二宮和也、笑い抜きで観客に語りかけた思い「人の温かさは変わらない」

嵐の二宮和也(34)、俳優の綾野剛(35)らが25日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』(11月3日公開)の上映後に完成披露舞台あいさつを行った。

左から宮崎あおい、西島秀俊、綾野剛、滝田洋二郎監督

本作は秋元康が企画し、料理番組『料理の鉄人』(フジテレビ系・93~99)を手掛けた原作・田中経一氏、映画『永遠の0』(13)などで知られる脚本・林民夫、映画『おくりびと』(08)の滝田洋二郎監督によって映画化された作品。

二宮が演じるのは、"絶対味覚=麒麟の舌"を持つ男・佐々木充。70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案した幻のフルコースを再現するために、料理を通じて過去を巡る。太平洋戦争開戦直前の満州国で、山形の身に何が起こったのか。そして、なぜ料理は発表されないまま歴史の闇に葬られてしまったのか。その真実に迫る姿を描く。

司会者から「ここ気づきましたか? というこだわりのシーンを」と求められ、「ここ気づきましたか? うーん……僕が出ていたの気づきましたか?」と返した二宮。その後も、プライベートでも親交の深い綾野との愛情あふれる「剛ちゃん」「ニノ」の絶妙な掛け合いで和ませる。常に笑いを意識しサービス精神旺盛な二宮だが、イベントの最後を締めくくる場面では一転、約4,500人の観客を前に神妙な表情で本作に込めた思いを語った。

「今日、お集まりいただいた皆さんはたぶん年齢も性別も価値観も全然違う人たちが集まって観ていただいたと僕は思っているんですけども、人間が温かさを感じる温度はみんな一緒だと思うんですよね。だから、それって。みんなには家族があって、好きな人がいて、もしかしたら子供がいる人もいるかもしれない。生きていくうちに経験する人の温かさ、温度は変わらないものだと僕は思っています。それがこの映画には必ずあって。僕はその温かさがこの映画の一番良いところだと思っています。なので、それをいろいろな会場で、映画館とかいろいろなところで、初めて会った人たちと共有していただけると、この映画もすごく喜ぶんじゃないかなと思います。劇場に足を運んでみていただきたいなと。また、『ラストレシピ』を応援していただきたいなと思います。ありがとうございました」

上映前のマスコミ向け報告会見では、撮影現場での日々を「贅沢な時間」と表現した二宮。それは、余裕を持って翌日の撮影に備えられたこと、綾野との普段に近い空気感を滝田監督が受け入れてくれたことを踏まえての言葉だったのだが、舞台あいさつの冒頭では「自分たちのコンサートの時にですね、『ラストレシピ』ってどういう映画なの? とメンバーから聞かれていて。僕はずっと最初から最後まで"お料理エンターテイメント"と言わせていただいて。日本初のお笑い……あ、お笑いじゃないや」と本作を紹介。時にはふざけ、時には真剣に。両面から本作の魅力、そしてメッセージを伝えていた。

この日は二宮、綾野のほか、西島秀俊(46)、宮崎あおい(31)、西畑大吾(20)、滝田洋二郎監督(61)が出席した。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事