倉庫管理システム(Warehouse Management System)とは、その名の通り、倉庫にある商品を管理するためのシステムです。この記事では、倉庫管理システムを比較しつつそれぞれの特徴を解説します。倉庫管理システムの機能説明や製品選定のポイントについても触れているため、ぜひ最後までご覧ください。

倉庫管理システム(WMS)とは

倉庫管理システムは、倉庫内の商品を管理することで、人員配置の適正化など倉庫内業務を効率化する機能を備えています。例えば出荷のために複数の商品を探す場合、もっとも効率のいい動線で商品を取り出せるようにする機能などはその一例です。倉庫管理には、倉庫内の在庫管理も含まれます。

似た業務システムには在庫管理システムがあります。在庫管理ステムは商品の入荷から出荷までの「在庫」を管理するシステムです。倉庫管理と在庫管理は密接に関係するため、別々の業務システムを利用する場合は、両システムの連携がスムーズな製品を選ぶようにしましょう。

資料請求をする(無料)≫

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

倉庫管理システム(WMS)の機能6つ

倉庫管理システム(WMS)の基本的な機能と、業界や業態、倉庫管理の規模によってあると便利な機能を合わせて6機能紹介します。

機能名 概要
検品処理 入荷や出荷のタイミングで行う検品処理。ハンディターミナルを使って入出荷検品を行うこと作業の効率化ができます。
返品管理 返品された商品を在庫の差異なく管理することで在庫の無駄を抑制する機能です。倉庫管理システムの機能の中でも重要です。
期限管理 消費期限や賞味期限を管理する機能です。受け入れ先の基準に満たない消費期限や賞味期限の商品を送付しないようにチェックします。
ロット管理 ロット管理とは、同一条件のもと生産された最小単位であるロットについて、製造から出荷まで管理する機能です。
複数倉庫対応 複数倉庫や複数拠点の倉庫を1システムで管理できる機能です。一括管理できるため、より効率的な倉庫管理が可能となります。
複数荷主対応 倉庫内に複数の荷主がいても1システムで管理できる機能です。本機能に対応していないと、荷主単位に倉庫管理システムを導入しなければならず、コスト面での負担が大きくなります。

倉庫管理システムを適用する業態や規模によって、これらの機能があるかどうかを確認しましょう。

倉庫管理システム(WMS)選定のポイント4つ

倉庫管理システム(WMS)を選定する際に確認したいポイントを4つ解説します。

1、提供形態で選ぶ

主な提供形態は、オンプレミス・パッケージソフト・クラウドの3種類です。オンプレミスは自社に合わせたカスタマイズが可能です。パッケージソフトは、サーバーにインストールすればそのまま利用できます。クラウドは社内にシステムを構築する必要がなく、手軽に導入できます。

2、対象規模や業種、業界を確認

例えば、複数拠点の倉庫を一元管理したい場合は、複数倉庫に対応している製品を選ぶ必要があります。食品のように消費期限・賞味期限のある商品を扱う場合は、これらの期限を管理する機能が必要でしょう。また、業態・業界特化型の製品もあるので、自社の倉庫管理にマッチした製品を選んでください。

3、在庫管理システムや販売管理システムとの連携を確認

倉庫管理システムは、在庫管理システムや販売管理システムと密接な関係があるシステムです。すでに在庫管理システムや販売管理システムを導入している場合は、スムーズに連携できるかを確認しましょう。

4、サポートの有無

倉庫管理の現場で働いている人が倉庫管理システムに慣れるには時間がかかります。導入してしばらくの間は、サポートがあると安心です。導入時のサポートが必要と感じる場合は、サポート体制が充実している製品を選びましょう。

倉庫管理システム(WMS)15選を徹底比較!

物流会社ならではの機能とサポート体制「クラウドトーマス」
株式会社関通

POINT
  • 参考価格:5アカウントまで月額75,000円、追加1アカウントごとに月額5,000円、導入支援サービス200,000円、大規模センター向けプラン、ハンディターミナル、物流コンサルなどは別途問い合わせ
  • 提供形態:クラウド / その他 / ハードウェア / SaaS / ASP / サービス
  • 対象従業員規模:全ての規模に対応
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「クラウドトーマス」は、低コストで導入可能なクラウド型の倉庫管理システムです。物流会社が開発したシステムで、倉庫業務で必要となる機能は網羅しており、どのような業界でも導入できる汎用タイプでもあります。

物流会社ならではの機能が豊富で、音や色などによる通知やハンズフリーでの作業、物流ロボット・外部システムなどとの連携も多数の実績があります。

倉庫内業務では必須となるハンディターミナルや、導入支援・物流全体のコンサルも用意。倉庫業務をこれから始めるという会社へのバックアップサービスが手厚いことも大きな特徴です。


多彩な業種特化機能も搭載した汎用型「W-KEEPER」
三谷コンピュータ株式会社

POINT
  • 参考価格:クラウド版初期費用500,000円、月額80,000円~、オンプレミス版5,000,000円
  • 提供形態:SaaS / ASP、パッケージソフト / オンプレミス
  • 対象従業員規模:クラウド版50名以上、オンプレミス版50名以上 5,000名未満
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「W-KEEPER」は、短納期・低価格での導入が可能な倉庫管理システムです。複数倉庫や複数荷主など複雑な倉庫管理も可能で、アパレル・通販・食品・卸・製造業など、業種特有の機能も搭載した汎用タイプでもあります。クラウド版とオンプレミス版どちらもあるので、自社に合った提供形態を選択可能です。

情報の可視化やグローバル対応、5種類の汎用KEYなどの汎用性・拡張性を持たせるなど機能豊富。汎用KEYは使い方次第で、自社によりフィットしたシステムとして使えます。


複数拠点を一括管理する倉庫管理「W3 SIRIUS」
株式会社ダイアログ

POINT
  • 参考価格:別途問い合わせ
  • 提供形態:クラウド / SaaS
  • 対象従業員規模:全ての規模に対応
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

クラウド型在庫・倉庫管理システムの「W3 SIRIUS」。独自のユニットシステムで複数拠点の倉庫・在庫を一括管理できるシステムです。汎用タイプで、多彩な業種・業態特化の機能も標準搭載。さらに、BtoB(卸業)やBtoC(通販)どちらにも対応しています。

プログラムレスでの画面・設定変更ができ、多言語対応も可能です。対応端末はハンディターミナル、ハンズフリーのウェアラブルデバイス、スマートフォンなど、自社に合った端末を選べます。クラウド型なので、自社内にシステムを持つ必要はなく、すぐに導入できる点も魅力です。


導入から稼働までトータルサポート「ONEsLOGI/WMS シリーズ」
日立物流ソフトウェア株式会社

POINT
  • 参考価格: Cloudサービス・初期費用(1荷主1拠点)400,000円~、パブリッククラウド版・従量課金制の場合月5,000明細まで月額50,000円~、定額制の場合月額200,000円、プライベートクラウド版などその他詳細は別途問い合わせ、オンプレミス版は別途問い合わせ
  • 提供形態:クラウド / オンプレミス / パッケージソフト
  • 対象従業員規模:Cloudサービス10名以上、オンプレミス100名以上
  • 対象売上規模:Cloudサービス10億円以上、オンプレミス50億円以上
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「ONEsLOGI/WMS」シリーズは、物流会社としてのノウハウを活かした物流センター管理システムです。オンプレミス版「ONEsLOGI/WMS」と、クラウド版「ONEsLOGI/WMS Cloudサービス」を用意しており、クラウド版はより小規模な企業から利用できます

汎用タイプの倉庫管理システムなので、どのような業種業態も対応しています。導入から運用までトータルにサポートを受けられる点も、本製品の強みです。

BtoBとBtoCが混在した倉庫管理や、担当者単位での多言語対応(日本語・英語・中国語)も可能。Web API基盤経由で基幹系システムとの連携などにも対応。複数倉庫・複数荷主にも対応しています


日用品・生活雑貨特化型の倉庫管理システム「LIFE-Vision」
株式会社東計電算

POINT
  • 参考価格:別途問い合わせ
  • 提供形態:クラウド / パッケージソフト / ASP
  • 対象従業員規模:全ての規模に対応
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「LIFE-Vision」は、ドラッグストアやホームセンター・ディスカウントストアの倉庫管理に便利な機能を揃えた倉庫管理システムです。

例えば、出荷頻度の高さや立体的な導線を考えたピッキング導線設定機能によって、ピッキング作業の効率化が図れます。1ロケーションに複数製品を集約して保管効率を向上するフリーロケーション機能や、ピース出荷用とケース出荷用の場所を別々に管理するダブルトランザクションも便利です。

日用品や生活雑貨を扱う量販店や専門店で倉庫管理システムの導入を検討している場合は、候補の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。


中堅~大手企業向けの汎用タイプ「SLIMS」
株式会社セイノー情報サービス

POINT
  • 参考価格:クラウドサービススタンダード・初期費用(業務指導含む)400,000円、基本料金(1倉庫1寄託者)月額49,800円(倉庫や寄託者の追加は別途問い合わせ)、クラウドサービスのプロフェッショナルプランやオンプレミス版の価格は別途問い合わせ
  • 提供形態:オンプレミス / クラウド
  • 対象従業員規模:100名以上
  • 対象売上規模:100億円以上
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「SLIMS」は、業種問わず導入可能な汎用タイプの倉庫管理システムです。オンプレミスとクラウド、どちらの提供形態も用意しているため、自社に合った提供形態が選べます。

様々な出荷要求に対応するロケーション管理やピッキング管理、ハンディターミナルを使った誤出荷の低減などに対応。リアルタイムな在庫管理と総合的な物流センター管理をサポートします。

また導入時の初期費用には、物流業界の知識豊富なコンサルタントの業務指導も含まれ、導入までしっかりサポートを受けられる点も本製品の魅力です。


IoT重量計で在庫管理と発注作業を自動化「SmartMat Cloud」
株式会社スマートショッピング

POINT
  • 参考価格:スターター20プラン(20台)・導入プレミアムサポート150,000円、1台あたり月額1,250円(1年契約)初年度トータル金額450,000円より3Xラージ1,000プランまで6プランあり
  • 提供形態:アプライアンス / クラウド / ハードウェア / SaaS
  • 対象従業員規模:全ての規模に対応
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:検品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

在庫専用のIoT重量計で在庫管理と発注作業を自動化する「SmartMat Cloud」。IoT重量計のスマートマットのサイズはA3、A4、A5の3種類。複数枚を利用することで重量のある製品の計測も可能です。

スマートマットクラウドソフトはクラウドサービスとして提供されており、マルチデバイスで動作します。ロット管理や期限管理などはソフトで確認。一定以上の量が減ったことを検知したら、自動的に発注する機能も備えています。

ただし、倉庫内の作業を効率化するピッキング管理などの機能は備わっていません。他の倉庫管理システムと併用することで、倉庫管理業務を効率化できる製品です。


コストを抑えつつ自社にマッチしたシステムにできる「ZIZAIA WMS」
株式会社インフォセンス

POINT
  • 参考価格:標準パッケージ・企業ライセンス5,000,000円~
  • 提供形態:パッケージソフト / オンプレミス
  • 対象従業員規模:100名以上
  • 対象売上規模:100億円以上
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「ZIZAIA(ジザイア) WMS」は、可変型の標準パッケージとして提供される倉庫感ありシステムです。可変型のパッケージとして標準機能を取捨選択し、自社の業種や業態に合わせたパッケージとして導入できる点が大きな特徴。無駄な機能を捨てて必要な機能を追加するため、機能も費用も無駄が発生せずリーズナブルです。

費用には、現状調査・分析からシステムの導入~運用に至るまでのサポートも含まれています。業務領域のサポートもオプションで選択可能。サポートを受けながらシステムを導入できる点も本製品を選択するメリットです。


資料請求をする(無料)≫

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

QRコードを読み取るだけで簡単管理「iWacs」
北港情報サービス株式会社

POINT
  • 参考価格:基本パッケージ4,200,000円(税込)、導入コンサルタント500,000円、ハンディターミナル別途
  • 提供形態:パッケージソフト、その他
  • 対象従業員規模:全ての規模に対応
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:複数倉庫対応、複数荷主対応

「iWacs」は、パッケージソフト+ハンディターミナルを利用した倉庫管理システムです。倉庫の作業はハンディターミナルでQRコードを読み取りながら行い、倉庫内の管理はWebブラウザベースのシステムで行うため、クライアントパソコンへソフトをインストールする必要はありません。

QRコードのない製品についてはシステムからQRコード付きの製品ラベルを印字・貼付することで対応可能です。複数倉庫対応、複数荷主対応も標準で対応できます。対応機能は限られているため、シンプルな倉庫管理システムをお探しの場合に適した製品です。


製造業特化型の倉庫管理システム「HYPERSOL WMS 倉庫管理システム」
三菱電機ITソリューションズ株式会社

POINT
  • 参考価格:3,500,000円~
  • 提供形態:オンプレミス / パッケージソフト
  • 対象従業員規模:10名以上
  • 対象売上規模:10億円以上
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応

「HYPERSOL WMS 倉庫管理システム」は、「検品の達人」の後継で、製造業特化型の倉庫管理システムです。パッケージソフトですが、システム化したい業務のみ選んで導入することもできるため初期導入コストを抑えることもできます。

入出庫管理から倉庫内の在庫管理までをトータルサポート。製造業特有のロット管理や、スペースを有効活用するフリーロケーション機能などを提供しています。上位システム連携マッピング機能やCSVデータ連携などが搭載されているため、上位システムとのスムーズな連携が可能です。


量販店・食品製造業向けの倉庫管理システム「Super-Vision」
株式会社東計電算

POINT
  • 参考価格:別途問い合わせ
  • 提供形態:クラウド / パッケージソフト / ASP
  • 対象従業員規模:全ての規模に対応
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:検品処理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「Super-Vision」は、衣食住に関連する量販店や食品製造業向けの倉庫管理システムです。

衣料関連に求められる「品番・カラー・サイズ」などを細かく管理する機能、食品関連で必要となる鮮度や賞味期限・温度・不定量対応など必要な機能を提供。カスタマイズをしなくてもいいように、必要な機能を網羅しています。

またオプションでTC システム(※)との組み合わせにより、荷主から店舗までの総合物流管理も可能です。
※TC システム:トランスファーセンター。通過型の物流センターのこと。


国内複数拠点対象の総合物流管理システム「LMS」
株式会社セイノー情報サービス

POINT
  • 参考価格:別途問い合わせ
  • 提供形態:オンプレミス / クラウド
  • 対象従業員規模:100名以上
  • 対象売上規模:100億円以上
  • 対象機能:複数倉庫対応、複数荷主対応

「LMS」は、物流プランニングから物流オペレーションまでを含んだ総合物流管理システム(ロジスティクスマネージメントシステム)です。

本製品は国内複数拠点を対象としていますが、国際物流向けには「LMS-GLOBAL」という製品も用意しています。本製品の目的は、国内の各拠点に点在する物流情報を一元化し、分散していることによる無駄を省くことです。

ただ、倉庫業務を効率化する機能はないため、倉庫業務自体の効率化も求める場合は、他製品との組み合わせも検討しましょう。


国際物流向けの倉庫管理システム「LMS-GLOBAL」
株式会社セイノー情報サービス

POINT
  • 参考価格:別途問い合わせ
  • 提供形態:オンプレミス / SaaS
  • 対象従業員規模:500名以上
  • 対象売上規模:500億円以上
  • 対象機能:複数倉庫対応、複数荷主対応

「LMS-GLOBAL」は、複雑な国際物流の流れを一元管理することで業務効率化を目指す、グローバル統合物流管理システムです。先ほど解説した「LMS」の関連製品となります。

輸出入業務では、在庫やイベントステータス、物流コストの管理が複雑化します。本製品は、これらの情報およびドキュメントを一元管理。情報を可視化して、国際物流業務を効率的に進められるようサポートします。

国際物流の複雑さに困っている中堅~大企業は、本システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


医療・医薬品業界特化型の物流管理システム「Medical-Vision」
株式会社東計電算

POINT
  • 参考価格:別途問い合わせ
  • 提供形態:クラウド / パッケージソフト / ASP
  • 対象従業員規模:全ての規模に対応
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「Medical-Vision」は、医療・医薬品業界に特化した機能を多く搭載している物流管理システムです。倉庫管理業務に必要な機能は全て搭載しており、複数倉庫・複数荷主にも対応しています。

製造ロット管理はきめ細かく情報を保持でき、最終ロットチェック機能では、入荷業務と出荷業務で製造ロットの逆転を防ぎます。また、ロットごとの検査判定やピッキング単位のフレキシブル化なども可能です。

医療・医薬品業界の倉庫管理を検討している場合は、本製品を検討してみてください。


倉庫管理に必要な機能を満遍なく提供「Connected Linc」
株式会社コネクテッド

POINT
  • 参考価格:初期費用200,000円、クラウド・エントリー版月額29,500円、その他は別途問い合わせ
  • 提供形態:オンプレミス / クラウド / パッケージソフト / ASP
  • 対象従業員規模:全ての規模に対応
  • 対象売上規模:全ての規模に対応
  • 対象機能:検品処理、返品管理、期限管理、ロット管理、複数倉庫対応、複数荷主対応

「Connected Linc」は、倉庫管理に必要な機能をフル装備した倉庫管理システムです。提供形態が複数あるため、自社に合った提供形態を選べます。

他の社内システムとはデータ連携できるので、情報を入力し直す手間はありません。倉庫の状態は一元管理されたデータとなるため、作業進捗やKPIとして再利用できます。倉庫業務を効率化し、作業実績情報を再利用を考えている場合に検討したい製品です。

倉庫管理システム(WMS)で倉庫内作業を効率化しよう

倉庫管理システム(WMS)を導入することで、倉庫内の作業効率は格段にアップします。利用する倉庫の数や業態・業界によってあると便利な機能も異なるので、自社にマッチした製品を選びましょう。製品選定の参考として、ぜひ以下から入手できる製品の資料もご活用ください。

資料請求をする(無料)≫

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。