Google、今春で「Picasa」を終了、PC用ソフトの提供は3月14日まで

 

米Googleは2月12日(現地時間)、写真用のサービスとツールを揃えた「Picasa」の提供を終了させる計画を発表した。昨年5月に提供し始めた「Google Photos」に同社の写真サービスを一本化する。Google Photosを率いるAnil Sabharwal氏は「(2つのサービスを提供し続けるよりも)より機能的で、モバイルとデスクトップに渡るサービスに集中することで、より良い体験を提供できる」と述べている。

Picasaは、クラウドで写真を管理/編集/共有する「Picasa Web Albums」 と、同サービスと連動するパソコン用の写真管理・編集ソフトの「Picasa」(Windows、Mac)で構成される。

Picasa Web Albumsは4月末まではこれまで同様に使用できる。同サービスで保管している写真やビデオは、すでにGoogle Photosからアクセスできるようになっており、5月1日以降はGoogle Photosで閲覧や簡単な編集、共有を行える。またGoogle Photosへの移行を希望しないユーザー向けに、GoogleはPicasa Web Albums内のコンテンツの閲覧やダウンロード、削除を行える場を用意する。Picasa Web Albumsのタグやキャプション、コメントなどへのアクセスも可能になる。

デスクトップアプリケーションのPicasaは3月14日でサポート終了になり、ダウンロードもできなくなる。それ以降も対応するパソコンでPicasaは動作するが、アップデートの提供は行われない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

2015年の国内VM/クラウドシステムソフトウェア市場は初の1桁成長
[15:12 7/25] 企業IT
マウス、クリエイター向けPC「DAIV」を撮影機材の老舗店「銀一」で販売
[15:12 7/25] パソコン
柏木由紀、初主演舞台は「"AKB48の柏木由紀"を捨てたつもりで!」と気合
[15:00 7/25] エンタメ
Linuxカーネル4.7登場
[14:30 7/25] 企業IT
上海問屋、スマホを装着できるVRゴーグル - ヘッドホン搭載
[14:14 7/25] スマホとデジタル家電