有村架純、上下透け衣装で肌チラ見せ - 多忙ゆえか「頭が回らない」苦笑

女優の有村架純が22日、都内で行われた映画『3月のライオン』(前編3月18日、後編4月22日公開)後編の初日舞台挨拶に、神木隆之介、倉科カナ、清原果耶、前田吟、加瀬亮、伊勢谷友介、大友啓史監督とともに登場した。

有村架純

同作は、羽海野による同名コミックを実写化。中学生という若さで棋士としてデビューし、東京の下町で一人暮らしをしている桐山零(神木隆之介)を主人公とし、将棋や下町の人々との交流を通じて、心のどこかで空虚を抱えている零がさまざまな思いに直面していく様を描く。

有村は透け感のあるトップスに、ショートパンツとレースパンツを組み合わせたボトムスで登場。清楚でありながらデコルテ&背中&肩をチラ見せし、観客を魅了した。

挨拶では順調に話し始めたものの、途中で急に「この、この作品……」とつっかえてしまい、「ごめんなさい朝からちょっと調子が悪くて、頭が回らないんです」と苦笑した有村。現在NHK連続テレビ小説『ひよっこ』主演を務めるだけに、多忙な生活をうかがわせた。有村は、伊勢谷から「大丈夫、いつものペースだよそれ」とつっこまれながら、改めて「この作品が届いて欲しいと思っているので、すごく嬉しいです」と頭を下げた。

また、作品内で印象的なシーンを聞かれた有村は「川本家のシーンは大好きで。ひなちゃん(清原)が途中いじめに遭ってしまって『絶対に間違ってない、後悔してない』って言ったシーンとかも」と回答した。有村は「胸がギュッと苦しくなったりとか」とシーンを振り返り、「零くんにとってもひなちゃんにとっても、川本家のあたたかさに救われてたなと、前編・後編通してすごく思いました」と真摯に語っていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事