坂上忍、加藤紗里を説教「業界人としての節度がない」「前科一犯」

俳優の坂上忍(48)が、11日放送のフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう2時間SP』(19:00~20:54)で、タレントの加藤紗里(25)を説教した。

俳優の坂上忍

今回、ダウンタウンと坂上忍がはしご酒をしながらゲストと語り合う企画「本音でハシゴ酒」の第13弾を放送。1人目のゲストとして、5日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(同局)でお笑い芸人・狩野英孝との破局を宣言した加藤が登場し、一連の騒動の真相を語った。

坂上は、今回の騒動について「男と女のことなのに、その中で解決しないで、紗里ちゃんにも落ち度はあると思う。ツイートしちゃダメなんだよ」と指摘。加藤が「守ってくれるのが…」と言うと、「そんなのありえない。ガキだよ。勝手にやっちゃダメ。そういうことやっちゃうから素人って言い訳したくなっちゃう。ここにいる自体、素人じゃないんだよ」と説教した。また、「業界人としての節度がない」と言い切った。

松本人志は「そんなすぐツイッターするような子とは付き合わない方がいいよね。狩野はそこを勉強したと思う。君も、こいつ危ない女だなと思われてしまうからね」と今回の騒動でお互い学ぶべきだと伝え、「芸能人は絶対君と付き合わないからね。完全に痛い女ってなっちゃってるから厳しいよね。1回やってしまっているから」と意見。坂上も「芸能界ルールがあるなら前科一犯だよ」と厳しい言葉を放つと、加藤は「そっか…」と受け止めていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事