アイ・オー・データ、144Hz駆動対応で低遅延の24型ゲーミング液晶

アイ・オー・データ機器は20日、144Hz駆動に対応する24型ゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GC241HXB」を発表した。10月下旬に発売する。価格はオープン。直販価格は税込42,984円。

LCD-GC241HXB

ゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta(ギガクリスタ)」シリーズの新モデル。最大144Hzの高リフレッシュレートに対応し、滑らかな画面表示が可能となっている。低遅延モードを備え、同モードでは遅延時間が0.05フレーム(約0.35ms)と少ないことも特徴。

ゲーム向け機能を複数搭載する。「Night Clear Vision」では暗いシーンを明るくして鮮明に表示。また、写真やゲームに最適な「エンハンストコントラスト」では、映像の階調をコントラストが上昇するよう調整し、映像にメリハリを与えられる。「CREX」では映像を自動で判別し明るさを最適化。低解像度の映像をシャープにする超解像技術は、10段階での調節が行える。

テキスト / 静止画 / 動画 / ゲームなどのコンテンツに適した設定もプリセット済み。バックライトのちらつきがないフリッカーレス設計と、5段階でブルーライトを低減する「ブルーリダクション機能」なども搭載する。

主な仕様は、画面サイズが24型ワイドの非光沢(ノングレア)、解像度が1,920×1,080ドット、視野角が上下160度 / 左右170度、輝度が350cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、応答速度が5ms、オーバードライブ時は最大1ms(GTG)。2W+2Wのステレオスピーカーを内蔵する。

映像入力インタフェースはHDMI×3、D-Sub×1、DisplayPort×1。スタンドのチルト角度は上20度 / 下3度、スイーベルは左右130度、110mmの高さ調節とピボットも可能。VESAマウントは100mmに対応し、本体サイズはW568×D231×H410~520mm、重量は6.0kg(スタンドあり)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事