ホンダ新型FCV「クラリティ フューエル セル」の第1号車を経済産業省に納車

 

本田技研工業(ホンダ)は新型燃料電池自動車(FCV)「クラリティ フューエル セル」の第1号車を経済産業省に納車したと発表した。納車式は3月17日に行われ、星野剛士経済産業大臣政務官とホンダ代表取締役社長 社長執行役員の八郷隆弘氏が出席した。

経済産業省に納車されたホンダ「クラリティ フューエル セル」

「クラリティ フューエル セル」納車式の様子

「クラリティ フューエル セル」はFCVの本格普及をめざし、3月10日に発売された。燃料電池パワートレインの小型化を図り、ボンネット内に搭載することで、セダンタイプのFCVとして初めて5人乗りを実現。一充填走行距離を従来比で約30%延ばし、約750kmとするなど、ガソリン車と変わらない使い勝手を実現しているのが特徴だ。

納車式に出席した星野剛士経済産業大臣政務官は、「『クラリティ フューエル セル』に乗り、改めて水素社会実現に向けたホンダの情熱を感じました。FCVと水素ステーションの普及に向けて、今後も関係者と密に連携しながら、官民を挙げて取り組みを進めてまいります」と述べている。

八郷隆弘氏も、「さらに技術を磨き、お客様がよりお求めやすい価格の魅力あふれるFCVをお届けしていくことで、FCVの普及と水素社会の実現に貢献してまいります」と述べ、高価格が普及のネックとなっているFCVの低価格化に意欲を見せた。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

赤ちゃんへのB型肝炎ワクチンは必要? 接種が公費になる今、知っておきたい事
[07:00 9/27] ライフスタイル
ピース又吉、次回作は「今、書き始めてます」リリーとの文壇トークで明かす
[07:00 9/27] エンタメ
GEと東電、火力発電向けIoTソリューションの共同開発で合意
[07:00 9/27] テクノロジー
低糖質メニューも! 管理栄養士監修の5テーマから選べる週替わり定食が登場
[07:00 9/27] ヘルスケア
SMAP中居正広、意味深発言連発「本人にしかわからないことがたくさんある」
[06:44 9/27] エンタメ