長瀬智也、アイドルという概念は持ちたくなかった「役者の仕事で邪魔」

 

TOKIOの長瀬智也(37)が、1日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 猫愛しすぎ合体SP』(21:00~22:54)で、これまでアイドルという概念は持たないようにしてきたと語った。

長瀬は、くりぃむしちゅーの上田晋也に年齢を聞かれ、「37歳。今年38歳になります」と返答。上田は「まだ30歳前後くらいのイメージ」と驚き、有田哲平は「最高の年の取り方ですよね。かっこよくないですか? アイドルっていう枠を超えて男っぽい」と絶賛した。

上田が「自分の中で、37歳はアイドルっていう感じではもうないでしょ?」と質問すると、長瀬は「アイドルの基準がみんな違う。何がアイドルなのか」とコメント。20代の頃も「あんまりアイドルという意識はなかったかもしれない」と明かし、「役者としての仕事とかでそれって邪魔。こういうことができないとか、こういう顔ができないとか、そういう概念を持ちたくないと思っていました」と語った。

さらに、「俳優っていう意識が強い?」と聞かれると、「俳優って感じでもないんですけど」と長瀬。「じゃあ、なんなんだよ!」と上田がツッコむと、「長瀬!」「長瀬っていうジャンルなんだよ」という声が上がった。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス

本音ランキング