Thermaltake、専用ユニットによるスタックが可能なフルタワーケース

 

アスクは23日、Thermaltake製のフルタワー型PCケース「Core W100」と、拡張ユニット「Core P100」を発表した。ともに3月25日から発売する。店頭予想価格(税別)は「Core W100」が38,980円前後、「Core P100」が14,980円前後。

Core W100

Core W100

「Core W100」は、XL-ATXに対応するフルタワー型PCケース。シャーシやドライブベイなど、ケースを構成するパーツをDIY可能なフルモジュラーデザインを採用。搭載ベイ数は外部5.25インチベイ×3基、内部3.5インチ/2.5インチ共用ベイ×10基(HDDケージに最大6基、マザーボードベース部に最大6基)と拡張性にも優れ、最大600mmクラスのラジエターも内蔵できるなど、パーツ構成や冷却システムに応じて内部構造をカスタマイズできる。

ファンは付属していないものの、搭載可能ファン数は最大19基と多い。搭載可能箇所は、上面に200mm×3基 / 140mm×4基 / 120mm×4基、前面に140mm×2基 / 120mm×3基、背面に140mm×1基 / 120mm×1基、底面に140mm×3基 / 120mm×3基、右側面に200mm×6基 / 140mm×8基 / 120mm×8基となっている。

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が10基、拡張カードスペースが最大635mmまで、搭載できるCPUクーラーの高さが最大200mmまで、搭載できる電源の奥行きは最大220mmまで。外部インタフェース類はUSB 3.0×4基、マイク入力×1基、ヘッドホン出力×1基。本体サイズはW310×D678×H677mm、重量は22.4kg。対応フォームファクタはXL-ATX / Extended ATX / ATX / マイクロATX / Mini-ITX。

Core P100

Core P100

「Core P100」は、「Core W100」の上下にスタック可能な専用拡張ユニット。フルモジュラーデザインを採用するので、パーツ構成に合わせてユニット自体を自由に組み上げられる。「Core W100」のドライブケージも内蔵可能。

内部には最大600mmクラスのラジエターを内蔵でき、搭載可能ファン数は、上面に200mm×3基 / 140mm×4基 / 120mm×4基、前面に140mm×1基、底面に140mm×4基 / 120mm×4基、側面に140mm×4基 / 120mm×4基となっている。本体サイズはW310×D678×H249mm、重量は8.7kg。

フォトギャラリー

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

春雨スープやグラノーラも!? 実はダイエット向きじゃない食品6選
[15:34 7/27] ヘルスケア
『ガヴリールドロップアウト』のTVアニメ化が決定! メインスタッフを公開
[15:32 7/27] ホビー
Windowsのプロダクトキーをコマンドで知る方法
[15:30 7/27] 企業IT
TVアニメ『初恋モンスター』よりラバストなどユニークなグッズが登場
[15:15 7/27] ホビー
ガイアの夜明けの「患者を救う"極めた技術"」特集に称賛の声が続々
[15:08 7/27] ヘルスケア