持ち運べる4Kディスプレイ - バッテリ駆動に対応した15.6型IGZO液晶を採用

 

エスケイネットは27日、15.6型ワイドの4K液晶ディスプレイ「SK-4KM156」を発表した。3月中旬から発売し、価格はオープン、店頭予想価格は164,800円前後(税込)の見込み。

SK-4KM156

画面サイズが15.6型と小型ながら、3,840×2,160ドットの4K解像度に対応する液晶ディスプレイ。液晶パネルには、IGZO方式の光沢IPSパネルを採用する。電源としてACアダプタが付属するほか、別売のVESAマウントプレートを装着することで、市販のVマウントバッテリを用いたバッテリ駆動にも対応する。

背面

側面

そのほか主な仕様は、視野角が上下左右とも176度、輝度が330cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、応答速度が25ms。映像入力インタフェースはHDMI(MHL 2.0)×1。2.5W+2.5Wのスピーカーを内蔵し、スタンドのチルト角度は後15度まで。本体サイズはW378×D140×H280mm、重量は約1.3kg(スタンド含む)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Windows 10ミニTips 第122回 スリープ復帰時のパスワード入力設定はどこへ?
[12:04 10/1] パソコン
TVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』、10月放送開始! 第1話場面カットを紹介
[12:00 10/1] ホビー
『魔法つかいプリキュア!』、第35話の場面写を公開! 新キャラ役にニーコ
[12:00 10/1] ホビー
[SCOOP!]福山雅治が中年パパラッチ役で新境地 陰と陽のバランスが絶妙なエンタメ作
[11:40 10/1] エンタメ
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第24回 こんな被害に遭ったことある?
[11:30 10/1] 読者プレゼント