Gmail、暗号化されていないメールに警告アイコン表示

 

米Googleは9日(現地時間)、子どもや若者にインターネットの安全な利用を推進する「Safer Internet Day」にちなみ、新しいセキュリティ機能を公開した。

公開された機能のひとつは、Googleアカウントのセキュリティ設定を管理できる「Security Checkup」。Googleアカウントにログインすると、アカウント復旧情報や接続されている端末、アカウント権限、2段階認証プロセスの設定などが、このツール上で確認できる。なお、2月11日(米国時間)までの期間にこの「Security Checkup」で設定を確認すると、Google Driveの無料ストレージに2GBが追加される特典が受けられる。

Security Checkup(セキュリティ診断)ページ

もうひとつのセキュリティ機能は、Gmail向けのセキュリティ機能。暗号化されていないメールを受信したり、送信先のメールサービスがTLS暗号化をサポートしていない場合、Gmailで鍵がはずれたアイコンが表示されるようになった。また、認証されていない差出人によるメッセージを受信した場合は、プロフィール写真やロゴが表示される場所に、クエスチョンマークが表示される。これら機能は、同日提供されたアップデートで適用される。

送信先のメールサービスがTLS暗号化をサポートしていない場合、鍵がはずれた警告アイコンが表示される

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[安室奈美恵]「デスノート」新作映画で主題歌&劇中歌 “死神”とコラボビジュアルも公開
[04:00 8/25] エンタメ
安室奈美恵、新『デスノ』主題歌&劇中歌を担当!「信念への一途な思い」曲に
[04:00 8/25] エンタメ
20代独身男がエアコンつけっぱなしで生活! 電気代と生活の全てを徹底解説
[04:00 8/25] ライフスタイル
俺より面白いものつくるんじゃねえ!!アオイホノオ特集、同人誌の一部も公開
[00:50 8/25] ホビー
[島本和彦]コミケで大人気の「シン・ゴジラ」同人誌 小学館のマンガサイトで異例の公開
[00:08 8/25] ホビー