「ロボット」最新記事一覧

ロボットに関する技術トレンド、活用方法、ビジネストレンドなどを網羅。ハウツー記事も掲載

関連キーワード

ヘッドライン

ドコモ、家族の絆を結ぶガジェット「petoco(ペトコ)」を2017年夏提供

NTTドコモとフォーティーズは、子どもがいる共働き世帯のコミュニケーションギャップを解消できるサービス/デバイスとして、ホームコミュニケーションデバイス「Petoco」(ペトコ)を発表した。2017年夏にフォーティーズから販売される予定。価格や利用料金などの詳細は未定で、決まり次第案内されるという。

[15:00 5/24]

プログラミング、AI教材などこれからの教育関連製品が集結 - 第9回 教育ITソリューションEXPO

デジタル教材をはじめ、IT技術を活用した教育関連の最新製品やサービスが一堂に会する大規模見本市「教育ITソリューションEXPO」が5月17~19日に開催された。本稿では、"プログラミング教育"向けの教材など、今後話題となりそうな製品やサービスの一部を紹介したい。

[12:22 5/23]

高齢者向けにロボットの実証実験-会話の促進効果を検証

生涯健康脳住宅研究所は、高齢者の生活の場である自宅や介護現場において、コミュニケーションロボットの実証実験を5月17日より開始した。

[12:23 5/22]

企業の受付にニューフェイス! 温かさを演出する受付ロボット

工業設計技術サービス事業を営むアビストは、オフィスの来訪客とやり取りする受付電話の機能を充実させた小型ロボット「アビテル」を開発。6月から販売を開始すると発表した。情報を登録しておけば、来訪者は訪問時に自分の名前を伝えるだけで訪問先の担当者に内線が届くという仕組みになっている。

[18:53 5/19]

AIにロボット「富士通フォーラム2017」の見所を徹底レポート

富士通は5月18日と19日、「Human Centric Innovation : Digital Co-creation」をテーマに、デジタル革新に向けた共創の取り組みや、IoT、AIをはじめとする最先端テクノロジーについての展示やセミナーを行う「富士通フォーラム2017」を開催する。今回、プレス向けに事前に取材する機会を得たので、注目を集めた展示を紹介しよう。

[09:11 5/18]

産官学連携研究の拠点、東大生研の新しい実験施設が公開 - 西千葉から柏キャンパスへと機能移転

東京大学生産技術研究所(東大生研)の附属千葉実験所が今年4月、千葉市稲毛区から東京大学柏キャンパスへと機能を移転した。これに伴って5月2日、機能移転式典が行われるとともに新しい施設が報道関係者に公開された。

[17:00 5/17]

タキシード姿のロボホンや新型ドローンなど展示、ソフトバンク「+Style」が伊勢丹メンズ館とコラボ

ソフトバンクが運営するIoT製品の企画・販売プラットフォーム「+Style」が、三越伊勢丹とコラボする。コンセプトは"男の趣味のガレージ"。「組み立てドローン」「次世代型スピーカー」といった男心をくすぐるデジタル商品が、伊勢丹新宿店メンズ館の1階で展示・販売される予定だ。期間は5月15日から6月13日まで。

[17:14 5/15]

「AI革命」を加速させるNVIDIA - GTC 2017基調講演レポート

NVIDIAは、現地時間の5月8日~11日まで米カリフォルニア州San Joseにおいて、GPUを利用した深層学習やAIなどをテーマとした技術者向け会議「GTC 2017」(GTC:GPU Technology Conference)を開催した。3日目の5月10日には、NVIDIAの創始者兼CEOのジェンスン・ファン氏がキーノートに登壇した。

[16:58 5/15]

3感情の音声を表現できる「VoiceText Micro」、KIROBO miniに採用

HOYAサービスは11日、トヨタ製のコンパクトサイズで常に寄り添うコミュニケーションパートナー「KIROBO mini」専用アプリに、音声合成エンジンVoiceText Microが採用されたことを発表した。これにより、喜び・悲しみ・怒りの感情を表現するキロボと、豊かなコミュニケーションをとれるという。

[16:20 5/11]

自律ロボットバトルに挑戦してみた 第2回 無線でロボットと通信する

前回、ハードウェアについて説明したので、今回からは、ソフトウェアの話になる。だが本題に入る前に、理解しやすいように、まずはシステムの概要について整理しておきたい。ベースとなるロボットは市販キットの「KHR-3HV」(近藤科学)で、これには、サーボモーター「KRS-2552」が17個と、制御ボード「RCB-4」が含まれている。

[11:00 5/10]

岡山県総合教育センター、シャープ「ロボホン」でプログラミング授業支援

シャープは9日、岡山県総合教育センターがプログラミング教育を推進するため、パソコンにつないでプログラミングができる「ロボホン」を15体導入、県内の公立学校を対象に貸し出しを開始したと発表した。

[16:48 5/9]

AIと自動化の推進で未来は暗いものに!?

fossBytesに4月25日(米国時間)に掲載された記事「Jack Ma Warns: Future Will Be More "Painful" And Robots Will Steal CEO Jobs」が、アリババグループの創業者である馬雲氏の発言を引き合いに出し、今後ロボットと自動化および人工知能技術によってもたらされる影響について伝えた。こうした技術の普及によって雇用の絶対数は減ることになり、こうした状況に対応していく必要があるだろうと指摘している。

[08:00 4/27]

ヤフー、IoTプラットフォーム「myThings Developers」の正式版を提供開始

ヤフーは4月25日、事業者がさまざまなIoT製品やWebサービスを活用してサービスを創出できるIoTプラットフォーム「myThings Developers」の正式版を提供開始した。

[16:00 4/25]

DeNAと横浜市、無人運転サービス・AIを用いたプロジェクト開始

ディー・エヌ・エー(DeNA)と横浜市は4月24日、自動運転社会を見据えた新しい地域交通のあり方を検討する「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を開始すると発表した。最初の取り組みとして、4月27日28日にた金沢動物園でDeNAの自動運転バスの試乗イベントを実施する。

[11:30 4/25]

自動運転バス「Robot Shuttle」、金沢動物園内で一般向け試乗イベント

ディー・エヌ・エー(DeNA)と横浜市は24日、自動運転社会を見据えた新しい地域交通のあり方を検討する「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を開始した。

[18:23 4/24]

DHL、米国の製品倉庫にて協働ロボットによる出荷業務での実証実験を開始

DHLサプライチェーンは、米国・テネシー州のライフサイエンス製品を取り扱う倉庫において、出荷時の庫内ピッキング作業を支援する自律型協働ロボット「ローカスボット(LocusBots)」(ローカス・ロボティクス製)を活用した、2ヶ月間の実証実験を開始することを発表した。

[17:45 4/20]

JAL、ロボット活用で手荷物搬送支援 福岡空港で実証実験開始

JALは、福岡空港でロボットを用いた手荷物搬送支援の実証実験を実施している。期間は10日ほどで、ロボットはオムロン製の「LDシリーズ」を使用。車椅子の利用者やベビーカーの利用者などを主眼に、空港内でのさらなる安全と、手荷物を搬送する負荷の軽減を試みる。

[09:43 4/20]

富士通子会社、社員の共創実践の場開設で九州発IoTサービス創出へ

富士通のグループ会社である富士通九州システムサービスは4月17日、社員による共創実践の場である「Qube」を同社の本社オフィスに開設した。これを機に、顧客との共創活動をより強力に推進し、ロボット、IoTとAIなどを融合させた新たなデジタルサービスの創出を目指す。

[10:48 4/18]

自律ロボットバトルに挑戦してみた 第1回 市販キットをベースにセンサーを追加

2017年2月25日、自律ロボットによるバトル競技「ROBO-ONE auto」の第1回大会が開催された。2002年に誕生したROBO-ONEのバトル競技は人間による操縦が基本だったのだが、新しく始まった自律部門のautoでは、操縦は一切禁止。センサーからの情報を頼りに、ロボットが自分自身で判断して戦うことになる。この開催のお知らせを聞いたときに、ついうっかり出場したくなり、気がついたら申し込みボタンを押していた筆者。本記事はその顛末となるが、"自律ロボット"と言っても筆者の場合はまったく高度なことはやっていないので、「このくらいなら自分でも作れそう」と思ってもらえれば幸いだ。

[11:00 4/14]

NEC、SMB市場向け顔認証ソリューション事業を強化 - 製品ラインアップ拡充

NECは4月13日、都内で記者会見を開き、SMB市場(中堅・中小企業)向け顔認証ソリューション事業を強化し、ISV/ハードウェアメーカーなどソリューションパートナーとのアライアンスプログラムの新設や、全国の販売パートナーに対する支援体制の強化、また顔認証関連製品のラインアップ強化を行うと発表した。

[11:00 4/14]

パナソニックの新・アルカリ乾電池「EVOLTA NEO」 - 今度はノルウェーのフィヨルドで1000m登頂に挑む

パナソニックは4月10日、新・アルカリ乾電池「EVOLTA NEO」の性能をアピールする実証実験として、EVOLTA NEOで動くロボットでノルウェーのフィヨルド、1,000m登頂を目指す「乾電池EVOLTA新チャレンジ」を発表。EVOLTA NEOは、「パナソニック史上No.1長もち」を実現した、同社としては9年ぶりの新しい乾電池。オープン価格で、26日に発売される。

[20:13 4/10]

キャリアマート、RPA活用の採用業務ロボットに「応募者データの自動移行」

キャリアマートは4月10日、RPAテクノロジーズが提供するRPAテクノロジー「Basic Robo!」を活用した採用業務自動化ロボに、応募者データの移行作業を自動化する機能を追加し、提供を開始した。

[13:12 4/10]

Audi、ディープラーニングによるジェスチャ認識ロボットを生産現場に導入

ハイテク研究機関のベルギーimecならびにベルギーVrije Universiteit Brussel(ブリュッセル自由大学)、Hasselt大学、Audiのベルギー法人Audi Brusselsなどで構成される産業パートナー5者は3月29日(欧州時間)、製造現場における人間とロボットの相互意思疎通(ヒューマン・マシン・コミュニケーション)の新しいアプローチとして、ディープラーニングに基づくジェスチャ認識により、安全かつ柔軟な方法で人間と協力して作業を実現するコラボレーティブロボット(コボット)「Walt」を開発。Audi Brusselsの車載部品製造ラインに導入したことを明らかにした。

[19:39 4/4]

ソフトバンク、Pepperに"フィッシュモード"提供 - 時速100kmで泳げるように

ソフトバンクロボティクスは、感情認識ロボット「Pepper」の遊泳機能「フィッシュモード」を、4月1日限定で提供する。Pepperの下半身に船舶用の推進装置「シュナイダーモーター」の技術を採り入れることで、波に負けない推進力を実現したという。フィッシュモードは、海洋楽研究所 所長の林正道氏と共同開発している。

[00:00 4/1]

「週刊ロビ2」であえてWi-Fiを搭載しなかった理由とは? - 展示会「ロビエキスポ」

デアゴスティーニのヒットシリーズ「週刊 ロビ」第2弾である「週刊 ロビ2」が、6月6日より創刊される。それに先駆けて今週末(4月1日まで)、六本木ヒルズ内「ヒルズ カフェ」にて展示会「ロビエキスポ」が開催されている。本稿では、開催に先駆けて行われた記者発表会の様子をお届けする。

[12:00 3/31]

スタートアップ体験イベント開催-人気ロボット12種類以上30台が集結

東京都・日本橋のサイボウズ東京オフィスにて、起業家体験イベント「スタートアップウィークエンド(Startup Weekend)」が開催される。開催日時は4月16日18:00~4月18日21:00。

[09:00 3/28]

吉野家にロボット「CORO」を導入 - 食器洗浄で約78%の工数削減へ

協働ロボット「CORO(コロ)」を開発・製造・販売するライフロボティクスは27日、吉野家の店舗における食器洗浄工程で「CORO」を導入したことを発表した。この取り組みは、経済産業省平成28年度ロボット導入実証事業に採択されたものだ。

[12:42 3/27]

スタートアップ企業コンテスト「Innovation Award 2017」 - 社会を変えるソリューションが集結

日本マイクロソフトは2017年3月22日、15周年を迎える世界最大の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2017」の国内予選大会と、10周年目となるスタートアップ企業向けコンテスト「Innovation Award 2017」を都内で開催した。本稿ではInnovation Award 2017で各賞を受けた参加チームの内容を報告する。

[14:35 3/24]

エプソン、AC100V電源で稼動可能な産業用スカラロボット「T3」を発売

セイコーエプソンは3月23日、コントローラの一体化とモーターのバッテリーレス化を施した、AC100V電源で稼働可能な可搬重量3kgの産業用スカラロボット「T3」の受注を日本国内向けに開始したと発表した。同ロボットのアーム長は400mmで、標準価格は72万円(税別)としている。

[09:30 3/24]

「並列化」が現実に! アニメ「攻殻機動隊」のタチコマを1/8で再現したスマートトイが予約開始

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛けるCerevoは23日、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車「タチコマ」を1/8スケールで再現したスマートトイ「1/8タチコマ」を正式発表した。直販価格は税別157,400円。予約は23日から直販サイトで行え、製品発送は2017年6月を予定する。

[17:06 3/23]

ロボット バックナンバー

このキーワードについて (テクノロジー>産業機器/ロボット>ロボット)

ロボット トップへ
ロボットに関する技術トレンド、活用方法、ビジネストレンドなどを網羅。ハウツー記事も掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事