「ロボット」最新記事一覧

ロボットに関する技術トレンド、活用方法、ビジネストレンドなどを網羅。ハウツー記事も掲載

関連キーワード

ヘッドライン

タケロボ、AI技術を活用した卓上型コミュニケーションスタンドを販売開始

タケロボは6月22日、AI技術を活用した卓上型コミュニケーションスタンド「コミニスタ」の販売を開始したと発表した。無人店舗や無人ブース、非対面接客が望まれるシチュエーションでの活躍が期待される。

[08:00 6/23]

東京・品川で7月16日にレゴを使ったロボット教育イベントが開催

アフレルは、ロボットを活用したエンジニアリングの実践・教育の取り組みの紹介・ワークショップ・展示を一堂に集めたイベント「Robotics Education Day 2017」を、2017年7月16日に東京・品川区の品川シーズンテラスにて開催する。

[07:00 6/22]

安川電機、人がお手本を示すだけでロボットが再現する「実演教示機能」開発

安川電機は、研磨やバリ取りなどの熟練を要する複雑な接触作業のロボット化を促進するために、"人がお手本を示す"ことでロボットに動きを直感的に教える「実演教示機能」を開発したことを発表した。

[17:40 6/20]

東芝、福島第一原発3号機の原子炉格納容器内部を調査するロボットを開発

東芝と技術研究組合 国際廃炉研究開発機構(IRID)は6月15日、福島第一原子力発電所(原発)3号機の原子炉格納容器内部において、冷却水が溜まっている原子炉圧力容器下部のペデスタル内を遊泳し、内部の状況を確認することを目的としたロボットを開発したと発表した。

[06:30 6/16]

1歳になったロボホン、この1年でどこまで成長した?

2016年5月26日に発売したロボホンが、1歳の誕生日を迎えた。実はこのロボホン、ほぼ毎月アップデートが行われているため、踊れるダンスの種類が増えたり、まったくの新機能が追加されたりと日々進化している。今回は、ロボホンの誕生1周年を記念し、ロボホンがこの1年でどれだけの進化を遂げたのか、振り返ってみたい。

[07:00 6/15]

無動力の歩行支援機「ACSIVE」が進化 - 健常者が使える歩行支援機「aLQ」

今仙電機製作所は、名古屋工業大学(名工大)の佐野明人教授と共同開発を行ってきた無動力の歩行支援機「ACSIVE(アクシヴ)」の技術をベースに、「健康づくりのため」というコンセプトの元、健常者でも利用できる無動力歩行支援機「aLQ by ACSIVE」を開発した。

[18:23 6/14]

東北大ら、空気噴射で浮上する世界初のヘビ型ロボットを開発

東北大学、八戸高等工業専門学校、国際レスキューシステム研究機構らのグループは6月12日、空気噴射により頭部を浮上させることが可能なヘビ型ロボット(索状ロボット)を発表、東北大学・青葉山キャンパスにて報道陣に公開した。頭部を浮上させることで、瓦礫の踏破性能が向上するとともに、周囲を広く見渡すことも可能になる。

[12:02 6/14]

日立、三菱東京UFJ銀行で商品・サービスをロボットIT基盤で紹介する実証

日立製作所は6月9日、日立のリモート・ブレイン構成のロボットIT基盤を利用した、三菱東京UFJ銀行による商品・サービスの紹介を行う実証実験を支援すると発表した。同実験は6月12日から16日にかけて、東京都千代田区の同行本店において実施を予定している。

[10:59 6/12]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - BenQがロボットを開発? 2017年のCOMPUTEXはロボットも盛りだくさん

COMPUTEXは依然としてPC業界における最大級の展示会であるが、近年はIoT、AI、ロボットなどにも力を入れる姿勢を見せている。2016年からは、スタートアップに特化したイベントである「InnoVEX」も開始。最新の技術トレンドを取り込むことで、展示会としての生き残りを図っている。

[12:34 6/10]

インベスターズクラウドとウフル、IoTを活用した賃貸住宅に関する業務提携

インベスターズクラウドとウフルは6月9日、賃貸住宅事業に関する戦略的資本業務提携を行ったと発表した。

[16:56 6/9]

ソフトバンクがBoston DynamicsとSchaftを買収、ともに最先端ロボット企業

ソフトバンクグループは6月9日、Alphabet傘下の米Boston Dynamicsを買収すると発表した。取引条件の詳細は非公表となっている。Boston Dynamicsは、先進的なロボットの研究開発を手がけるアメリカの企業。ソフトバンクはBoston Dynamicsを買収することで、パラダイムシフトに関わるテクノロジーへの投資、ならびにスマートロボティクスの推進を狙う。

[16:48 6/9]

ソニー、教育機関向け「STEM教育パッケージサービス」の提供を開始

ソニー・グローバルエデュケーションは6月9日、教育機関向け「STEM教育パッケージサービス」の提供を開始した。

[16:13 6/9]

ソフトバンク、Alphabet傘下のロボット企業Boston DynamicsとSchaft買収

ソフトバンクグループは6月9日、Googleの親会社Alphabet傘下のロボティクス分野のパイオニアであるBoston Dynamicsの買収で合意に達したと発表した。同取引の一環として、二足歩行ロボットを開発する日本企業のSchaftの買収にも合意しているという。

[12:15 6/9]

安川電機、安全柵が不要で人と共に作業するロボット「MOTOMAN-HC10」発売

安川電機は、産業用ロボット「MOTOMAN(モートマン)」の新ラインアップとして、人協働ロボット(Collaborative Robot)「MOTOMAN-HC10」の販売を開始したことを発表した。可搬質量は10kg。

[09:29 6/9]

6月5日はPepperの誕生日、ガッツ石松さんもお祝い

6月5日はPepper3歳の誕生日。これに合わせソフトバンクは、Pepperの誕生日を祝う記念動画を公開している。動画では、ガッツ石松さんが5月31日にリリースされた「Pepper Maker」のスマホ版の「つくる」機能を使ってPepperに動きを教えている。Pepperは2014年6月5日に発表された感情認識ロボットだ。

[12:04 6/5]

RPAを強化するNTTデータ、その狙いと背景とは?

NTTデータは6月2日に記者セミナーを開催し、同社が提供しているロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)の最新動向をはじめ、同社のRPAサービスである「WinActor」の紹介や、同社のRPAに対する取り組みなどを紹介した。

[11:07 6/5]

新おもちゃプラットフォーム「toio」って? - 東京おもちゃショーのソニー発表会から

ソニーは6月1日、創意工夫によっておもちゃの楽しみの幅が広がる体感型トイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」を発表した。発売は12月1日でオープンプライスとなっているが、特典付きの先行予約をソニーのクラウドファンディング&Eコマースサイト「First Flight」にて行っている。

[18:02 6/4]

Apple、開発言語アプリ「Swift Playgrounds」でドローンやロボットに対応

米Appleは6月1日、iPad向けのプログラミング教育アプリケーション「Swift Playgrounds」で、ロボット、ドローン、楽器を使ってプログラミングを学べる手法を提供すると発表した。

[14:00 6/3]

玄人志向、Raspberry Pi 3を取り付けて制御するロボットカー組み立てキット

玄人志向は6月1日、自作IoTベースキット「KURO-IOTEXP/KIT3」向けの拡張キットとして、ロボットカー組立キットの「KURO-IOTEXP/RC0」を発表した。ボードコンピュータ「Raspberry Pi 3」を取り付けてコントロールする、学習・実験用機材という位置付け。6月8日から発売し、価格は15,120円(税込)。

[18:31 6/2]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - ADATAがロボット市場に本格参入、まずは家庭向けに2モデルを投入へ

2016年のCOMPUTEXでは、ASUSがロボットを発表して話題になったが、今回はADATA Technologyに注目だ。同社はメモリやSSDで知られるメーカーだが、2017年にロボット分野に新規参入するとのことで、ブースでは、開発したコミュニケーションロボットを大々的に披露していた。まず台湾・中国で発売を開始し、日本にも投入する予定だという。

[00:14 6/2]

FRONTNEOとオフィス24、AIロボットによる法人向け受付サービスを共同開発

FRONTEOの100%子会社で人工知能を利用したデジタル・コミュニケーション事業を展開するFRONTEOコミュニケーションズとオフィス24は5月30日、オフィス24の「MOT/Phone(モット/フォン)受付システム」とFRONTEOコミュニケーションズの人工知能(AI)搭載ロボットである「Kibiro(キビロ)」を連携させた、受付サービスを共同開発すると発表した。2017年6月から法人向けに販売およびサービスを開始する予定。

[13:30 5/31]

アスラテック、ロボットによる多言語作業をクラウドAIでサポート

ソフトバンクグループでロボット・ソフトウエア事業を行うアスラテックとForex Roboticsは5月30日、両社が技術提携し、コミュニケーションロボットを遠隔操作するオペレーターの多言語での対応業務を、クラウドサービスによりサポートするシステムを共同で開発したと発表した。

[12:58 5/31]

洗濯物をたたむだけで終わらない - 全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」の描く未来

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズは5月30日、全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」をメディア向けに披露し、同日より限定予約販売の受付を開始した。ここでは、ランドロイドの姿と、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズがランドロイドで実現しようとしている世界について紹介していこう。

[23:28 5/30]

全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」、ファッション&IoTサービスへ

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズは5月30日、全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」に関するメディアイベント「/laundroid world 2017」を開催した。ランドロイドのデモを披露すると同時に、エアークローゼット社とCerevo社との協働を発表。ファッションサービスやIoTサービスと合わせて展開する。

[13:43 5/30]

リンクスがUBTECHの国内代理店に - STEM教育向けにロボット製品を本格展開

リンクスインターナショナルは5月26日、中国のロボットメーカーUBTECH Roboticsと国内代理店契約を締結したことを発表。第1弾製品として、2足歩行ロボット「Alpha 1 Pro」や、組み立てロボット「Jimu」シリーズを6月3日より発売する。希望小売価格は、Alpha 1 Proが62,640円、Jimuシリーズは16,308円から。

[15:10 5/26]

ドコモ、家族の絆を結ぶガジェット「petoco(ペトコ)」を2017年夏提供

NTTドコモとフォーティーズは、子どもがいる共働き世帯のコミュニケーションギャップを解消できるサービス/デバイスとして、ホームコミュニケーションデバイス「Petoco」(ペトコ)を発表した。2017年夏にフォーティーズから販売される予定。価格や利用料金などの詳細は未定で、決まり次第案内されるという。

[15:00 5/24]

プログラミング、AI教材などこれからの教育関連製品が集結 - 第9回 教育ITソリューションEXPO

デジタル教材をはじめ、IT技術を活用した教育関連の最新製品やサービスが一堂に会する大規模見本市「教育ITソリューションEXPO」が5月17~19日に開催された。本稿では、"プログラミング教育"向けの教材など、今後話題となりそうな製品やサービスの一部を紹介したい。

[12:22 5/23]

高齢者向けにロボットの実証実験-会話の促進効果を検証

生涯健康脳住宅研究所は、高齢者の生活の場である自宅や介護現場において、コミュニケーションロボットの実証実験を5月17日より開始した。

[12:23 5/22]

企業の受付にニューフェイス! 温かさを演出する受付ロボット

工業設計技術サービス事業を営むアビストは、オフィスの来訪客とやり取りする受付電話の機能を充実させた小型ロボット「アビテル」を開発。6月から販売を開始すると発表した。情報を登録しておけば、来訪者は訪問時に自分の名前を伝えるだけで訪問先の担当者に内線が届くという仕組みになっている。

[18:53 5/19]

AIにロボット「富士通フォーラム2017」の見所を徹底レポート

富士通は5月18日と19日、「Human Centric Innovation : Digital Co-creation」をテーマに、デジタル革新に向けた共創の取り組みや、IoT、AIをはじめとする最先端テクノロジーについての展示やセミナーを行う「富士通フォーラム2017」を開催する。今回、プレス向けに事前に取材する機会を得たので、注目を集めた展示を紹介しよう。

[09:11 5/18]

ロボット バックナンバー

このキーワードについて (テクノロジー>産業機器/ロボット>ロボット)

ロボット トップへ
ロボットに関する技術トレンド、活用方法、ビジネストレンドなどを網羅。ハウツー記事も掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事