日本サムスン、USB 3.1 Type-Cの高速ポータブルSSD「T3」

 

日本サムスンは26日、Samsung V-NANDを搭載するポータブルSSD「Samsung Portable SSD T3」を発表した。250GB / 500GB / 1TB / 2TBの4モデルを用意。3月4日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格(税込)は250GBが20,000円前後、500GBが30,000円前後、1TBが60,000円前後、2TBが120,000円前後。

Samsung Portable SSD T3

高速データ転送が可能なポータブルSSD。インタフェースにUSB 3.1 Type-Cポートを搭載し、UASPモードをサポート。最大450MB/sの書き込みが可能など、外付けHDDと比べて約4倍高速としている。セキュリティ機能は、AES 256bitによるハードウェア暗号化とパスワード設定によって、データの漏洩を防ぐ。

本体の堅牢性は高く、外側の耐衝撃金属フレームと内側の保護フレームにより、2mからの落下にも耐える仕様。本体サイズはW58×D74×H10.5mm、重量は約51g。対応OSはWindows 7以降、Mac OS X 10.7以降、Android 4.4以降。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ネットワン、三菱重工エンジン会社のIoT活用ネットワーク基盤を構築
[10:55 9/26] 企業IT
ボーイング777X、ロックウェル・コリンズ製で飛行操作をタッチスクリーン化
[10:53 9/26] 趣味
JCOMと小田急、町田市など、「情報発信連携協力に関する協定」を締結
[10:52 9/26] 企業IT
薄毛になりやすい女性の髪型は? - 専門医に聞く薄毛の種類と原因
[10:43 9/26] ヘルスケア
JTB、マツダ、広島電鉄が観光案内センターを3社連携で開設
[10:32 9/26] 企業IT