マイナビニュース | テクノロジー | 計測機器 | ヘッドライン(2013)(1ページ目)

ヘッドライン

2013年12月26日(木)

理研、テラヘルツ分光データベースを刷新しネット上で公開

理化学研究所(理研)は12月25日、情報通信研究機構(NICT)と共同で、インターネット上にて公開してきたテラヘルツ分光データベースを刷新し、12月26日より新しいテラヘルツ分光データベースを公開すると発表した。

[14:47 12/26]

2013年12月24日(火)

アンリツ、W-CDMAシグナリングテスタ「MD8480C」の機能を拡充

アンリツは12月24日、同社のW-CDMAシグナリングテスタ「MD8480C」のHSPA Evolution試験機能の拡充として、3GPP Release9で仕様化されたDC-HSUPA機能の試験検証を可能とする「DC-HSUPAオプション MX848001E-20」を開発したことを発表した。

[12:41 12/24]

2013年12月20日(金)

東陽テクニカ、PtSi導電性プローブの評価用無償サンプル提供を開催

東陽テクニカは12月19日、同社が2012年5月より発売している白金シリサイド(PtSi)導電性プローブについて、これまで利用したことがないプローブ顕微鏡ユーザーに向けて評価用サンプルを無償で提供することを発表した。

[17:47 12/20]

Cognex、検査ソフトウェアの最新バージョンと通信スイートを発表

マシンビジョンベンダの米Cognexの日本法人であるコグネックスは、新たな検査ツールセットを装備したソフトウェア「In-Sight Explorer 4.9」、およびiQセンサソリューション(iQSS)ネットワークを搭載した通信スイート「Cognex Connect」を発表した。

[09:00 12/20]

2013年12月16日(月)

ローデ、マルチポート・スイッチ・マトリクス「R&S ZN-Z84」を発売

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、次世代スイッチ・マトリクス「R&S ZN-Z84」の販売を開始したことを発表した。

[11:38 12/16]

2013年12月11日(水)

ローデ、ネットワーク・アナライザ向け自動校正ユニットなどを発売

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、自動校正ユニット「R&S ZN-Z51」ならびにメカニカル校正キット「R&S ZV-Z129」の販売を開始したことを発表した。

[17:26 12/11]

2013年12月06日(金)

ローデ、オシロにEthernetコンプライアンステスト向けソリューションを追加

ローデ・シュワルツ・ジャパンは12月2日、同社のデジタル・オシロスコープ「R&S RTO」向けEthernetコンプライアンス・テストのトータル・ソリューションとして、「自動測定オプションR&S RTO-K22」、「テスト・フィクスチャR&S RT-ZF2」、および「ジッタ・ケーブルR&S RT-ZF2C」を発表した。

[09:51 12/6]

2013年12月05日(木)

東陽テクニカ、Agilentの測定環境を監視できる走査型プローブ顕微鏡を発表

東陽テクニカは12月4日、米Agilent Technologiesの測定環境をモニタリングできる走査型プローブ顕微鏡(SPM)「7500型SPMシステム」を発表した。

[09:51 12/5]

2013年12月04日(水)

テクトロ、単相電子機器の開発者向け低価格・高確度パワーアナライザを発表

テクトロニクス社は12月4日、単相の電源や家電製品、電気製品などの設計・テストエンジニア向けに1chの高確度パワーアナライザ「PA1000型」を発表した。

[15:13 12/4]

テクトロ、2GHz/10GSpsに対応したミッドレンジ・オシロスコープを発表

テクトロニクス社は12月4日、最高周波数帯域2GHz、サンプル・レート10GS/s、レコード長50Mサンプルを装備したミッドレンジ・オシロスコープ「MSO/DPO5000Bシリーズ」を発表した。

[13:57 12/4]

2013年11月28日(木)

日本NI、USB対応のマルチファンクション再構成可能I/Oデバイス4機種を発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は11月27日、USB接続対応のマルチファンクション再構成可能I/O(RIO)デバイス「NI R」シリーズとして、「NI USB-7855R/7856R/7855R OEM/7856R OEM」4機種を発表した。

[17:21 11/28]

産総研、約2400℃までの超高温域で熱膨張を正確に計測できる装置を開発

産業技術総合研究所(産総研)は11月25日、2400℃までの超高温域で人造グラファイトなど工業用カーボン材料の熱膨張を計測できる装置を開発したと発表した。

[12:55 11/28]

アジレント、LTE-Advanced/802.11ac Wi-Fi機器の量産向けテスタを発表

アジレント・テクノロジーは11月26日、複数の規格に対応し、携帯電話や無線通信機器を最大で32台同時に測定できる量産向けワンボックステスタ「Agilent E6640A EXM ワイヤレステストセット」を発表した。

[12:51 11/28]

アジレント、高性能/低価格を実現したマイクロ波アナログ信号発生器を発表

アジレント・テクノロジーは11月27日、マイクロ波アナログ信号発生器「N5183B MXG」および「N5173B EXG」を発表した。

[09:00 11/28]

2013年11月22日(金)

移動しながらホットスポットを探せるサーベイメータを開発 - NIRS

放射線医学総合研究所(NIRS)と応用光研工業らの研究チームは11月21日、従来の放射線測定の技術を向上させた放射線検出器「R-eye(アールアイ)」を開発したと発表した。今回の成果の詳細は、11月27日に開催される日本放射線安全管理学会第12回学術大会で報告する予定となる。

[17:12 11/22]

2013年11月21日(木)

ヨコオ、高周波検査用治具向けに40GHz対応の中継コネクタを開発

ヨコオは11月19日、高周波検査用治具向けに40GHzに対応した中継コネクタを開発したと発表した。12月下旬より市場投入する予定。

[11:15 11/21]

2013年11月20日(水)

テクトロ、IEEE 802.11acの測定を容易化するスペアナとオシロを発表

テクトロニクス社は11月19日、2014年以降の5GHz帯を用いた無線LAN規格の本格普及が期待される一方、そうした広帯域化による高度な測定への対応と開発コストの低減の両立を実現することを目指した測定ソリューションとして、新たに最高165MHzの取込帯域に対応したミッドレンジ価格帯のリアルタイム・シグナル・アナライザ(RSA)「RSA5000Bシリーズ」およびミクスド・ドメイン・オシロスコープ(MDO)「MDO4000Bシリーズ」、同シリーズなどでIEEE 802.11a/b/g/j/n/p/acのテストを容易化に向けたソフトウェア「SignalVu-PC」のオプションを発表した。

[11:38 11/20]

2013年11月19日(火)

アンリツ、32Gbpsハイスピードインタコネクト特性評価向けオプションを発売

アンリツは、同社のシグナルクオリティアナライザ「MP1800A」と4タップエンファシス「MP1825B」の機能を強化として、32Gbit/sまでのハイスピードインタコネクト規格に対応した電子部品・回路基板の特性評価を可能とする新ユニット「MP1800A用28G/32Gbit/s高感度誤り検出器ユニット」ならびに「MP1825B用32Gbit/s拡張オプション」の販売を開始したことを発表した。

[11:35 11/19]

【特別企画】差動インタフェースでの予想外のトラブルに注意! 「ある電気エンジニアの設計事例紹介」

USBやHDMI、PCI Express、シリアルATAなどの高速インタフェース規格は、パソコンや民生機器、モバイル機器、組み込み機器等で完全に普及した。これらの規格の共通点は、差動伝送方式を採用し、ノイズ特性に優れている上に、高速化が容易なことだ。そのため、電子機器の設計者にとっても、その普及は歓迎すべきことだろう。しかし、設計に当たっては注意すべきポイントがあることを忘れてはならない──。

[10:17 11/19]

2013年11月14日(木)

LeCroy、ファンクションジェネレータ/任意波形発生器の新製品を発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは11月14日、ファンクションジェネレータ/任意波形発生器「WaveStation 3000」シリーズ3機種を発表した。

[09:42 11/14]

2013年11月13日(水)

LeCroy、16チャネルのミックスドシグナル機能を搭載したオシロを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは11月14日、現在販売中の12ビットオシロスコープに16チャネルのミックスドシグナル機能を搭載した「HDO-MS」シリーズを発表した。

[19:00 11/13]

2013年11月07日(木)

横河、オシロスコープとデータレコーダの長所を併せたスコープコーダを発表

横河メータ&インスツルメンツは11月5日、オシロスコープとデータレコーダの長所を併せ持ったスコープコーダ「DL850E」(標準モデル)と、自動車開発用途向け機能を付加した専用モデルスコープコーダ ビークルエディション「DL850EV」を開発、11月6日より発売を開始したことを発表した。

[14:53 11/7]

2013年10月28日(月)

テクトロ、包括的なマルチスクリーンTVサービス用QCソリューションを発表

テクトロニクス社は10月28日、同社のデジタル・コンテンツ・モニタ・ソリューション「Sentry」のコンポーネントとして、ビデオ・サービス事業者(VSP)が、ABR(Adaptive Bit Rate)ベースのTV EverywhereおよびOTT(Over the Top)サービスの品質を確認することを可能とする「Sentry ABR」を発表した。

[16:50 10/28]

2013年10月24日(木)

アジレント、動作温度範囲の広いオシロスコープ用プローブを発表

アジレント・テクノロジーは10月24日、動作温度範囲の広いオシロスコープ用シングルエンドアクティブプローブ「Agilent N2797A 恒温槽対応1.5GHzアクティブプローブ」を発表した。

[18:57 10/24]

アジレント、オシロ対応のCAN-dbcシンボリックトリガ/デコード機能を発表

アジレント・テクノロジーは10月23日、オシロスコープ「InfiniiVision 4000X」シリーズ、および「Infiniium」シリーズの現行モデルのすべてに対応したCAN-dbcシンボリックトリガ/デコード機能と、CANシリアルバスを含む、自動車アプリケーションに最適な差動アクティブプローブ2品種を発表した。

[10:26 10/24]

アジレント、MXE EMIレシーバの周波数拡張およびスキャンの高速化を発表

アジレント・テクノロジーは10月23日、EMIレシーバ「Agilent N9038A MXE EMI レシーバ」に44GHzモデルの追加、およびタイムドメインスキャンオプションの提供開始、さらに標準機能の大幅な拡張を行うと発表した。

[10:14 10/24]

2013年10月23日(水)

テクトロ、DDR4メモリ対応リアルタイム・コンプライアンス・アナライザを発表

テクトロニクス社は10月23日、JEDEC DDR4/DDR3/DDR3Lメモリ規格の高速のプロトコル/性能/コンプライアンス検証やリアルタイム・メモリ実行検証向けソリューションとして、同社パートナー企業「Nexus Technology」がプロトコル・コンプライアンス/バス・プロトコル・アナライザ「MCA4000型」を開発したことを発表した。

[17:46 10/23]

2013年10月22日(火)

テクトロ、デジタル・コンテンツモニタにデュアルMPEG入力オプションを追加

テクトロニクス社は10月22日、同社のデジタル・コンテンツモニタ「Sentry」向けに、デュアルMPEG入力のオプションを追加したと発表した。

[13:39 10/22]

2013年10月18日(金)

アジレント、シグナルアナライザ/信号発生器用周波数拡張モジュールを発表

アジレント・テクノロジーは10月18日、米Virginia Diodes(VDI)と共同開発した、シグナルアナライザおよび信号発生器用の周波数拡張モジュールを発表した。

[19:23 10/18]

2013年10月17日(木)

横河、組み込みコントローラ用モジュールとプログラム開発ツールを発表

横河電機は10月16日、レンジフリーコントローラ「FA-M3V」用高速データ収集モジュールとして、入力点数が6点の「F3HA06-1R」、入力点数が12点の「F3HA12-1R」、およびプログラム開発ツール「WideField3」の機能強化版を発表した。

[18:42 10/17]

2013年10月16日(水)

テクトロ、測定機能を強化したポータブル波形モニタの新製品を発表

テクトロニクス社は10月16日、設置/保守アプリケーション向けにポータブル波形モニタ「WFM2300型」を発表した。

[16:32 10/16]

2013年10月15日(火)

アンリツ、携帯電話基地局の保守作業を効率化できる基地局マスタを発売

アンリツは10月11日、携帯電話基地局の建設、保守時に必要な測定機能を1台に搭載した基地局マスタ「MT8220T」の販売を開始したことを発表した。

[16:57 10/15]

2013年10月09日(水)

日本NI、1万5900円のUSBマルチファンクションデータ集録デバイスを発売

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は10月8日、1万5900円(税別)という価格ながらアナログ入力8チャンネル、デジタルI/O 4チャンネル、32ビットカウンタを備えたUSBマルチファンクションデータ集録デバイス「NI USB-6000」の販売を開始したことを発表した。

[11:45 10/9]

2013年10月08日(火)

アジレント、Wi-SUN規格に向けた適合性認証用試験システムを発表

アジレント・テクノロジーは10月7日、スマートメータ開発メーカーやHEMS機器開発メーカー、認証試験機関などに向け、「Wi-SUN ECHONET Lite規格 適合性認証用試験システム」を情報通信研究機構(NICT)と共同で開発中であることを発表した。

[09:00 10/8]

2013年10月07日(月)

奥村組など、トンネルの壁面変位を自動計測する監視システムを開発

奥村組と地球観測、マックは10月3日、山岳トンネル工事において、トンネルの壁面変位を連続的に自動計測し、リアルタイムに監視できる移動式坑内変位自動計測システムを共同開発し、滋賀県発注の道路トンネル工事へ適用して、実用性を確認したと発表した。

[10:05 10/7]

浜ホト、分解能4μmのX線非破壊検査向け微小焦点X線源を発表

浜松ホトニクス(浜ホト)は10月3日、管電圧300kVで分解能4μmを実現したX線非破壊検査用途向け微小焦点X線源「300kV マイクロフォーカスX線源」を開発したと発表した。

[10:02 10/7]

2013年10月04日(金)

富士フイルム、発色濃度で紫外線の光量分布を可視化できるフィルムを開発

富士フイルムは10月3日、フィルムの発色濃度によって、4~6000mJ/cm2の幅広い範囲で紫外線の光量分布を簡単に可視化できる紫外線光量分布測定フィルム「UVスケール」3種類を10月10日より発売すると発表した。

[10:00 10/4]

2013年10月01日(火)

テクトロ、BroadR-ReachのPHYコンプライアンステストソリューションを発表

テクトロニクス社は10月1日、BroadR-Reach PHYコンプライアンステストのワンボックスソリューションを発表した。

[18:16 10/1]

2013年09月26日(木)

テクトロ、100Gbps電気テスト製品のラインアップを拡充

テクトロニクス社は9月25日、100Gbps通信システムの電気分野向け製品とソフトウェアのラインナップを拡充すると発表した。

[18:08 9/26]

テクトロ、短距離/長距離用100/400G光通信向けテストソリューションを発表

テクトロニクス社は9月26日、短距離、長距離の両方の100G光ネットワーク・テストの強化として、「新製品80C15型32GHzマルチモード光サンプリング・モジュール」と「OM5110型46GBaudマルチフォーマット光トランスミッタ」を発表した。

[13:57 9/26]

2013年09月25日(水)

アンリツ、ベクトルネットワークアナライザ「MS4640B」シリーズを発表

アンリツは9月24日、ベクトルネットワークアナライザ「MS4640B」シリーズを発表した。

[22:40 9/25]

2013年09月24日(火)

日本NI、RIOアーキテクチャを拡張するドライバ機能とモジュールを発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は9月19日、再構成可能I/O(RIO)アーキテクチャ「NI LabVIEW」向けハードウェアドライバ機能およびモジュールを発表した。

[11:00 9/24]

Agilent、電子計測事業とライフサイエンス事業の2社に分割する計画を発表

計測機器大手のAgilent Technologiesは9月19日(米国時間)、自社を独立した株式公開会社2社に分割する計画であることを発表した。

[10:52 9/24]

2013年09月17日(火)

テクトロ、クラウドベースのビデオコンテンツ検証プラットフォームを発表

テクトロニクス社は、Amazon Web Services(AWS)上に実装するために最適化された「QCloudクラウドベース・ビデオ・コンテンツ自動検証システム」を発表した。

[18:10 9/17]

2013年09月11日(水)

テクトロ、AVCビデオ/オーディオアナライザにHEVC規格対応機種を追加

テクトロニクスは9月10日、AVC(Advanced Video Coding)ビデオ/オーディオアナライザをアップグレードして、HEVC(High Efficiency Video Coding)規格に対応させた「MTS4EAV7」を発表した。

[17:35 9/11]

2013年09月10日(火)

日本NI、分散型計測やリモート計測に適した8スロットシャーシ製品を発表

National Instruments(NI)の日本法人である日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は9月10日、過酷な環境における分散型計測やリモート計測に適した8スロットのNI CompactDAQ Ethernetシャーシ「cDAQ-9188XT」を発表した。

[18:40 9/10]

2013年09月09日(月)

アジレント、任意波形発生器向けにストリーミング機能などを追加

アジレント・テクノロジーは9月6日、任意波形発生器「Agilent M8190A」向けにストリーミング機能とマルチチャネル化拡張機能を追加すると発表した。

[10:51 9/9]

2013年09月04日(水)

アジレント、大容量システム電源「APS N6900/7900」を発表

アジレント・テクノロジーは9月4日、多機能を求める自動計測システムに適した1/2kWの大容量システム電源「アドバンストパワーシステム(APS) N6900/7900」を発表した。これにより、大容量電源市場へ本格的に参入するという。

[18:27 9/4]

アジレント、ポータブルロジックアナライザ「16850」シリーズを発表

アジレント・テクノロジーは9月4日、差動ポータブルロジックアナライザ「Agilent 16850」シリーズを発表した。

[18:00 9/4]

アジレント、サンプル前処理システムに秤量機能など新機能を追加

アジレント・テクノロジーは9月4日、サンプル前処理システム「Agilent 7696A サンプル前処理ワークベンチ」に複数の新機能を追加すると発表した。

[15:22 9/4]

2013年09月03日(火)

テクトロ、オシロスコープのエントリモデルに4チャネル機種を追加

テクトロニクスは9月2日、オシロスコープのエントリモデル「TBS1000」シリーズに60/100/150MHz対応の4チャネル機種を追加すると発表した。

[10:29 9/3]

2013年08月30日(金)

アンリツ、シグナリングテスタ「MD8430A」のLTE-Advanced試験機能を拡充

アンリツは、シグナリングテスタ「MD8430A」のLTE-Advanced試験機能を拡充したと発表した。

[11:00 8/30]

2013年08月28日(水)

アジレント、160MHz帯域幅に対応可能なベクトル・シグナルアナライザを発表

アジレント・テクノロジーは8月28日、最大160MHz帯域幅に対応した1MHz~3/6GHz対応PXIeベクトル・シグナル・アナライザ(VSA)「Agilent M9391A PXIe ベクトル・シグナル・アナライザ」を発表した。

[19:45 8/28]

ケースレー、タッチスクリーンを搭載した新設計思想のSMUを発表

ケースレーインスツルメンツは8月28日、静電容量方式タッチスクリーンを搭載し、直感的なアイコンベースの操作を実現したベンチトップタイプのソースメータ(SMU)「2450型」を発表した。

[18:35 8/28]

2013年08月23日(金)

島津製作所、S/N比6万:1の高感度フーリエ変換赤外分光光度計を発表

島津製作所は8月23日、医薬、食品、化学・高分子などの分野における異物分析や確認試験を高感度、かつ数秒の高速反応もモニタできるフーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)「IRTracer-100」を発表した。

[20:24 8/23]

2013年08月19日(月)

アジレント、既存シグナルアナライザの掃引速度と位相雑音性能を改善

アジレント・テクノロジーは8月19日、同社のシグナルアナライザ「Xシリーズ」に位置づけられる「Agilent MXA」および「Agilent EXA」の基本性能を向上させたことを発表した。

[10:48 8/19]

2013年08月07日(水)

日本NI、組込制御/監視システム向けソフトウェア設計型コントローラを発表

National Instruments(NI)の日本法人である日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は8月7日、ソフトウェア設計型コントローラ「NI cRIO-9068」を発表した。

[17:24 8/7]

日本NI、開発環境をさらに強化した最新版「NI LabVIEW 2013」を発表

National Instruments(NI)の日本法人である日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は8月7日、システム開発ソフトウェア「NI LabVIEW」の最新版「NI LabVIEW 2013」を発表した。

[17:13 8/7]

2013年07月30日(火)

アジレント、自動計測プログラム作成を支援するWebサイトを公開

アジレント・テクノロジーは7月29日、自動計測を行う際の基礎知識や各種プログラム言語対応のサンプルプログラムを提供するWebサイト「自動計測プログラムWEB」を立ち上げたと発表した。

[13:09 7/30]

2013年07月25日(木)

テクトロ、QSFP+用コンプライアンステスト/デバッグソリューションを発表

テクトロニクス社は7月25日、QSFP+(Quad Small Form-Factor Pluggable)互換製品向けにコンプライアンステスト/デバッグソリューションを発表した。

[16:10 7/25]

2013年07月24日(水)

テクトロ、プロービング性能を強化したミクスドシグナルオシロを発表

テクトロニクス社は7月24日、23/25/33GHzの各周波数帯域向けに、デジタル/アナログ回路のデバッグ用に強化されたミクスドシグナルオシロスコープ「MSO/DPO70000DX」シリーズを発表した。また、33GHz帯に対応し、低電圧信号、ハイスピードシリアル信号やRF信号測定向けに、高感度、低ノイズ性能を備えたオシロスコープ用TriModeプローブ「P7600」シリーズも同時に発表した。

[18:33 7/24]

2013年07月23日(火)

アジレント、ディエンファシス機能搭載の28.4Gbpsマルチプレクサを発表

アジレント・テクノロジーは7月23日、最大8タップのディエンファシス機能を搭載した28.4Gbpsマルチプレクサ「Agilent M8061A 28.4Gb/sディエンファシス・オプション付き2対1マルチプレクサ」を発表した。

[18:42 7/23]

2013年07月18日(木)

テクトロ、MHL 2.1対応のPHY/プロトコルテストソリューションを発表

テクトロニクス社は、MHL(Mobile High-Definition Link) CTS(コンプライアンステスト仕様)2.1に準拠したトランスミッタ(Tx)、レシーバ(Rx)、ドングル、ケーブルの物理(PHY)/プロトコル・レイヤ・コンプライアンス・テスト用のワンボックスソリューションを発表した。

[11:19 7/18]

2013年07月05日(金)

テクトロ、次世代70GHzオシロスコープにIBMの9HP SiGe技術を採用

テクトロニクス社は、次世代リアルタイムオシロスコープに、IBMの9HP SiGe半導体製造プロセスを採用すると発表した。

[09:00 7/5]

2013年07月04日(木)

産総研、最高温度900℃の試料温度可変小型超高真空プローバ装置を開発

産業技術総合研究所(産総研)は7月3日、理工貿易と共同で、最高加熱温度900℃の温度可変薄型試料台を組み込んだ小型超高真空プローバ装置を開発したと発表した。

[10:00 7/4]

2013年07月03日(水)

テクトロ、10Gbps SuperSpeed USBに対応したテスト・ソリューションを発表

テクノロニクス社は7月3日、USB 3.0テスト・ソリューションを強化し、SuperSpeedPlus 10Gbps仕様に対応したトランスミッタ・テスト・ソリューション(Opt.SSP)を開発したこと、ならびにオシロスコープをベースにしたUSB 3.0のレイヤ・デコード機能とSuperSpeed USBトランスミッタの自動テスト・ソリューション(Opt.USB-TX)を追加したことを発表した。

[12:22 7/3]

アジレント、1500A/10kVデバイスのモデルリングが可能となるソフトを発表

アジレント・テクノロジーは7月3日、同社のデバイス・モデリング・ソフトウェア「Integrated Circuits Characterization and Analysis Program(IC-CAP)」を拡充し、パワーデバイス・アナライザ/カーブトレーサ「Agilent B1505A 」に対応した「W8500B IC-CAPモデリング・プラットフォーム・バンドル」の提供を開始したことを発表した。

[10:33 7/3]

2013年07月01日(月)

日本NI、1スロットで高出力密度を実現するPXIプログラマブル電源を発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は7月1日、PXIで業界最高レベルの出力密度を実現した汎用プログラマブル電源「NI PXIe-4112/4113」2品種を発表した。

[18:33 7/1]

2013年06月18日(火)

Microchip、消費電力のリアルタイム測定モジュールを発表

米Microchip Technologyは6月10日(現地時間)、「MPLAB REAL ICE Power Monitor Module」を発表した。

[09:59 6/18]

アジレント、5V測定が可能な6 1/2桁デジタル・マルチメータを発表

アジレント・テクノロジーは6月18日、次世代デジタル・マルチメータ「Truevoltシリーズ」を開発、第1弾製品として「Agilent 34460A/34461A」を発表した。

[09:53 6/18]

2013年06月14日(金)

TFFフルーク、2MPaまでの正圧を発生できる携帯型気体圧校正器を発売

TFFフルーク社(の校正器部門であるフルーク・キャリブレーションは6月13日(米国時間)、ポータブル気体圧校正器「3130」の販売を開始したと発表した。

[13:45 6/14]

2013年06月12日(水)

アジレント、衛星通信/ナビゲーション向けシステム設計ツールを発表

アジレント・テクノロジーは6月11日、同社の通信、航空・宇宙・防衛システム向け設計プラットフォーム「SystemVue」向けリファレンス・ライブラリ「GNSS(Global Navigation Satellite System)ライブラリ(W1919)」および「デジタルモデム・ライブラリ(W1902)」を発表した。

[09:00 6/12]

2013年06月11日(火)

アジレント、3次元電磁界シミュレーションソフトウェアの最新版を発表

アジレント・テクノロジーは6月11日、3次元電磁界シミュレーションソフトウェア「EMPro」の最新版「EMPro 2013」を発表した。

[15:50 6/11]

2013年06月10日(月)

アジレント、高速デジタル信号の解析に向けたリタイマアプリを発表

アジレント・テクノロジーは6月10日、数Gbpsの高速チップ間通信での信号歪みによって引き起こされる問題解決に対応可能な機能拡張版リピータ・モデル・ライブラリを提供することを発表した。

[11:34 6/10]

2013年06月04日(火)

アジレント、パラメータアナライザのSMUとソフトウェアを機能拡張

アジレント・テクノロジーは6月4日、半導体デバイスアナライザ「Agilent B1500A」用のソース/モニタユニット(SMU)およびソフトウェアを機能拡張したと発表した。

[15:09 6/4]

2013年05月24日(金)

フルーク、高確度かつ多機能な参照用圧力ゲージ「2700Gシリーズ」を発売

TFFフルーク社の校正器部門であるフルーク・キャリブレーションは5月23日(米国時間)、参照用圧力ゲージ「2700Gシリーズ」の販売を開始したことを発表した。

[10:38 5/24]

2013年05月10日(金)

アジレント、SD UHS-IIレシーバコンプライアンス試験ソリューションを発表

アジレント・テクノロジーは5月9日、SD UHS-IIのホスト製品およびメモリカード向けに、レシーバコンプライアンス試験ソリューション「Agilent N5990A オプション120」を発表した。

[14:01 5/10]

2013年05月08日(水)

Agilent、信号生成ソフトを拡張 - 全地球航法衛星システム「Beidou」に対応

アジレント・テクノロジーは5月8日、同社の信号生成ソフトウェア「Agilent N7609B GNSS用シグナルスタジオ」を拡張し、中国の全地球航法衛星システム「Beidou(北斗)」に対応したリアルタイム・マルチサテライトのシミュレーション機能を追加したことを発表した。

[11:12 5/8]

2013年04月11日(木)

実環境下でも高い確度を実現 -テクトロ、パワーアナライザ市場に参入を発表

テクトロニクス社は4月10日、パワーアナライザ市場に新たに参入すること、ならびに同市場向け第1弾製品となる高精度プレシジョン・パワーアナライザ「PA4000シリーズ」の提供開始を発表した。

[10:00 4/11]

アジレント、オシロ用RFFEプロトコルデコードソフトウェアを発表

アジレント・テクノロジーは4月10日、MIPI Radio Frequency Front-End(RFFE)のプロトコルパケットをデコードできるソフトウェア「Agilent N8824A Infiniium用MIPI RFFEプロトコルデコードソフト」を発表した。

[10:00 4/11]

2013年04月09日(火)

テクトロニクス、HDMI/HDCPで接続可能な波形モニタを発表

テクトロニクスは2013年4月9日、HDMI-HDCP入力を直接モニタリングできる「WFM5250型波形モニタ」および「WVR5250型波形ラスタライザ」を発表した。この製品を用いることで、セットトップボックス(STB)やブルーレイプレーヤのビデオ/オーディオ出力品質を直接チェックすることができる。

[12:37 4/9]

2013年04月05日(金)

アジレント、EDAエキスパート認定プログラムを開始

アジレント・テクノロジーは4月5日、EDAのエキスパート認定プログラム「Agilent Certified Expert」を開始すると発表した。

[15:47 4/5]

2013年04月04日(木)

アジレント、定番オシロスコープに上位機種に匹敵する新機能を追加

アジレント・テクノロジーは4月4日、実績の高いオシロスコープ「Agilent InfiniiVision 2000X」シリーズに、低価格ながら上位機種に匹敵する新機能を追加すると発表した。

[18:25 4/4]

アジレント、LAN/GPIB/USBゲートウェイ「Agilent E5810B」を発表

アジレント・テクノロジーは4月3日、GPIB/USB/RS-232インタフェースを有する測定器をLAN経由で制御できるゲートウェイ「Agilent E5810B」を発表した。

[09:30 4/4]

2013年04月03日(水)

JAIMAとJSIA、2013年度の「分析機器・科学機器遺産」認定応募受付を開始

日本分析機器工業会(JAIMA)と日本科学機器協会(JSIA)は、日本が誇る分析技術/分析機器や科学機器および、日本国民の生活・経済・教育・文化に貢献した分析技術/分析機器や科学機器を文化的遺産として後世に伝えることを目的に2012年度より実施している「分析機器・科学機器遺産」認定制度の第2回目となる募集を開始したことを発表した。

[11:01 4/3]

アジレント、測定速度が向上したベンチトップ型デジタルマルチメータを発表

アジレント・テクノロジーは4月2日、エレクトロニクス業界および教育機関に最適な5.5桁デジタルマルチメータ「Agilent 34450A」を発表した。

[09:00 4/3]

2013年04月02日(火)

GTC 2013 - GPUによるダイヤモンド業界の革新

GPUは、宝石のダイヤモンドの切り出しや研磨という製造工程を革新したという興味深い発表が、3月に開催されたNVIDIAのGTC 2013で行われた。

[10:00 4/2]

2013年04月01日(月)

GTC 2013 - GPUを使って注目するTweetをピックアップするSocial Listening

Twitterなどでささやかれる自社の製品の評判や、競合他社の製品の評判はマーケティング上重要な情報である。また、いろいろなニーズのささやきは新製品開発の重要なインプットとなる。Salesforce.comのMarketing Cloudは、Twitterなどのソーシャルサイトに投稿される文書などの中からキーワードがマッチしたものを見つけ出すSocial Listeningサービスを提供しており、この技術について、3月に開催されたGTC 2013で発表が行われた。

[10:37 4/1]

2013年03月28日(木)

アジレント、MOST/BroadR-Reach対応のコンプライアンス試験ソフトを発表

アジレント・テクノロジーは3月27日、車載用デバイス向けシリアルバス規格「MOST(Media-Oriented Systems Transport)」、および「BroadR-Reach」に対応したコンプライアンス試験ソフトウェアを発表した。同社のオシロスコープ、スペクトラムアナライザ、パルスファンクションジェネレータなど、物理層試験で必要とされる各種測定器に対応している。

[09:00 3/28]

2013年03月27日(水)

アジレント、標準機クラスの光波長計の新モデルを発表

アジレント・テクノロジーは3月26日、光波長計の新製品「Agilent 86122C」を発表した。

[10:30 3/27]

アジレント、高感度の2/4チャネルマルチポート光パワーメータを発表

アジレント・テクノロジーは3月26日、2/4チャネルの高感度マルチポート光パワーメータ「N7747A/N7748A」を発表した。

[09:30 3/27]

2013年03月26日(火)

アジレント、4タップディエンファシス機能搭載の波形発生器を発表

アジレント・テクノロジーは3月26日、最大32Gbpsで、4タップディエンファシス機能を搭載したパルスパターンジェネレータを発表した。

[19:32 3/26]

個人で高性能オシロが買える時代が到来! - テクトロの4万円台オシロを試す 第5回 失敗を乗り越えLEDイルミネーションの点滅のパターンを作る

最終回となる今回は、NE555タイマーICにデュアルのD型フリップフロップ74HC74を用いて、信号を分周し、さらにLED駆動用のパワートランジスタを付けたので、実際にD型フリップフロップ動作の波形とLEDの点滅をテクトロニクスのオシロスコープ「TBS1022」を用いて確認してみたいと思う。

[09:00 3/26]

2013年03月25日(月)

ロームなど、共鳴トンネルダイオードを用いたテラヘルツイメージングを開発

パイオニアとロームは3月25日、テラヘルツ波の発振・検出に小型半導体素子「共鳴トンネルダイオード」を用いたテラヘルツイメージングに成功したことを発表した。

[17:21 3/25]

テクトロ、リアルタイムオシロスコープで70GHzの性能を実現

テクトロニクス社は3月19日(米国時間)、2014年に発表予定の次世代オシロスコープにおいて、70GHzのリアルタイム周波数帯域性能を実現したと発表した。また、合わせてコスト効率良く次世代プラットフォームに移行するための投資保護プログラムも発表した。

[17:03 3/25]

2013年03月22日(金)

テクトロ、最高50GSpsサンプルレートを実現した任意波形ジェネレータを発表

テクトロニクス社は3月21日、400Gや1Tなどの次世代光ネットワークやワイドバンドRF、高速シリアルなどの分野向けに最高50GSpsのサンプルレートを提供することが可能な任意波形ジェネレータ「AWG70000シリーズ」を発表した。

[13:45 3/22]

2013年03月21日(木)

アジレント、SPICEモデル抽出/検証ソフトウェアの最新版を発表

アジレント・テクノロジーは3月19日、SPICEモデル抽出ソフトウェア「Model Builder Program(MBP)」、SPICEモデル検証ソフトウェア「Model Quality Assurance(MQA)」の最新版を発表した。

[15:39 3/21]

2013年03月14日(木)

アジレント、3Vと高電圧出力のパターンジェネレータリモートヘッドを発表

アジレント・テクノロジーは3月14日、ビットエラーレートテスタ(ビット誤り率測定器)「Agilent N4960A シリアルBERT」向けに、高速立ち上がり時間と高電圧出力を実現したオプションの高電圧出力対応17/32Gbpsパルスジェネレータリモートヘッド「Agilent N4951B」を発表した。

[16:46 3/14]

テクトロ、400Gマルチキャリアシステムのテスト用ソフトウェアを発表

テクトロニクス社は3月14日、400Gマルチキャリアスーパーチャネルコヒーレント光システムの自動テスト・サポートを可能にする光信号アナライザ用ソフトウェア「OM4000」シリーズを発表した。

[16:45 3/14]

2013年03月12日(火)

アジレント、省電力型イーサネットEEE対応の電気仕様適合試験ソフトを発表

アジレント・テクノロジーは3月11日、省電力型イーサネットEnergy-Efficient Ethernet(EEE)の電気仕様適合試験ソフトウェア「N5392B」を発表した。

[09:30 3/12]

2013年03月11日(月)

LeCroy、自社製オシロ対応のマンチェスターとNRZプロトコルデコーダを発表

Teledyne LeCroyの日本法人であるテレダイン・レクロイ・ジャパンは、自社のオシロスコープに対応したマンチェスターとNRZプロトコルデコーダを発表した。

[14:11 3/11]

2013年03月07日(木)

テクトロ、サポートサービス「ゴールド・サービス・プラン」の対象を拡充

テクトロニクス社は3月7日、同社のサポートサービス「ゴールド・サービス・プラン」の適用可能製品のラインアップ拡充し、150種類以上の製品が対象になったことを発表した。

[13:29 3/7]

2013年03月05日(火)

アジレント、EDAソフトウェアの学生向けライセンス提供プログラムを開始

アジレント・テクノロジーは3月5日、北米、日本、欧州(ロシアを除く)の学生を対象とした「Agilent EEsof EDA学生向けライセンス提供プログラム」を開始したことを発表した。

[12:37 3/5]

アジレント、MIMOレーダや4G/LTEの設計に最適なソフトウェア最新版を発表

アジレント・テクノロジーは3月4日、MIMOレーダや4G/LTEの設計に最適な通信・防衛システム向け設計ソフトウェア「SystemVue」の最新版を発表した。

[09:00 3/5]

2013年02月28日(木)

アジレント、汎用シグナル・アナライザ向けリアルタイムスペアナ機能を発表

アジレント・テクノロジーは2月28日、同社の汎用シグナル・アナライザの最上位モデル「Agilent N9030A PXAシグナル・アナライザ」のオプションとして、リアルタイム・スペクトラム・アナライザ(スペアナ)機能の提供を開始したことを発表した。

[15:50 2/28]

2013年02月25日(月)

個人で高性能オシロが買える時代が到来! - テクトロの4万円台オシロを試す 第4回 点滅の長さを変えられる新たな点滅回路を作製 - 各時間の波形をチェック!

第4回目となる今回は、回路を見直し、この連載の第1回から第3回までで紹介した基本回路に、D型フリップフロップを2段追加し、パルス幅(LEDが点灯する時間)を2倍と4倍に変えてみたいと思い、回路をゼロから作り直し、シャーシ、トランス、ダイオードブリッジなど基本部品を見直すことから始めた。

[10:00 2/25]

2013年02月08日(金)

個人で高性能オシロが買える時代が到来! - テクトロの4万円台オシロを試す 第3回 オシロスコープを使って点滅回路をチェック

今回は点滅回路の電源回路をオシロスコープ「TBS1022」でチェックしてみよう。これは、クリスマスイルミネーションのLEDストリングを点滅させるための回路である。LED部分は、オン・オフさせるストリング(LEDを50個直列接続したものと、逆にオフ・オンさせるストリングから構成されている。たとえば、赤のLEDストリングがオンしている時は緑のLEDストリングがオフ、赤がオフの時は緑がオン、というような構成にしている。

[10:30 2/8]

2013年02月06日(水)

アジレント、低価格なUSB 2.0信号品質評価試験ソフトウェアを発表

アジレント・テクノロジーは2月6日、同社のオシロスコープ「InfiniiVision 4000X」シリーズで動作する低価格なUSB 2.0信号品質評価試験ソフトウェアを発表した。

[18:01 2/6]

2013年02月05日(火)

テクトロ、シリアルデータリンク解析のためのツールセットを発表

テクトロニクス社は2月5日、「MSO/DSA/DPO70000」シリーズを含むパフォーマンスオシロスコープ用シリアルデータリンク解析(SDLA)ビジュアライザソフトウェアパッケージ「SDLA Visualizer」を発表した。

[16:23 2/5]

2013年02月04日(月)

アジレント、本社内に電子計測コンサルティングセンターを開設

アジレント・テクノロジーは2月4日、本社・八王子事業所内に、電子計測コンサルティングセンター「Center of Excellence(CoE)」を開設したと発表した。

[16:15 2/4]

2013年01月31日(木)

アジレント、60GHz対応のサンプリングオシロスコープ用モジュールを発表

アジレント・テクノロジーは1月31日、多ポートデバイスやパラレル伝送路の特性評価向けとして、60GHzに対応した電気リモートサンプリングヘッドモジュール「N1045A」を発表した。

[16:45 1/31]

テクトロ、第4世代シリアルデータ測定向け30GHzプロービングシステムを発表

テクトロニクス社は1月31日、低ノイズ、広帯域、同軸コネクタ使用の30GHzプロービング・システム「P7600シリーズ・プロービング・システム」を発表した。

[11:03 1/31]

2013年01月29日(火)

アジレント、ミクスドシグナルオシロスコープの新製品6機種を発表

アジレント・テクノロジーは1月29日、同社のオシロスコープ「Infiniium 90000X」シリーズとして、最大で8チャネル使用時20GSa/sのサンプリングレートを実現したミクスドシグナルオシロスコープ(MSO)6機種を投入すると発表した。

[16:44 1/29]

2013年01月25日(金)

東大、MEMSを活用した3つの計測/センサ技術を開発

東京大学(東大)は、MEMS技術を活用した3種類の計測ならびにセンサ技術を開発したことを発表した。

[15:26 1/25]

アジレント、高速なUSB熱電対パワーセンサ「U8480」シリーズを発表

アジレント・テクノロジーは1月23日、高速なUSB熱電対パワーセンサ「Agilent U8480」シリーズを発表した。

[09:30 1/25]

2013年01月24日(木)

テクトロ、最大26.5GHzに対応したミッドレンジリアルタイムスペアナを発表

テクトロニクス社は1月23日、高い信号検出/トリガ機能を搭載した、ミッドレンジクラスの価格帯のリアルタイム・シグナルアナライザ(スペクトルアナライザ:スペアナ)「RSA5000シリーズ」として15GHz帯域対応製品「RSA5115A型」、26.5GHz対応製品「RSA5126A型」の2機種を追加したこと、ならびに既存の3GHz品「RSA1503A型」ならびに6GHz品「RSA5106A型」の価格を30%引き下げたことを発表した。

[14:14 1/24]

2013年01月22日(火)

テクトロ、Androidスマートフォン向けオシロスコープ・アプリ3種類を発表

テクトロニクス社は、Android搭載スマートフォン用に3種類のオシロスコープ・アプリケーションを開発し、Google Playストア上で無償で提供を開始したことを発表した。

[11:33 1/22]

2013年01月17日(木)

個人で高性能オシロが買える時代が到来! - テクトロの4万円台オシロを試す 第2回 LEDイルミネーションの電源回路をチェック!

テクトロニクス社の新型オシロスコープ「TBS1022」を使って、自作のLEDイルミネーションをチェックしてみようという今回の連載。第2回目となる今回は、LEDの基本的な動作についての簡単な紹介と、イルミネーション用LEDストリングの基本的な波形チェックを試みた。

[09:00 1/17]

2013年01月09日(水)

アジレント、大容量メモリ搭載で高感度・広帯域に対応したオシロを発表

アジレント・テクノロジーは1月9日、同社の12ビットオシロスコープ「AgilentInfiniium 9000H」シリーズとして、帯域幅250MHz、500MHz、1GHz、2GHzの4モデルを発表した。

[17:21 1/9]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事