伊野尾慧、山本美月からのイラスト贈呈に驚き! きゅるるんポーズで応える

女優の山本美月とアイドルグループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が20日、都内で行われた映画『ピーチガール』(5月20日公開)公開初日舞台あいさつに、真剣佑、永野芽郁、神徳幸治監督とともに登場した。

左から神徳幸治監督、真剣佑、山本美月、永野芽郁

原作は累計発行部数1,300万部を超える同名の少女漫画で、人気漫画家・上田美和の代表作。日焼けした肌と赤い髪のせいで周囲から「遊んでいる」と誤解されてしまうが、誰よりも純粋な女子高生・安達ももを山本、ももに興味を持つ学校一のモテ男・岡安浬(カイリ)を伊野尾が演じる。

伊野尾演じるモテ男・カイリ派か、真剣佑演じる爽やか優等生・とーじ派か聞かれた山本は、一貫して「とーじ派」を主張する。今回は山本を振り向かせるために、伊野尾が作中に登場する飴細工のケーキをサプライズで用意し、山本にプレゼントした。

飴細工を作成し、プレートの文字を書く伊野尾の証拠写真が映し出されると、山本は「これ劇中じゃないの!?」と驚きの様子。伊野尾が「皆さんより、入り時間めちゃくちゃ早く入ってますから!!」と主張すると、山本も「確かに、ドライヤーの音がきこえてたから、今日はもういるんだって思った」と納得していた。「大ヒットの願いと感謝の気持ち」を込めて手伝ったというケーキに、山本も感動したものの「とーじ派」は変わらず、伊野尾は肩を落とす結果となった。

一方、山本も伊野尾にサプライズプレゼントを用意。イラストが得意という山本は、伊野尾が演じるカイリの女装姿を描いていた。「自分がサプライズする側だと思ってた」という伊野尾は「うわ、すごい!! かわいい!! これは嬉しい」と大喜び。2~3時間かけて描いたという山本は「ちゃんとね、すね毛剃った後もあるの」とこだわりを語り、伊野尾は「家の一番高いところに飾ります」と宣言していた。

フォトセッションでは、イラストに書いてある「きゅるるん☆」という擬態語を声に出し、同じポーズをとっていた伊野尾。気づいた永野と山本も同様に"きゅるるんポーズ"をとって撮影に臨んだ。一方、真剣佑は3人が同じポーズをとっていることに気づかず、最後に驚いた表情を見せ、観客を笑わせていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事