有村架純、シックな肩出しドレスで登場! 大人の恋愛挑戦「一生忘れない」

女優の有村架純が23日、都内で行われた映画『ナラタージュ』(10月7日公開)の完成披露試写会舞台挨拶に、松本潤(嵐)、行定勲監督とともに登場した。

有村架純

同作は、作家・島本理生による同名の恋愛小説を実写化。高校の時の演劇部顧問教師・葉山(松本)に想いをよせる泉(有村架純)は、卒業以来1年ぶりの再会に想いをつのらせ、葉山の方もまた泉に複雑な感情を抱える。

有村は「1年前の夏、『ナラタージュ』という世界の中にいられたことが、今はとても誇りに思います」と撮影を振り返る。「当時は23歳でしたが、大人の恋愛というものを23歳で演じられたことは、きっと私にとって一生忘れられない出来事だと思います」としみじみ語った。

大人の恋愛という点には「どのように展開していくんだろうという楽しみもあり、とっても難しい役でもあったので、緊張してましたね」と心境を吐露。富山で行われたロケに「ノスタルジックな雰囲気を持ちながら、作品に力も添えてもらってる」と語り、「廃校をお借りして撮影したり、海辺とか、ラストのシーンだったり、本当にベストマッチな場所がたくさんあったと思います」とアピールした。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事