現れない」「不動産会社から市街化調整区域だから売れにくいと言われた」このように、市街化調整区域の土地を持て余している方もいるのではないでしょうか。市街化調整区域の土地は売れないということ
用途地域ごとの制限を一覧で紹介!理想の土地を見つけて家を建てる!
土地の購入を検討する際に、実際にどのような土地を選べば良いのか分からず悩むことはありませんか。住みやすく健全な街づくりを行うために、用途地域の指定は重要な役割を果たしていますが、用途地域の制限が気になり、自由に土地を選ぶことができず土地の購

広い土地に向いた土地活用のアイデア7選

この章では、広い土地に向いた土地活用の方法を7つ紹介していきます。

  • マンション・アパート経営
  • トランクルーム経営
  • 月極駐車場経営
  • 高齢者福祉施設経営
  • ホテル経営
  • 医療施設経営
  • 貸し農園

それぞれに、多くの集客が必要なもの、建築物を建てる必要があるもの、大掛かりな施設は不要なものなど特色があります。自分にとって最適なものかを、目的やニーズに基づいて考えていきましょう。

1.マンション・アパート経営

マンションやアパートを土地に建てて、入居者から家賃収入を得る活用方法です。土地にそれなりのサイズの集合住宅を建築することになるため、初期費用・ランニングコスト共にかなりの額となりますが、しっかりと入居者が集まれば高い収益が見込めます

高いリターンは魅力的ですが、リスクについても把握しておくことが大切です。空室が多ければ多いほど利益率は低下しますし、時には家賃を滞納してしまう入居者が現れることがあります。また、初期費用が高いためローンを利用するケースがほとんどですが、金額が大きくなるほど金融機関の審査も厳しくなります。こういったリスクを踏まえた上で、赤字にならない利回りを確保できるかどうかがマンション・アパート経営を選択するポイントです。

所有している土地の周辺地域に住宅需要があるかどうか、交通機関や生活必需品の購入できる店舗との距離はどの程度か、集合住宅に求められるニーズを満たせるかなどを調査してから、マンション・アパート経営を始めるか決断しましょう。

マンション・アパート経営については以下の記事もおすすめです。

マンション経営は利回りの計算が大事!経営に失敗しないコツも解説
「利回り」という言葉を聞いたことはありませんか?「聞いたことはあるけれど、どういう意味かわからない」「高ければ高いほど儲かるのでは」など、経営や投資に詳しくなければ、具体的に理解していない方は多いと思います。 利回りとは簡単にいうと、...
アパート経営・建築でおすすめ会社ランキング!会社選びのポイントも
資産運用でアパート経営を始めようと考えているけれど、パートナーとなる会社(ハウスメーカー・工務店・賃貸管理会社)をどう選んだらいいのか悩んでいませんか?アパート経営を成功させるなら、アパート経営のノウハウを備えている会社、そして理想の経営ス...

2.トランクルーム経営

トランクルームを設置して、その使用料で利益を得る活用方法です。利用者が家に置ききれない、あるいは置きたくない荷物をトランクに収納するサービスです。

トランクルームの設置は簡単で、建築物を建てるような活用方法と比べても初期費用・ランニングコスト共に安価で、転用も容易です。郊外の土地であっても需要があるため、住宅ニーズや交通量が少ない土地であっても、トランクルームであれば活用しやすいと言えるでしょう。将来的に家を建てたい、あるいは別の活用方法に用いたい場合に、「つなぎ」として運用することにも向いています

ただし、収益性が低い点はデメリットと言えます。高い利益は見込めないため、土地活用で思い切り収入を得たいという目的を持つ人は他の活用方法を選ぶと良いでしょう。

トランクルーム経営については以下の記事もおすすめです。

貸倉庫経営とは?経営形態・始め方など基礎から成功法まで総ざらい!
土地活用を検討しているものの、「初期費用があまり用意できない」「初めての経営で不安が大きい」とお悩みではありませんか?初めての土地活用なら、初期費用を抑えられ、管理を専門家に委託することができる貸倉庫経営がおすすめです。 貸倉庫経営は...
トランクルーム経営で土地活用はおすすめ?メリデメや始める流れとは
相続などで土地を取得したため、土地活用の中でも比較的手軽に始められるトランクルーム経営を検討する人は多いでしょう。しかし詳細を知らないで挑戦しても、期待していたほど儲からなかったり、経営が軌道にのらず赤字になったりするリスクもあります。 ...

3.月極駐車場経営

土地を整備して駐車場として貸し出す方法です。月極(つきぎめ)駐車場の名前の通り、月単位で借りられる駐車場で、契約者が居れば安定して収入を得ることができます。また、初期費用の少なさも活用方法の中では屈指で、トランクルームと同様、土地を遊ばせずひとまず活用しようと考えている人に向いている方法です。

しかし、この活用方法もマンション・アパート経営などの大掛かりなものと比べれば、そこまで利益が得られるものではありません節税効果も薄いです。駐車場のニーズが無いエリアに設置しても契約者を得られないため、土地周囲のニーズは見定めた上で経営に乗り出す必要があります。

駐車場経営については以下の記事でも解説しています。興味のある方はぜひご覧ください。

ローリスクな土地活用方法の定番!駐車場経営の基礎知識を徹底解説
土地活用の方法は様々ありますが、中でも駐車場経営はローリスクな方法としてあげられます。実際に駐車場経営と聞くと、手間もかけず簡単に経営ができると考える方も多いでしょう。しかし、所有している土地を使い駐車場経営を考えているなら、ぜひ知っておき...

4.高齢者福祉施設経営

現在日本は超高齢化社会に突入しており、老人ホームやデイサービス施設など、高齢者福祉施設へのニーズが高まっています。老後は穏やかな環境で過ごしたいという人は少なくないため、人通りや交通量の少ない土地では高いニーズを得られることが期待できます。補助金や助成金などを利用して初期費用を抑えることも可能です。

一方、一度経営をはじめると簡単にやめるという訳にはいかなくなるため、流動性の低さはデメリットと言えます。高齢者福祉施設経営を始める場合には、これから使う予定の無い土地を選ぶことが重要です。

なお、高齢者福祉施設の経営には、所有者自身が施設を経営する方法と、介護事業者などの経営者に土地・建物を貸し出す方法の2通りがあります。

高齢者福祉施設の経営について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

遊休地で地域社会に貢献!土地活用としてのデイサービス施設を紹介
デイサービスはこれからの高齢化社会においておすすめの土地活用方法です。運営を始める前の不安を解消するため、デイサービスとは何かから、実践するときのデメリットまで解説します。ぜひ参考にして、安定した収入源で余裕のある老後を目指しましょう。

5.ホテル経営

ホテルを経営し、その利益を得る活用方法です。観光やビジネスで宿泊客のニーズがある土地に設置することが重要です。交通量の多い場所や観光地の近い場所に向き、宿泊客を確保できれば高い利益を上げることが期待できるでしょう。

一方、莫大な初期費用がかかることと、簡単に事業を取りやめられない点がホテル経営のデメリットです。今後使う予定の無い土地で、かつ、ニーズのある土地で行う必要があると言えるでしょう。

ホテルも高齢者福祉施設と同様に、自分自身での経営と、経営者に土地・建物を貸し出すという2通りの経営方法があります。

ホテル経営については以下の記事でも解説しています。

土地活用にはホテル経営!向いている土地の特徴や費用・経営方法を解説
「所有している土地を活用し、ホテルを経営したいけどどういう流れなのかわからない」「ホテルで土地活用したいけど素人だから不安」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。土地は所有しているだけで固定資産税などの税金がかかるため、持っていて何もし...

6.医療施設経営

医療施設を建設して貸し出す活用方法です。医療施設は郊外であっても近くに人が住んでいればニーズがあるため、安定した収益を得ることが期待できるだけでなく、地域社会に貢献できる活用方法であると言えます。

ただし、医療という社会にとって重要な役割を担うため、他の活用方法よりも手続きが困難な点は注意しなくてはなりません。また、地域社会の人々の健康を担う責任を負うため、経営を取りやめることも簡単ではありません特に他の用途に使うつもりがなく、長期的に地域で医療を展開できる土地で選ぶ活用方法であると言えるでしょう。

7.貸し農園

農業を始めたいという人に農地として土地を貸し出し、貸し出し料で収入を得る方法です。土地が郊外にあっても需要があることが最大の特徴です。また、所有している土地の地目が「農地」である場合、1年以上耕作されていないと「遊休農地」とみなされて、固定資産税が上がるなど税制上の優遇措置が受けられなくなることから、農地としての使い道に困っていた人におすすめの活用方法であると言えます。

一方、貸し農地の貸出料は1区画あたりの広さや、地域によっても異なりますが、月額5千円~1万円ほどが相場といわれており、収益性が低いことがデメリットです。また、農業委員会などの手続きが必要となるケースもあり、利用者の募集快適に利用してもらうための維持管理が必要な点にも注意する必要があります。

農地の場合の活用法と農地転用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

農地の活用方法には何がある?農地転用や具体的な活用事例も紹介!
相続する予定の農地を活用する方法を探していませんか?農地はそのままでは農業以外の方法で活用することはできませんが、必要書類を揃えて手続きすれば転用することが可能です。また、制限はありますが、農業を続けつつ農地のまま活用できる方法もいくつかあ...

土地活用は上場企業が運営する安心の『イエウール土地活用』がおすすめ!

■イエウール土地活用がおすすめな理由
  • 悪徳業者を排除して優良企業のみを厳選して掲載!
  • 運営元が上場企業(株式会社Speee)のため、安心!
  • 複数企業からのしつこい営業の心配なし!

\年間10万人が利用するサービスで無料診断/
イエウールでプランを見る

狭い土地に向いた土地活用のアイデア7選

一方、狭い土地に向いた土地活用には、次のような7つの方法があります。

  • コインパーキング経営
  • ロッカー付きバイクパーキング経営
  • コインロッカー設置
  • コインランドリー経営
  • 太陽光発電機設置
  • ロードサイン設置
  • 移動販売車置き場

こちらも周辺の環境やニーズによって向き・不向きがあります。自分にとって最適な活用方法を検討する参考にしてください。

1.コインパーキング経営

コインパーキング経営は、時間あたりの料金を設定し、駐車スペースを貸し出す活用方法です。交通量の多い場所に向き、狭い土地や変形地でも活用しやすいことが特徴です。

一方で、収益性や節税の効果はあまり高くありません交通量の多い場所で、安定して収入を得たい場合に向いているのがコインパーキングと言えるでしょう。

コインパーキングについて詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

コインパーキング経営を成功させる4つのコツ!おすすめの運営会社も紹介
「コインパーキングの経営に興味があるけれど知識がなく不安」「コインパーキング経営は儲からないって本当?」など、お悩みではありませんか? コインパーキング経営はメリットの大きい土地活用といわれています。たとえば、マンションやアパートとい...

2.ロッカー付きバイクパーキング経営

バイクパーキングはバイク専用の駐車場で、月極駐車場と似ています。駐車場スペースさえあれば経営可能ですが、バイクパーキングはライダー向けの個人用ロッカーをつけることでさらに需要が高まる傾向があります。また、マンションやアパートなど、バイクを置くスペースの無い住宅の近くでも需要は高く、少ない初期費用で安定した収入を得ることが期待できる点もメリットです。

一方、収益性があまり高くない点がデメリットです。ローリスクでも、安定を求める人におすすめの活用方法と言えます。

3.コインロッカー設置

コインロッカー業者とフランチャイズ契約を行い、コインロッカーを設置する方法もあります。商業施設や駅、バスターミナルといった交通量の多い場所でのニーズは高く、そのようなところに土地を所有している人にはおすすめです。

収益性は高いとは言えませんが、契約条件によっては初期費用が不要な場合もあり、狭い土地でも活用できたり転用も比較的容易であることなども考慮すると、つなぎ的に土地活用をしたい人に向いている方法であると言えるでしょう。

駅前の土地での活用方法については次の記事で詳しく紹介しています。

おすすめの駅前の土地活用を紹介!有効活用するためのポイントも解説
「駅前の土地の税金が高くて困っている」「土地活用を検討しているがどの方法で活用すべきかわからない」このような悩みを抱えていませんか?実は駅前の土地は、その場所の特性に合わせて活用すれば、収益を上げたり節税することも可能です。 この記事...

4.コインランドリー経営

洗濯機や乾燥機を多数設置し、その使用料で収入を得るのがコインランドリー経営です。比較的狭い土地でも可能で、長期的な収益が見込めます。特に住宅地でのニーズは高いと言えます。

ただし、洗濯機などの設備投資が必要で初期費用がかさむ点と、多くの土地所有者に人気の方法であるため競合相手が多いことがデメリットです。

コインランドリーでの活用法について詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

土地活用でコインランドリーを始めたい!成功のために検討すべきこと
土地活用でコインランドリー経営を始めたいが「成功するために必要なことを知ってから進めよう」と考え、この記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。コインランドリーはまとまった初期費用が必要になる一方、工夫次第では経営を成功に導くことも可...

5.太陽光発電機設置

太陽光発電機を設置し、発電した電気を電力会社に売ること(売電)で収入を得る活用方法です。ソーラーパネルに太陽の光が当たりさえすればいいため、狭い土地や商業的ニーズの無い土地でも経営が可能です。地価の影響が無く郊外でも導入できる点は大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、初期費用は安くありません。しかも、売電価格は年々下がっており、日照の変化の影響が受けやすいといったデメリットも存在します。

太陽光発電機設置や売電価格について詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

野立て太陽光発電のメリット・デメリットは?概要や設置費用も解説
野立て太陽光発電はさまざまな制度を利用するほか、デメリットがあることも事実です。準備不足のまま始めてしまうと、後悔してしまうかもしれません。本記事では、野立て太陽光発電のメリット・デメリット、初期費用やよくある疑問についてご紹介します。
【2021~2022】太陽光発電の買取価格は?卒FIT後の対策も解説
太陽光発電を導入している方や検討中の方は、現在の買取価格やFITの対策について気になる方も多いはずです。本記事では、太陽光発電の買取価格の最新動向をこれまでの推移と共に解説します。あわせてFIT制度の対策についてもご紹介します。

6.ロードサイン設置

ロードサインとは、企業や商業施設・店舗などが集客のために立てる看板のことです。ロードサイン設置の専門業者に土地を貸し出し、その使用料で収入を得ます。

通行人の目に付く場所に設置するだけなので、初期費用も要らず、手間もかかりません。しかし、利益は年間1万円~10万円ほどと収益性が低い点には注意が必要です。

7.移動販売車置き場

街中やオフィス街、学校近くにある狭い土地なら、移動販売車置き場として貸し出すのもおすすめです。

特にキッチンカーはコロナ禍でランチでの需要が高まっているため、立地によってはコインパーキングよりも収益性が高くなることが期待できます。

土地活用を始める際の注意点

土地の活用では多かれ少なかれ、まとまった数のお金が動きます。そういった状況で損をしないためには、様々な点に意識を払わなくてはなりません。この章では、土地活用を始める際の注意点を3つピックアップして紹介します。

  • リスクについて考えよう
  • 利回りについて考えよう
  • 自分に合った方法で土地活用をしよう

リスクについて考えよう

どんな土地活用にもリスクは伴うものです。賃貸サービスであれば入居者トラブル家賃の延滞トラブルが、人や車などから音が出る事業であれば騒音トラブルが、人が集まるる事業であれば近隣住民とのトラブルが発生する可能性があります。トラブルに対応できる資金的・人的なリソースが無く放置してしまうと、ゆくゆくは経営が行き詰まる恐れも出てくるでしょう。

それぞれの土地活用の方法のデメリットやリスクを十分に理解した上で、リスクの回避策・対応策を講じながら土地活用をすることが大切です。

以下の記事では失敗事例ついて取り上げています。ぜひご覧になってリスクについて考えてみてください。

土地活用の失敗事例を17個解説!成功につながるコツや相談先とは
「相続した土地を活かしたい」「でも土地活用で失敗したくない」と、土地活用の方法に悩んでいませんか。 土地活用を考える際に、まずは失敗例から学んでいくことで、自分が行いたい土地活用方法のリスクや、失敗を回避する方法を効率的に理解できます...

利回りについて考えよう

利回りがどれくらいになるかを計算して運用していくことは大事です。一般的に出費が増えるほど収入が大きくなる傾向があるため、経営をはじめる際にはどれだけのお金が必要かを把握しておく必要があります。

念願の経営をはじめたは良いが、赤字になってしまったということのないように、収支計画は入念に組み立てましょう。

自分に合った方法で土地活用をしよう

やりたい活用方法を選ぶよりも、自分に合った活用方法を選ぶ方が重要です。土地ごとの特色や目的はもちろん、自分で管理できる活用方法かどうかがカギになります。

例えばマンション経営をする場合には、完全に自分だけで経営を行うか、管理会社に委託を行うかといった選択肢があります。その事業の専門家に経営を任せることで、自己経営の負担は大幅に減らせ、まだノウハウがない状態でも収入を得ることができます。しかし、別の事業者が関与すると、自分の手元に入る収入は減るということになります。

土地活用の事業をはじめるには、各分野についての一定の専門的な知識が必要です。自分が事業に投入できる労力や時間がどのくらいかを推し量り、自分にできる範囲で、無理なく土地活用を行いましょう

土地活用について専門家に相談をしたいという方は以下の記事で相談先を検討して下さい。

土地活用したい方必見!4つの相談先を目的やプランに合わせてご紹介
土地活用をして資産を増やしたいと考えていませんか。今まで土地活用をしたことがない場合、その方法だけではなく、土地活用の目的を決めるための相談先と目的別の相談先は異なるため、それぞれについて理解を深めておかなければ、スムーズに土地活用を進めら...
土地活用コンサルタント選び方とメリット4選!依頼できる内容も解説
「土地を何かしらの方法で活用したいけれども、やり方がわからない」と困っていませんか。 土地活用方法について知りたい場合は、土地活用コンサルタントというその道のプロに相談することをおすすめします。土地活用コンサルタントは、土地に合ったプ...

まとめ

土地活用の方法は多種多様です。土地の大きさ、周辺地域との関係性、リスクとリターンの関係性、それぞれが異なる活用方法を自分の目的と土地のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

やりたいと思うだけでは事業は成功しません。リスクや利回りに対するバランス感覚を持ち、自分に無理のない活用方法を選び、確実に土地活用を成功させましょう。

また、活用を成功させるには、相性の良い土地活用の専門会社を選ぶことが大切です。以下の記事でおすすめの土地活用会社をまとめているので、ぜひあわせてご覧ください。

【2023年最新】土地活用の会社を9社紹介!迷ったらプラン一括請求が◎専門家監修記事
「土地をうまく活用したいけど、どこに相談すればいいかわからない」「土地活用を任せられる会社にはどこがあるんだろう」とお悩みではありませんか。 土地を活用して収益化するには、活用方法に合わせたパートナー企業を探して依頼するのが一般的です...

土地活用は上場企業が運営する『イエウール土地活用』がおすすめ!

イエウール土地活用は、上場企業の株式会社Speeeが運営する土地活用プランを一括請求できるサービスです。大手ならではのサポートが強みで、初めての土地活用におすすめです。 また、イエウールに登録できる業者は優良企業のみに厳選しており、利用者からのクレームが多い悪徳業者を排除しているので安心して利用できます。 さらに、しつこい営業電話もかかってこないので、自分が気になった企業とだけやりとりができるのも使いやすいポイントです。
■イエウール土地活用がおすすめな理由
  • 悪徳業者を排除して優良企業のみを厳選して掲載!
  • 運営元が上場企業(株式会社Speee)のため、安心!
  • 複数企業からのしつこい営業の心配なし!

\年間10万人が利用するサービスで無料診断/
イエウールでプランを見る

 

タイトルとURLをコピーしました