【連載】

仕事に役立つOfficeの使い方

16 [Word] 「タブ」で文字列の間隔を整える

16/20

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していく。第16回目は、Wordのタブ機能を活用して文字列内の間隔(空白部分)を調整する方法を確認する。タブの位置はルーラーにある「タブ」ボタンで変更可能だ。

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

ルーラー上にタブのマークを設定して調整

Wordでは、テキストの途中でキーボードの「Tab」キーを押すことでタブを挿入できる。複数の段落でテキスト位置を揃える場合などに便利な機能だ。「Tab」キーを何度か押して複数のタブを挿入することで、空白部分を長くできるが、それよりもっと効率的にテキスト位置を調整する方法がある。編集画面上部のルーラーにある「タブ」ボタンを使うやり方だ。

画面のように「 (名前) (タブ) (担当地区)」と入力すると、名前と担当地区の配置を揃えられる。タブの後ろにくる、担当地区の位置を調整したい場合は、すべての段落を選択してルーラー左端の「タブ」ボタンが「L」型の「左揃え」になっていることを確認する

担当地区テキストを揃えたい位置のルーラー下部をクリックすると「左揃え」タブのマークが付き、その位置にテキストが揃えられる。このようにしてタブによる空白部分を調整することが可能だ

ルーラー下の「左揃え」マークを右にドラッグするとタブの幅をさらに広げられる

「左揃え」マークを左にドラッグするとタブの幅を狭めることもできる

ルーラー左の「タブ」ボタンをクリックするとタブの種類を切り替えられる。「縦棒」マークに変更して任意の位置のルーラー下をクリックすると、その位置に棒線が作成される

設定した棒線が不要になったら、ルーラー下の「縦棒」マークを下にドラッグする

縦棒が削除された。他のタブのマークも下 (上でも可) にドラッグすると解除できるので覚えておこう

16/20

インデックス

連載目次
第20回 [Excel] シートの表示倍率を変更する
第19回 [Word] 行や段落の間隔を調整する
第18回 [Excel] 「オートフィル」で連番入力が簡単に
第17回 [Excel] 「クリップボード」を活用してコピー上手に
第16回 [Word] 「タブ」で文字列の間隔を整える
第15回 [Word] 段落の始まりと終わりの文字位置を揃える
第14回 [Excel] オートコンプリートを使わない
第13回 [Excel] 同じ文字列を繰り返し入力する
第12回 [Word] 段落の冒頭に番号や記号を入力する
第11回 [Excel] オートSUMで合計値や平均値を一発計算
第10回 [Word] あいさつ文をビジネス文書に簡単入力
第9回 [Excel] 四則演算の基礎をマスターする
第8回 [Word] フッターにページ数とファイル名を表示させる
第7回 [Excel] 新規作成時のフォント設定を変える
第6回 [Excel] 文字列の横書き/縦書きを変更する
第5回 [PowerPoint] オンラインテンプレートを上手に選ぶ
第4回 [Word] 写真を挿入してテキストを回り込ませる
第3回 [Excel] 行と列の幅を調整する方法 - 後編
第2回 [Excel] 行と列の幅をまとめて調節する - 前編
第1回 [Office全般] リボンの表示設定を変更する

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事