Gmail、暗号化されていないメールに警告アイコン表示

 

米Googleは9日(現地時間)、子どもや若者にインターネットの安全な利用を推進する「Safer Internet Day」にちなみ、新しいセキュリティ機能を公開した。

公開された機能のひとつは、Googleアカウントのセキュリティ設定を管理できる「Security Checkup」。Googleアカウントにログインすると、アカウント復旧情報や接続されている端末、アカウント権限、2段階認証プロセスの設定などが、このツール上で確認できる。なお、2月11日(米国時間)までの期間にこの「Security Checkup」で設定を確認すると、Google Driveの無料ストレージに2GBが追加される特典が受けられる。

Security Checkup(セキュリティ診断)ページ

もうひとつのセキュリティ機能は、Gmail向けのセキュリティ機能。暗号化されていないメールを受信したり、送信先のメールサービスがTLS暗号化をサポートしていない場合、Gmailで鍵がはずれたアイコンが表示されるようになった。また、認証されていない差出人によるメッセージを受信した場合は、プロフィール写真やロゴが表示される場所に、クエスチョンマークが表示される。これら機能は、同日提供されたアップデートで適用される。

送信先のメールサービスがTLS暗号化をサポートしていない場合、鍵がはずれた警告アイコンが表示される

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

日本の薬の値段は高い? 安い?? - 日本在住外国人の回答やいかに
[10:30 6/30] ヘルスケア
お小遣い平均額、中学生は月2,536円、高校生は5,114円 - 小学生は?
[10:28 6/30] マネー
エースコック、「スープはるさめ トマたま」自主回収--カゴメトマト缶使用
[10:28 6/30] ヘルスケア
オージス総研、四国電力のグループ間システム連携基盤を再構築
[10:22 6/30] 企業IT
【レポート】ラジオ再浮上に1つの可能性 - ネットとの融合は進むか
[10:18 6/30] 経営・ビジネス