パナソニック、「パーソナルメモリーマネージャー」を発売延期

パナソニックは、写真データを一元管理できる「パーソナルメモリーマネージャー(BN-SDPAP3)」の発売日を、当初予定の2月17日から延期する。発売日は未定。

パーソナルメモリーマネージャー(BN-SDPAP3)

「パーソナルメモリーマネージャー」は、スマートフォンやデジタルカメラなどで撮影した写真・動画データを管理できる、据え置き型のストレージ。本体には32GBの内蔵メモリとSDカードスロットを備え、撮影した画像・動画データをUSBやWi-Fi経由で各種デバイスでと保存・共有できる。

発表当初は、同社製レコーダー「DIGA」や液晶テレビ「VIERA」「プライベートビエラ」などとの接続をDLNAとしていたが、機器によってデータ連携できないことや、当初公開していた接続方式に誤りがあったとことから、同社製レコーダーやテレビとの接続は独自のDLNA機能「お部屋ジャンプLink」での接続とした。また、DIGAで再生できるのは写真のみとなるほか、プライベートビエラは写真・動画ともに再生不可だったため対象機器から省く。

接続機器との動作検証において、アプリケーションソフトの修正が必要となったため、発売日も当初予定の2月17日から延期。発売日は未定で、改めて告知するという。

訂正後の接続イメージ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事