持ち運べる4Kディスプレイ - バッテリ駆動に対応した15.6型IGZO液晶を採用

 

エスケイネットは27日、15.6型ワイドの4K液晶ディスプレイ「SK-4KM156」を発表した。3月中旬から発売し、価格はオープン、店頭予想価格は164,800円前後(税込)の見込み。

SK-4KM156

画面サイズが15.6型と小型ながら、3,840×2,160ドットの4K解像度に対応する液晶ディスプレイ。液晶パネルには、IGZO方式の光沢IPSパネルを採用する。電源としてACアダプタが付属するほか、別売のVESAマウントプレートを装着することで、市販のVマウントバッテリを用いたバッテリ駆動にも対応する。

背面

側面

そのほか主な仕様は、視野角が上下左右とも176度、輝度が330cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、応答速度が25ms。映像入力インタフェースはHDMI(MHL 2.0)×1。2.5W+2.5Wのスピーカーを内蔵し、スタンドのチルト角度は後15度まで。本体サイズはW378×D140×H280mm、重量は約1.3kg(スタンド含む)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

AbemaTV、600万ダウンロード突破 - 直近2週間で100万件増
[15:33 7/26] スマホとデジタル家電
サイコム、水冷仕様のGeForce GTX 1070を標準搭載したFF14推奨ゲーミングPC
[15:32 7/26] パソコン
夫婦のLINE 第126回 「困るんだよ君ィ」
[15:30 7/26] ライフスタイル
Telit、半導体製造関連設備を準リアルタイムで管理できるポータルサービス
[15:29 7/26] テクノロジー
武井咲、『ほん怖』で主役の看護師に - バカリズムもホラー初主演で登場
[15:17 7/26] エンタメ