東京モーターショー2017 - ヤマハ「MOTOROiD」「MWC-4」など、四輪も展示へ

ヤマハ発動機は12日、「第45回 東京モーターショー2017」にて「YAMAHA FUTURE GARAGE 響きあう未来へ。」をテーマに出展すると発表した。今年の東京モーターショーは東京ビッグサイトで10月25日から開催。10月28日から11月5日まで一般公開される。

「MOTOROiD」

「MOTOBOT Ver.2」

ヤマハブースでは、世界初披露のワールドプレミア6モデル、日本初披露のジャパンプレミア4モデルを含む電動アシスト自転車、スクーター、モーターサイクル、リーニング・マルチ・ホイール(LMW)、四輪車のデザインコンセプトモデルなど合わせて20モデルを展示。「人とマシンが共響(きょうめい)するパーソナルモビリティ」の概念検証実験機「MOTOROiD(モトロイド)」や、ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT(モトボット) Ver.2」の技術展示など、小型モビリティを基幹事業とするヤマハならではの「もっとひろがるモビリティの世界」を提案する。

「MOTOROiD」は新しい感動体験の創出を目的に、知能化技術というインテリジェンスを用いて「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」をめざす概念検証実験機。オーナーの存在を認識するなど、まるで生きているようなインタラクション(相互作用)機能を持ち、こうしたチャレンジに取り組みながら新しい価値を生み出す技術の獲得をめざしている。

「MOTOBOT Ver.2」は、モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合し、未知の領域を開拓する自律ライディングロボット。車両そのものには手を入れず、ヒト側から見た車両操作にフォーカスし、高速でのサーキット走行を可能にした。2017年の開発マイルストーンとして設定したのは、「200㎞/h以上でのサーキット走行」と、MotoGPのトップライダー、バレンティーノ・ロッシ選手とのバトル。この開発で得た高度な要素技術や知見は、既存ビジネスの新たな価値創造や新規ビジネスの開拓に生かされるという。

ヤマハ「MWC‐4」

ヤマハ「YPJ-XC」

「MWC‐4」は、「ハーフサイズモビリティ」をコンセプトに開発した、二輪車から発想したモビリティの可能性を広げる前後2輪の4輪LMW。従来の二輪車にはない快適性と、発電用エンジンを備えたモータードライブや姿勢制御技術が実現する新感覚の走行フィーリングをモーターサイクルと楽器からインスパイアされたスタイリングで表現した。

電動アシスト自転車では、「YPJ」シリーズの新提案となる「YPJ-XC」のほか、最新のパワーユニット「PW-X」を搭載して市販モデルに近づけたマウンテンバイク「YPJ-XC」、欧州で定評のあるパワーユニット「PW-SE」を搭載したクロスオーバーロードバイク「YPJ-ER」、フラットバーロードバイク「YPJ-EC」、トレッキングバイク「YPJ-TC」の4モデルを出展する。

関連キーワード

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事