松本潤の"耳芝居"と"目の演技"に注目!『99.9』主人公はこんな男だ(1)

嵐の松本潤が弁護士役に初挑戦するTBS系ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(毎週日曜21:00~)が4月17日よりスタートする。松本演じる主人公・深山大翔はどんな人物なのか。松本と『花より男子』(同局)などでもタッグを組んだ本作の瀬戸口克陽プロデューサーに聞いた。

『99.9-刑事専門弁護士-』場面写真 (C)TBS

瀬戸口氏が企画段階からイメージしていた主人公は「ひょうひょうとした人物」で、「ひょうひょうとした感じをどう表現するかが今回のポイントだった」と説明。「松本さんは目力が強いけれど、決め過ぎずに対峙した時にフッとかわしてサイドから当たっていく…そういうどこから手が出てくるかわからない感じをどう作っていこうかと、本人とも話をしました」と明かし、「何度も試してこのくらいかなというのをつかんでいった」と語った。

確かに予告映像を見ても、鋭いというより柔らかい視線という印象を受ける。瀬戸口氏は「抜く芝居って難しいんです」と続け、「ガッと熱くなるのはテンションをかければいいのですが、抜きながらも何かつかんだ瞬間をどう表現していくか。目の奥がキラッと光る感じなんですけどね」と話す。試行錯誤しながらたどり着いた松本の目の演技に注目だ。

また、松本のアイデアで、耳を触る癖があるキャラクターにしたという。「それはいいアイデアだということで採用し、いろんな場面で耳を触るようにしている」と語り、「話を聞いて気になった時や考えごとをしている時に耳を触り、集中して考えたい時には耳をふさいで、そしてはずす。耳芝居にも注目です!」と呼びかけている。

本作は、個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑むリーガル・エンターテインメント。松本が、99.9%刑が確定してしまった案件でも、残された0.1%の事実を納得するまでとことん追求する型破りな若手弁護士・深山大翔を演じる。

4月14日に都内で行われた舞台挨拶の模様

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事