有吉弘行、女優モードの川栄李奈に感慨「ただの足の臭いバカだったのに」

 

元AKB48で女優の川栄李奈が、6日に放送されたTBS系バラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(毎週木曜21:57~22:54)に出演。AKB48時代に番組でよく共演していたMCの有吉弘行は、女優として登場した川栄に感慨を示した。

川栄李奈(左)と有吉弘行

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で女優としての評価を上げた川栄。AKB48時代は"おバカキャラ"として知られていた川栄に対し、『有吉AKB共和国』(同局)でよく共演していた有吉弘行は「女優さんとしてメインゲストで座っているのは不思議。ただの足の臭いバカだったのに」と話した。そして、川栄が「しーっ!」と過去を封印しようとすると、有吉は「もう、しーっ!になったのか」と返した。

「みんなの掲示板」のコーナーでは、川栄へ「おバカなのにセリフ覚えるのは大丈夫?」という質問が寄せられ、川栄は「大丈夫です。"勉強ができないバカ"で"普通のバカ"じゃない」と主張。するとバイきんぐの小峠英二が「"勉強のできないバカ"は一番バカなんじゃない?」と突っ込み、スタジオから笑いが起こった。

また、嵐の櫻井翔が「勉強で歴史の年号覚えるのとセリフ覚えるのは、意味一緒じゃないの?」と聞くと、川栄は「歴史は得意です」と自信。ところが、鎌倉幕府成立の年である「1192年」という簡単なお題に「関ヶ原の戦い」と間違え、スタジオは爆笑。櫻井も「すぐおバカばれちゃった」と笑った。

それでも川栄は、「セリフは入ってくる」と話し、「ひたすら読みます、ずっと」と説明。有吉に「読めない漢字あるでしょ?」と言われると、「マネージャーさんがふりがな振ってくれたりとか、周りの人に聞きながら」と答えた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事