ゴキブリとふれあえる! 名古屋で「キモい展」開催 - 衝撃のバッタソフトも

 

「キモい展」が名古屋パルコにて開催される

テレビ愛知は4月8日~5月15日の期間限定で、山口県周南市の「周南市徳山動物園」の監修のもと「キモい展」を名古屋パルコ「パルコギャラリー」(愛知県名古屋市)にて開催する。

同展は、「怖い」「気持ち悪い」と感じるような生き物「キモアニ」を集め、展示する展覧会。「水のキモアニ」「陸のキモアニ」「蟲のキモアニ」などのカテゴリごとに、さまざまな生き物をそろえる。

同展覧会を監修する「周南市徳山動物園」は、2013年と2014年の夏に「ぞくぞく! 不思議動物キモだめし」を開催。さらに、2015年にはゴキブリにスポットをあてた「ゴキブリ展」を開催し、およそ1万人の来場者数を記録したという。

展示する生き物の紹介に関しては、ただ不気味さを取り上げるだけではなく、「何でそんな色なの?」「何でそんな形なの?」といった疑問点を切り口として、さまざまな視点から紹介するとのこと。

「キモアニ」の一例。左から、「ウデムシ」「バジェットガエル」(画像クリックでモザイクが取れます)

「ミミズトカゲ」(画像クリックでモザイクが取れます)

また、生き物と素手でふれあえる「キモアニふれあいコーナー」も開催される。現在の予定では、ゴキブリの1種である「レッドローチ」、甲虫の幼虫「ジャイアントミルワーム」、ヘビの仲間である「コーンスネーク」と「ボールパイソン」、世界最大級のオオヤスデである「タンザニアオオヤスデ」の5種類の生物が登場予定とのこと。安全には十分に配慮した上でふれあいが行われるという。

また、「ゴキブリ皿」「ムカデ皿」「ムカデマグカップ」「クリアファイル」などの展示関連グッズも販売予定となっている。

関連グッズも販売。左から、「ゴキブリ皿」「ムカデ皿」「ムカデマグカップ」(画像クリックでモザイクが取れます)

ほかにも、4月29日~5月8日では、名古屋パルコ西館1階の店頭イベントスペースにて「キモいKITCHEN」を展開。イナゴのつくだ煮をそのままトッピングしたソフトクリーム「バッタソフト」(400円)などのコラボレーションメニューを販売する。

「バッタソフト」(400円・画像クリックでモザイクが取れます)

同展の開催時間は各日10:00~21:00で、入場は閉場の30分前まで。入場料は800円(前売り券は700円)となる。全国のサークルKサンクスにて3月8日販売を開始している。

※価格は全て税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

乗り換えの情報だけじゃない。駅すぱあとの「駅すぱモール」がスタート
[16:23 6/29] 企業IT
さくらインターネット、モリサワのWebフォントをサーバ利用者に無料提供
[16:18 6/29] 企業IT
ドラッグストアで興味を持った物は何? - 日本在住外国人に聞いてみた
[16:12 6/29] ヘルスケア
ANA、羽田=米国路線のダイヤ確定--新ニューヨーク/シカゴ線は利便性に配慮
[16:07 6/29] 趣味
KDDI、60Tbps伝送を実現する光海底ケーブル「FASTER」を運用開始
[16:05 6/29] 家電