Flash Playerに22件の脆弱性、JPCERT/CCがアップデートを呼びかけ

  [2016/02/10]

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10日、Adobe Flash Playerの脆弱性に注意喚起した。細工されたコンテンツを開いた場合、遠隔攻撃により、Flash Playerが不正終了したり、任意のコードが実行したりする恐れがある。

米Adobe Systemsは現地時間9日、22件の脆弱性に対処したAdobe Flash Player最新版を公開済み。JPCERT/CCは速やかなアップデートを呼びかけている。影響を受けるFlash Playerは下記のバージョン。

  • Adobe Flash Player Desktop Runtime 20.0.0.286およびこれ以前(Windows、Mac、Chrome)
  • Adobe Flash Player Extended Support Release 18.0.0.326およびこれ以前(Windows、Mac)
  • Adobe Flash Player 20.0.0.272およびこれ以前(Microsoft Edge、IE 11)
  • Adobe Flash Player for Linux 11.2.202.55およびこれ以前(Linux)

Google ChromeやMicrosoft Edge、Windows 8/8.1/10環境のInternet Explorer(IE)にインストールされているFlash Playerも影響を受けるが、各ブラウザを最新版にアップデートした場合、自動的に最新版のFlash Playerが適用される。バージョンの確認は「Adobe Flash Player:Version Information」から行える。

Adobe Flash Player最新版のバージョン

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

エプソン、幅45mmのウルトラコンパクトPC - 光学ドライブ搭載モデルも
[11:04 5/31] パソコン
「妊婦の歯周病が早産リスクを高める」 ‐ 子を持つ男女の7割は知らず
[11:02 5/31] ヘルスケア
日本HP、23.6型4K液晶を採用した一体型ワークステーション「HP Z1 G3」
[11:00 5/31] パソコン
経営者は「経済小説」がお好き? - 社員との意識比較調査発表
[11:00 5/31] マネー
【インタビュー】ティントリが注目するテクノロジーとは? - 米Tintri EVP Tony Chang氏に聞く
[11:00 5/31] 企業IT