マイナビニュース | テクノロジー | 医療/バイオ

関連キーワード

イチオシ記事

再生医療応用に期待 - TMDU、複数の細胞を積層化して移植する技術を開発

東京医科歯科大学(TMDU)は9月14日、光リソグラフィ技術を用いて、ガラス基板上の細胞を無細胞化した羊膜上に転写し、さらにその上に異なる種類の細胞を積層して培養し、マウス骨欠損モデルにおける欠損部に移植することで、組織が再生できることを確認したと発表した。

[18:48 9/14]

新着記事

一覧

東大とキュア・アップ、非アルコール性脂肪肝専用治療アプリの臨床研究開始

東京大学(東大)とキュア・アップは9月29日、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)専用の治療アプリを用いた臨床研究を開始すると発表した。

[15:20 9/30]

アジレント、新しいマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置を発表

アジレント・テクノロジー(アジレント)は9月30日、マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置(MP-AES)「Agilent 4210 MP-AES」を発表した。

[13:24 9/30]

新着記事

一覧

神経シナプスの情報伝達効率を増強させる新しいメカニズム発見 - 米研究所

米マックス・プランク・フロリダ神経科学研究所は9月29日、学習・記憶に重要な分子である神経栄養因子BDNFとその受容体TrkBの活性を、生きた神経の単一のシナプスにおいて可視化することに成功し、BDNFとTrkBが神経シナプスの情報伝達効率を増強させる新しいメカニズムを発見したと発表した。

[08:00 9/30]

心不全の新たな発症メカニズムを解明し、新規遺伝子治療法を開発 - 熊本大

熊本大学は9月28日、老化した細胞やさまざまなストレスを受けた細胞から過剰に分泌されるタンパク質「アンジオポエチン様タンパク質2(ANGPTL2)」が、心筋細胞内のカルシウム濃度調節やエネルギー産生機能を減弱させることで心筋の収縮力低下を引き起こし、心不全の発症・進展を促進することを明らかにしたと発表した。

[14:35 9/29]

【特別企画】クラウドコンピュータ利用で医療・創薬はどう変わる? 大規模解析・最適設計のカンファレンス開催

さまざまな分野で活用されているビッグデータは、医療・創薬界でも注目を集めている。今年4月には政府が新薬開発を効率化するために、患者のデータを収集しやすくする仕組みづくりに乗り出すことを表明している。また、京都大学大学院医学研究科の奥野恭史教授をリーダーとしたIT創薬プロジェクトも進んでいる。HPC(スーパーコンピュータ)を駆使して膨大なデータを扱うこのプロジェクトを、インフラ面で支えているのがヴァイナスだ。

[09:00 9/29]

ヘルパーT細胞の分化にはプロテインキナーゼDが必須 - 九大発表

九州大学(九大)は9月27日、プロテインキナーゼD(PKD)がヘルパーT細胞の分化に必須の分子であることを発見したと発表した。

[12:14 9/28]

東北大、血行状態をモニタリングする"魔法の鏡"を開発

東北大学は9月27日、血行状態モニタリング装置「魔法の鏡」の開発に成功したと発表した。

[08:00 9/28]

がん幹細胞は血管の細胞へ分化して腫瘍内で血管系を形成する - 岡山大発表

岡山大学は9月26日、がん幹細胞が血管の細胞へ分化して腫瘍内で血管系を形成することを証明したと発表した。

[16:23 9/27]

九大など、おたふくかぜの原因ウイルスの受容体構造を解明

九州大学(九大)などは9月27日、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルスであるムンプスウイルスがヒトに感染するために利用する受容体の構造を解明し、ウイルス糖タンパク質と結合した状態を原子レベルの分解能で可視化することに成功したと発表した。

[10:15 9/27]

オーストラリアの医療研究の中心地メルボルンで建設中の新しい研究機関とは

英国エコノミスト誌が発表している「世界でもっとも住みやすい都市ランキング」に6年連続で1位に選ばれているオーストラリア・ビクトリア州の州都メルボルン。実は、世界的な医療研究開発の中心地でもある。

[08:00 9/27]

東芝と量研機構、重粒子線がん治療装置向け腫瘍追跡技術 - 画像認識を利用

東芝と量子科学技術研究開発機構(量研機構)は9月26日、重粒子線がん治療装置向けの腫瘍追跡技術を開発したと発表した。

[15:13 9/26]

慶大、iPS細胞幹を用いた移植治療における腫瘍化を予防する方法を開発

慶應義塾大学(慶大)は9月23日、脊髄損傷に対するヒトiPS細胞由来神経幹細胞移植治療における最大の課題であった移植細胞の腫瘍化を予防する方法を開発したと発表した。

[11:33 9/26]

トムソン・ロイター、ノーベル賞有力候補24名を発表 - 日本人は3名選出

トムソン・ロイターは9月21日、近い将来ノーベル賞を受賞する可能性の高い研究者が選出される「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を発表した。

[17:20 9/21]

理研、ノックアウトマウスの表現型データ115万件をRDFで公開

理化学研究所(理研)は9月20日、国際連携を通じて解析された各遺伝子の機能をノックアウトしたマウスの表現型データ115万件を、Webの国際標準規格に沿ったRDF(Resource Description Framework)データとして全世界に発信したことを発表した。

[16:05 9/21]

クマムシ固有の新規タンパク質がヒト培養細胞の放射線耐性を向上 - 東大

東京大学(東大)などは9月21日、クマムシのなかでも極限的な環境に高い耐性を持つヨコヅナクマムシのゲノムを解読し、そのなかにコードされたクマムシ固有の新規タンパク質のひとつがヒト培養細胞の放射線耐性を向上させることを発見したと発表した。

[08:00 9/21]

研究者の半数以上は「独学」で画像処理している - アドビ・LPixelが共同調査

アドビ システムズと東大発の画像解析ベンチャー「LPixel(エルピクセル)」は、画像を活用することが多い教員や研究者を対象として、画像処理に関する調査を実施。その結果をAdobe Creative Station Blog上にて、インフォグラフィックとして発表した。

[18:04 9/16]

iPS細胞由来の網膜細胞を他家移植しても拒絶反応が起こらないサル - 理研

理化学研究所(理研)は9月16日、iPS細胞から網膜色素上皮細胞(RPE細胞)を分化・誘導し、それらを用いてサルとヒトの免疫拒絶反応モデルを開発したと発表した。

[14:58 9/16]

国がんと小野薬品、優れた抗がん剤創出などに向け包括的研究提携契約を締結

国立がん研究センター(国がん)と小野薬品工業(小野薬品)は9月16日、優れた抗がん剤創出およびがん免疫療法などにおけるバイオマーカー探索を目指した共同研究を推進するための包括的研究提携契約を締結したと発表した。

[14:11 9/16]

徳島大、ゲノム編集ブタを簡便・短期間に作製できる「GEEP法」を開発

徳島大学は9月15日、ゲノム編集技術を用いてブタの遺伝情報を簡便かつ高効率に書き換える「GEEP法」を確立したと発表した。

[17:07 9/15]

アジレント、クロマトグラフィデータシステムの最新版「OpenLAB CDS 2.1」

アジレント・テクノロジー(アジレント)は9月15日、同社のクロマトグラフ製品向けのクロマトグラフィデータシステム(CDS)の最新版「OpenLAB CDS 2.1」を発表した。

[10:49 9/15]

イノベーション創出のために必要なものとは? - 豪州・クイーンズランドのチーフサイエンティストに聞く

オーストラリア北東部に位置する人口約480万人のクイーンズランド州。自然豊かな同州の経済を支えるのは、観光業のほか、鉱業、農牧業だが、経済の多様性を確保することを目的に、同州政府は、ナレッジベースの雇用創出に向け、科学・技術分野における専門知識を構築し、それを商業化・企業化していく「Advance Queensland」計画を進めている。

[10:00 9/15]

メスなのに精子をつくるカイコ - 東大が作出に成功

東京大学(東大)は9月13日、メスなのに精子をつくるカイコの作出に成功したと発表した。

[08:00 9/15]

味の素、基礎研究用iPS/ES細胞用培地をグローバル市場展開へ

味の素は9月14日、基礎研究用iPS/ES細胞用培地「StemFit」Basic02を、米国で9月16日(現地時間)より研究機関向けに販売開始すると発表した。

[07:30 9/15]

IBL、筋ジス患者で検出されるタイチンの分解断片を尿で測定できるキット

免疫生物研究所(IBL)は9月13日、筋ジストロフィーなどの筋疾患や、スポーツなどによる筋肉の損傷・崩壊により尿中に排出されるタンパク質「タイチン」の分解断片に対するサンドイッチELISA法を用いた尿による測定キット「Titin-N fragment Assay Kit-IBL」を発表した。販売開始は10月頃を予定しているという。

[16:51 9/13]

京大、周辺のタンパク質をタグ付けできる新しい亜鉛応答分子を開発

京都大学(京大)は9月13日、亜鉛イオンによって活性化し、周辺のタンパク質をタグ付けできる新しい亜鉛応答分子を開発し、同分子を用いて細胞内で高濃度の亜鉛イオン環境下にあるタンパク質を一網打尽に同定することに成功したと発表した。

[15:58 9/13]

島津製作所、富士フイルム製FPD搭載のデジタル式回診用X線撮影装置を発売

島津製作所は9月13日、同社のデジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt Evolution MX7 Version」のラインアップに、富士フイルム製の最新FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載するモデルを追加し、販売を開始したと発表した。

[15:17 9/13]

タカラバイオ、腸内細菌叢用の解析キットを発売

タカラバイオは9月12日、次世代シーケンサーを用いて細菌叢を解析するための研究用PCRキット「16S (V3-V4) Metagenomic Library Construction Kit for NGS」を9月30日に発売すると発表した。

[16:04 9/12]

日立、最新ソフト搭載のマルチスライスCT装置「Supria/Supria Grande」発売

日立製作所(日立)は9月13日より、マルチスライスCT装置「Supria/Supria Grande」に最新のソフトウェアを搭載した「Supria/Supria Grande V2.21」を販売開始する。

[13:08 9/12]

不眠症治療に向けたスマホアプリの臨床試験が開始 - NEDO支援事業

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9月12日、起業家候補(スタートアップイノベーター)支援事業において、認知行動療法に基づいた不眠症治療用スマートフォンアプリの臨床試験を開始すると発表した。

[12:44 9/12]

東北大、体細胞を生殖細胞に近づける新たな細胞培養手法を開発

東北大学は9月9日、マウス体細胞を生殖細胞に近づける手法を開発したと発表した。

[12:17 9/12]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>医療/バイオ)

 トップへ
iPS/ES細胞による再生医療や新薬創出技術、最新の医療機器や分析装置など、先端の医療分野に関する話題をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

桃太郎の幼少期は金太郎より小さかった!? 三太郎新CMは本物の豪雨で特訓
[00:00 10/1] エンタメ
『アニぱら音楽館』でスーパーヒロインSP! 田村直美と五條真由美が熱唱
[23:46 9/30] ホビー
「ドラえもん」×郵便局のオリジナルグッズ3種、切手や手紙のモチーフも
[23:35 9/30] ホビー
怪盗キッド特集が「名探偵コナン」アプリに!全8話公開、ライバル2人の壁紙も
[23:24 9/30] ホビー
楳図かずおを特集したムックが刊行、「14歳」「おろち」のTシャツも
[23:17 9/30] ホビー