持ち運べる4Kディスプレイ - バッテリ駆動に対応した15.6型IGZO液晶を採用

 

エスケイネットは27日、15.6型ワイドの4K液晶ディスプレイ「SK-4KM156」を発表した。3月中旬から発売し、価格はオープン、店頭予想価格は164,800円前後(税込)の見込み。

SK-4KM156

画面サイズが15.6型と小型ながら、3,840×2,160ドットの4K解像度に対応する液晶ディスプレイ。液晶パネルには、IGZO方式の光沢IPSパネルを採用する。電源としてACアダプタが付属するほか、別売のVESAマウントプレートを装着することで、市販のVマウントバッテリを用いたバッテリ駆動にも対応する。

背面

側面

そのほか主な仕様は、視野角が上下左右とも176度、輝度が330cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、応答速度が25ms。映像入力インタフェースはHDMI(MHL 2.0)×1。2.5W+2.5Wのスピーカーを内蔵し、スタンドのチルト角度は後15度まで。本体サイズはW378×D140×H280mm、重量は約1.3kg(スタンド含む)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

アッコ、極楽・山本は「性格すごいいいヤツ」-「頑張ってほしい」とエール
[12:23 7/31] エンタメ
[松本人志]やくみつるの「ポケモンGO」炎上にコメント
[12:00 7/31] エンタメ
松本人志、『27時間テレビ』に求める意外性「100時間」「とんねるずと」
[12:00 7/31] エンタメ
女子高生女流棋士・竹俣紅が解説『朝日新聞社杯 第2期将棋ウォーズ棋神戦』生中継
[12:00 7/31] エンタメ
ジュエリースナップ 第363回 saopiyoさん
[12:00 7/31] ライフスタイル