カシオ、新ブランド「G'z EYE」からタフネスカメラ「GZE-1」発表

カシオ計算機は10月11日、タフカメラの新ブランドとして「G'z EYE」(ジーズアイ)を立ち上げ、第1弾の製品として、対衝撃性能などに優れたタフカメラ「GZE-1」を発表した。10月27日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格予想価格は50,000円前後(税別)。各種のアタッチメントなど、多彩なオプションも用意する。

GZE-1

GZE-1は、ダンスやスケートボード、サーフィン、BMXなど、エクストリームスポーツの撮影にも適したタフカメラ。カシオの耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」や、セパレート型デジタルカメラ「Outdoor Recorder」で培われたノウハウを投入し、4mの落下衝撃性能、50mの防水性能、IP6Xの防塵性能、-10度の耐寒性能を備えている。

10月11日に行われた発表会から。写真右の液晶コントローラーは専用オプション

カメラ部の内部をウレタン樹脂でカバーし、ボタン周りは「G-SHOCK」で使われているボタンガードシリンダーと同じ構造を採用。ガスケットを二重に内装して水の侵入を防ぎつつ、衝撃も緩和する。防水部品の上面には櫛歯型の防波構造カバーを配置することで、内部機器を衝撃や水圧から保護する。レンズの焦点距離は13mm(35mm判換算)という広角の単焦点で、明るさはF2.8、画角は静止画で190.8度、動画で170.4度。

撮影中の動画の一部だけをスローモーション記録する「ドラマチックスロー機能」を搭載。スローに切り替える範囲は、ボタンを押す「前」「前後」「後」から選択でき、動画撮影中であればいつでもスローモーションへ切り替えられる。

専用アプリ「G'z EYE」

専用アプリ「G'z EYE」をスマートフォンにインストールすることで、スマートフォンとの連携が可能。無線機能はIEEE802.11b/g/n無線LANとBluetooth 4.1に対応し、カメラのリモート操作や、画像、動画の転送などが行える。GZE-1本体は液晶モニタを持たないため、ファインダー機能を使うにはスマホと連携させるか、オプションの液晶コントローラーが必要。また、カシオのアウトドア向けリストデバイス「PRO TREK Smart WSD-F20」との連携にも対応している。

GZE-1の主な仕様は、撮像素子が裏面照射型の1/2.3型CMOSセンサー、総画素が2,114万画素で、有効画素数が690万画素。記録画素数は、静止画が最大600万画素(3,008×2,256ドット)。最大1,920×1,080ドット(フルHD) / 30fpsの動画撮影に対応する。

画像ファイル形式は、静止画がJPEG、動画がMOV(H.264/AVC準拠)。約14.8MBのメモリを内蔵するほか、外部メモリとしてmicroSDメモリーカード(SDXC対応)を使用できる。電源は専用リチウムイオン充電池「NP-150」を使用。撮影枚数はCIPA準拠で約355枚、フルHD動画実撮影時間は約1時間10分、連続動画撮影時間は約1時間35分。本体サイズはW74.1×D46.4×H75mm、重量は約172g。

GZE-1対応オプションも豊富に用意(括弧内は税別価格)。リモートコントローラー「GEC-1」(6,000円)、液晶コントローラー「GEC-10」(20,000円)、チェストマウントハーネス「GEA-1」(7,000円)、スタンド付きカラビナ「GEA-2」(5,000円)、ジンバル「GEA-3」(50,000円)が、10月27日に発売される。ジンバル「GEA-3」のみ、2018年3月の発売予定だ。

リモートコントローラー「GEC-1」

液晶コントローラー「GEC-10」

チェストマウントハーネス「GEA-1」

スタンド付カラビナ「GEA-2」

ジンバル「GEA-3」

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事